吹き出物を薬で治すときに知っておくべき4つの基礎知識

吹き出物を薬で治すときに知っておくべき4つの基礎知識

吹き出物を薬で治そうとしたとき、どんなことに気をつけていますか。ドラッグストアに出かけてみると、吹き出物用の薬がたくさんありますね。とりあえず一番人気のものをと買っても、必ずしも効果があるとは限りません。

一言に吹き出物といっても、「吹き出物のできている場所」、「吹き出ものの色や大きさ」によって効く薬が違います。吹き出物用の薬は効果があるものがとても多いですが、症状に合わないものなら、いくら塗っても効果がでる訳がありませんね。

ここでは吹き出物症状を正しく見極め、薬選びで間違えないための基礎知識を紹介します。吹き出物ができると目立つし、かゆかったり痛かったりで、ストレスが多いもの。吹き出物に効く薬を早く試して、一刻も早く直しましょう。



 

吹き出物を薬で治すときに知っておくべき
4つの基礎知識

 

吹き出物ができる原因


吹き出物の多くは首から上にできます。思春期にできるものを「ニキビ」、年齢が上がってからできるものを「吹き出物」なんて呼ぶ場合がありますが、ほとんどの原因がホルモンバランスの影響によるものです。

思春期の男子にニキビができやすいのは男性ホルモンが増えることによります。大人の女性だと、特に生理前に吹き出ものができやすいです。生理前は黄体ホルモン(プロゲステン)の分泌が盛んなため、ホルモン過多によるホルモンバランスの乱れが原因です。

黄体ホルモンは男性ホルモンに似ているため、思春期の男子のニキビと似て、顎にできやすいです。ほかに、髪の毛や手などが触れたり、メイクが落としきれていないことで菌が増殖して炎症するタイプのもの、体調不良や食べ過ぎなど胃腸の調子が影響するものがあります。

 

吹き出物の種類


吹き出物には種類があって、「白ニキビ」「赤ニキビ」「黄色ニキビ」と呼ばれるものがあります。簡単に言えば吹き出物の症状の深刻さであって、それぞれ状態に合わせた吹き出物用の薬を塗る必要があります

「白ニキビ」は吹き出物の中でも軽症で、小さくぷつっと膨らんでいる状態です。痛みもないので刺激しないようにしておけば自然に治る場合があります。白ニキビが悪化したのが「赤ニキビ」です。炎症が始まっていて痛みを伴います。

さらに悪化すると「黄色ニキビ」という膿が溜まってしまっている状態になります。痛かゆく、大きくてとても目立ちます。赤ニキビや黄色ニキビは下手に潰してしまうと、後に残ってしまいますので扱いには注意しましょう。

 

吹き出物の種類別ケア方法


「白ニキビ」は普段の生活で防ぐことができます。白ニキビができたら吹き出物用の薬を塗って直すというよりは、正しい洗顔、保湿、食生活を見直すことで直すことができます。

ドラッグストアで探すなら、保湿剤や自分に合った化粧品です。また体質改善に漢方薬が役に立ちますので、白ニキビができやすい人は薬剤師さんに相談してみましょう

「赤ニキビ」の段階になると皮膚の炎症です。治すにはまずは炎症を抑えなければなりません。鎮静作用や抗炎症作用のある薬を選ぶようにしましょう。対処が早ければすぐに痛みや赤みが和らぎます。

赤ニキビを超えて「黄色ニキビ」になってしまった場合はどうでしょう。ここまでくると抗生物質や内服薬が効果的となりますので、皮膚科を受診することをおすすめします。

 

吹き出物をできないようにするために


吹き出物は薬で治るとはいっても、できてから治すばかりでは、同じことの繰り返しです。できれば少しでも吹き出物ができにくい状態を維持したいものです。

まずは体質改善です。ストレスを貯めない、食事や睡眠に気をつけることです。ホルモンバランスの乱れは日常生活を見直すことで改善できます

食物では補えきれない場合はサプリメントを摂取しましょう。肌荒れにはビタミンの摂取が効果的です。ホルモンバランス以外でも、菌が増殖しないように肌を清潔に保つことで吹き出物は減らせます。

化粧やシャンプーが肌に残らないように綺麗に流すようにする、髪型を変えることで肌への髪の接触を減らす、汗をかいたらこまめに着替えるといった方法も吹き出物予防には有効です。

 

いかがでしたでしょうか。

吹き出物を薬で治したいと思ったら、まずは吹き出物の症状をよく観察する必要があることがわかりました。吹き出物は食生活やその時の体調、生理周期によって誰でもできてしまうものです。

しかし、早めに正しいケアができれば痕に残ることはありません。気になるからと言って触ったり潰そうとしたりするのは厳禁です。吹き出物が気になるなと思ったら、すぐに薬を使うようにしましょう。

また、症状の悪化した吹き出物は立派な皮膚の病気です。吹き出物くらいで大げさだと思わずに、皮膚科で看てもらうことをおすすめします。吹き出物は薬で治ります。正しい吹き出物用の薬を選べるようになって、綺麗な肌を維持しましょう。

 

まとめ

吹き出物を薬で治すときに知っておくこと

・吹き出物ができる原因
・吹き出物の種類
・吹き出物の種類別ケア方法
・吹き出物をできないようにするために