足の臭いを原因から突き止めて、2週間で撃退する方法

足の臭いを原因から突き止めて、2週間で撃退する方法

足の臭いの根本的な原因は、雑菌の繁殖。みなさんは、自分の足の臭いの原因を知っていますか?足は、体温の調節にも使われているため、想像以上に汗腺があります。つまり、足は汗をかきやすいということ。

でも、エクリン腺から分泌される汗のほとんどは無臭なので、汗そのものが臭いを放っているわけではありません。汗をかけば、皮脂や角質と混ざります。

これらが、皮膚に常に存在しているたくさんの常在菌や雑菌のエサとなり、どんどん雑菌が増殖して、あの独特で強烈な臭いを発生させているのです。

とは言え、これは根本的な原因。その元となる原因はひとりひとり違うので、効果的に足の臭いを改善するためには、雑菌を繁殖させる原因となっているものを特定するところから始める必要があります。そこで今回は、足の臭いの原因を特定して、臭いを改善させる方法をお伝えします。



 

足の臭いを原因から突き止めて、
2週間で撃退する方法

 

足をキレイに洗いましょう


足をしっかりと洗っていない、通常よりもたくさんの汗をかく、これらに思い当たる部分がある人は、足そのものが臭いの原因かもしれません。

皮脂や角質をしっかりと取り除けるよう、日ごろから足を隅々までしっかりと洗う習慣をつけましょう。洗い残しがちな指の間や爪の脇は、特に念入りに。このときに、殺菌成分配合のソープを使うと効果的です。

しっかりと洗ったら、すすぎ残しがないように、しっかりと洗い流しましょう。また、仕上げに保湿をし過ぎると逆効果。ムレる原因になるので、保湿のし過ぎには注意しましょう。

 

靴の履きっぱなしには気をつけましょう


◇1日中、同じ靴を履いたままでいる
◇通気性の悪い、ゴムやビニール素材の靴を履いている
◇靴のサイズが合っていない
◇毎日同じ靴を履いている

これらに思い当たる部分がある場合には、靴の中で雑菌が繁殖していることが足の臭いの原因になっていると考えられます。

・風通しの良い場所で靴を乾燥させる
・同じ靴を続けて履かない
・靴を脱いだら消臭スプレーなどで消臭する
・材質的に可能であれば天日干しをする

などして、靴を乾燥させて臭いを放出させましょう。同じ靴の履きっぱなしを避けるため、オフィスなどに替えの靴を用意しておくと安心です。靴を選ぶときには、通気性の良いものがおすすめ!必ず試着をして自分に合ったサイズの靴を選びましょう。

 

通気性、吸湿性の高い靴下を履きましょう


◇ストッキングを履いている
◇足が湿った状態で靴下を履いている
◇汗をかいたあとも履き替えずに同じものを履いている

これらに思い当たる部分がある人は、靴下が足の臭いの原因になっているかもしれません。靴下についた臭いは、普通に洗濯していただけでは落ちないこともあるので、殺菌効果のある洗剤で、予洗いしてから洗濯しましょう。

・通気性、吸湿性の高いストッキングを履く
・靴下やストッキングはこまめに履き替える
・5本指ソックスを履く
・足が乾くまで靴下を履かない

などの対策を取ることで、靴下による臭いを改善できます。

 

ストレスはその都度発散させましょう


ストレス社会と言われる現代、何らかのストレスを抱えている人が多いですよね。実は、このストレスが足の臭いを悪化させる原因になることがあります。私たち人間は、ストレスを感じると汗をかきます。

前述のとおり、足の裏は、汗腺が多いため、想像以上に汗をかいているんです。この汗により、足の臭いがどんどん強くなってしまいます。

すると、足の臭いが気になり、さらなるストレスがかかり、汗の量が増えるという悪循環に陥ってしまうことも・・。足から出る汗を止める方法はないので、

・ストレスを感じたらすぐに発散させる
・足を濡れタオルで拭く
・靴や靴下を履きかえる

などの対処が有効ですが、できるだけストレスを感じずにすむように、自分だけの楽しい時間を作ったり、香りの力を借りたりなどして、心に余裕を作っておくことも大切です。

 

病気が疑われる場合には適切な治療を受けましょう


これらの対策をしても足の臭いが改善しない場合、足の臭いの原因は病気によるものかもしれません。足の臭いを改善するためにも、適切な治療を受けましょう。

●水虫
水虫の原因「白癬菌」は臭いを発生させることはありませんが、足の臭いと同時に引き起こされることが多いのが特徴です。

●多汗症
通常、汗は高くなった体温を下げるために分泌されます。しかし、多汗症になると、体温を下げる必要がないときでも汗が出てたり、汗の分泌量が増えたりします。

●糖尿病・内臓疾患
足の臭いだけでなく、口臭や体臭もある場合には、糖尿病か内臓にトラブルがあるかもしれません。糖尿病や内臓疾患になると、免疫力が低下するため、雑菌が繁殖しやすくなることが足の臭いの原因です。

 

いかがでしたか。

足の臭いが気になると、人前で靴を脱ぐのが嫌になりますよね。足の臭いの原因は、雑菌の繁殖です。とは言え、どこで問題が生じているのかによって対策が異なるため、足そのもの、靴、靴下、ストレス、病気のどこに問題が生じているのかを特定することが先決です。

足の臭いを改善するためには、問題となっている部分に応じた対策をしていきましょう。足の臭いの原因が足そのものにある場合は、足を清潔に保つことを、靴に問題がある場合には、靴の除菌と乾燥を、靴下に問題がある場合いは、通気性を良くすることが重要です。

また、ストレスを感じると汗をかきやすくなってしまうため、ストレスを感じたらすぐに解消させましょう。心に余裕を持つことでストレスを感じにくくなるので、日ごろから楽しめる何かを見つけておくと安心ですね。

いろいろと対策をしてみても足の臭いが改善しないという場合には、病気を疑い、適切な治療を受けましょう。ここにご紹介したことをぜひ、足の臭いの改善に役立ててみてくださいね。

 

まとめ

足の臭いを原因から突き止めて、2週間で撃退する方法

・ 足をキレイに洗いましょう
・ 靴の履きっぱなしには気をつけましょう
・ 通気性、吸湿性の高い靴下を履きましょう
・ ストレスはその都度発散させましょう
・ 病気が疑われる場合には適切な治療を受けましょう