ふくらはぎが細くなる3つのダイエット法を検証

ふくらはぎが細くなる3つのダイエット法を検証
ふくらはぎを細くするのは難しくて、ウエストや腹筋のように簡単にダイエットすることができませんよね。ふくらはぎが筋肉でパンパンという場合は、スポーツを頑張ってきた人に多いもの。しかし、たいていの人がふくらはぎを細くしたいと悩む場合、ふくらはぎが脂肪でふくらんでいるか、むくんでいる場合です

ふくらはぎは、スタイルやシルエットの中でも視線が集まるところということもあって、足のラインが目立つファッションの時は、女性ならとても気になります。

意外に印象に残りやすいので、ふくらはぎを細くして、後ろ姿などでもすっきり美しく見えるようになりたいですよね。そこで今回は、ふくらはぎが細くなる3つのダイエット法についてお伝えします。



 

ふくらはぎが細くなる
3つのダイエット法を検証

 

むくみを解消するマッサージ


ふくらはぎが細くならない原因で、もっとも多いのは、血流とリンパ腺の流れが悪くなった結果のむくみです。体内の老廃物や余分な水分が溜まってしまうと、ちゃんとケアしないと、ふくらはぎはすっきりとしてくれません。

1日5分でいいので、寝る前の時間に、むくみを解消するマッサージを行って、ふくらはぎを細くできるよう頑張ってください。リンパは、皮膚のすぐ下を流れているので、皮膚をなでるように優しくすればOKです。血流は、心臓に戻すことをイメージしましょう

まずは、「両手で下から上に!」です。両手で足首を持って、膝の方に向かってゆっくりなで上げていきましょう。ふくらはぎに少しだけ圧をかけるようにします。これを両足10回ずつ繰り返してください。

今度は、「両こぶしで下から上へ!」です。両手でこぶしを作って、足首から膝の方に向かって、ゆっくりなで上げていきましょう。ここでもある程度力を入れます。こぶしによるマッサージも、両足10回ずつ繰り返してください。

次は、「両手でしぼるように揉む!」です。右足を左足の上に乗せて、ふくらはぎの内側を自分の方に向けてください。足首から膝の裏までを入念に揉みほぐしていきます。両手でしぼるようにマッサージしていきましょう。これは、両足1回すつでOKです。

さらに、ひざ裏のリンパを刺激していきましょう。右足を左足の上に乗せて、ふくらはぎの内側を自分の方に向けた姿勢で、左手を使って足首から膝の方に向かってなで上げます。膝の裏までたどりついたら、リンパを刺激するために、親指で膝裏を押しましょう。このマッサージは、両足10回ずつです。

仕上げに、足首をグルグルさせてください。先ほどと同じ姿勢で、右足を左足の上に乗せて、ふくらはぎの内側を自分の方に向けたまま、つま先を持って、足首を360度グルグル回して、両方の足首をほぐしましょう。

以上のマッサージで、足が軽くなったように気持ちよくなったら、ふくらはぎが細くなる効果が出始めている証拠です。

 


脂肪を燃焼させる軽めの筋トレとストレッチ


ふくらはぎが細くならない原因が脂肪である場合は、脂肪を燃焼させる必要があります。つまんでみて、表面が凸凹していたらセルライトが進行しているようなら、先ほどのリンパマッサージとともに、軽めの筋トレとストレッチで、ふくらはぎを細くしましょう。

軽めの筋トレのおすすめは、爪先立ちです。かかとがつかない状態にしておいて、背伸びを10~30回くらい繰り返してください。ストレッチの方は、自分の体重を利用したストレッチになります。まず、左足を床について、膝を立てましょう。右足は膝を床につけて、支えにしてください。

その姿勢から、左ひざに上体をかぶせて、その重みで、ふくらはぎを伸ばしていきます。 その時、踵を床から離さないように注意してください。20~30秒キープしたら、終了。反対側も同様に行いましょう。ポイントは、ある程度の筋肉をつけて、脂肪を燃焼させやすくすることです

 


パンパンの筋肉が原因なら、やわらかくする


ふくらはぎが細くならない原因がパンパンに硬くなった筋肉なら、まずは、やわらかくすることが必要です。大きな負荷がかかる運動ではなく、ヨガやピラティスなどの緩やかな運動で、硬くなっている筋肉を柔かくしてあげましょう。

筋肉がやわらかくなれば、代謝をアップさせる準備が整います。そこからは、先にお伝えした「リンパマッサージ」や「軽めの筋トレ」、または、ウォーキングなどで、ふくらはぎを細くしていきましょう。

 

以上、ふくらはぎが細くなるダイエット法についてお伝えしました。女性雑誌のアンケートでは、およそ7割の女性がむくみを抱えているという結果もあります

むくみかどうかを判断したい場合は、ふくらはぎを指で30秒くらいつまんでみてください。指の跡がしばらく残るようなら、むくんでいる証拠です。また、脂肪が原因となっているかどうかを判断する場合は、セルライトの進行具合を調べてみましょう。

気になる部分を強めにつまんでみて、表面が凸凹していたら、セルライトが進行しています。ですのでそのような場合は、リンパマッサージと軽めの筋トレの組み合わせで解消してください。パンパンの筋肉は、まずは、やわらかくしてから、ふくらはぎが細くなるストレッチなどに取り組みましょう。

 

まとめ

ふくらはぎを細くするには

●むくみを解消するマッサージをする。
●脂肪を燃焼させる軽めの筋トレとストレッチをする。
●パンパンの筋肉が原因なら、やわらかくする。