ムチムチ太ももとサヨナラして痩せたい!下半身デブ解消法

ムチムチ太ももとサヨナラして痩せたい!下半身デブ解消法

「太ももが痩せたいのにどうして太るときは太ももやおしりから太るのに、痩せるときはのに胸から痩せるの?」

こんな疑問を持ったことのある人はいませんか?でも、実はこれ、とっても簡単なこと。痩せ方を間違っているからなのです。太ももは何もしなくても太りやすい場所、胸は何もしなくても痩せやすい場所。なので、太ももを痩せたいなら、太ももにあった痩せ方をしないと意味がないんですね。ところが、ほとんどの人は痩せたい場所にあった痩せ方をしていないから、思い通りに痩せられないのです。

では、どうすれば思い通りに痩せられるのでしょうか?これまた答えは簡単です。ダイエットの本質を理解すれば良いのです。世の中にはダイエットに関するグッズやマニュアル本があふれています。ところが、その割に、ダイエットの本質を知っている人は少ないのです。痩せたい痩せたいと言いながら、生活習慣を変えず、やみくもに食事だけ減らしてみたり、やみくもに甘いものを我慢してみたり、やみくもに縄跳びをしてみたり。

そしてその結果、脂肪は落ちず筋肉が減少してしまったり、ストレスばっかりためてしまったり、足に負担がかかって運動が続けられなくなってしまったり。。。大切なのは、本質をしること、それだけです。今回は、女性が最も気になる場所、太ももに注目。太ももを痩せたい人必見の脂肪落とし術をお伝えします!



 

ムチムチ太ももとサヨナラして痩せたい!
下半身デブ解消法

 

正しい運動の「効き方」を知ろう!


まずは正しい運動の方法から。太ももを痩せたいなら、下半身を動かすことが大切です。といっても、急激に本格的な運動をする必要は全くありません。むしろ、慣れていない人が急に運動を始めると、筋肉疲労を起こし、すぐにギブアップしてしまいます。

下半身痩せは続けることが大切、太ももを痩せたい人はまず動く楽しみを覚えましょう。ダイエットに失敗する人に共通しているのが、無理な運動を自分に課して、すぐに嫌になってしまうこと。この悪循環から脱しましょう。

効果的に運動を取り入れるには、どんな運動が必要かということに加えて、自分が続けられる運動は何か、ということを考えなければいけません。特に、太ももの脂肪は落ちにくいので、痩せたい人は「持続」を前提に運動を選びましょう。

太ももを痩せたい人に最適で、誰でも続けられる運動の筆頭は、ウォーキングです。ウォーキング、歩くこと?それだけ?と思う人もいるかもしれませんが、正しい姿勢で一定の時間ウォーキングを続けると、ジョギングと同等の効果があります。上半身は反りすぎず、前傾しすぎず、軽く顎を引いて、背筋をまっすぐ伸ばします。普段より若干大股で、腕もしっかり振りましょう。

足は踵から着地したら、そのまま重心を前にころがしていく感じで、最後につま先で軽く地面を突き放します。これの繰り返しです。太ももの筋肉が動くことをしっかり意識してください。

上半身がぶれないように、最初はあまりスピードを出さず、姿勢に気を配りましょう。慣れてきたらスピードを上げて、グラウンドなどを回ってみましょう。毎朝、出来れば朝と夜の二回、時間を決めて行ってみてください。時間を取るのが難しい人は、学校や会社からの帰り道を利用して行うのもアリですよ!

 

正しい食事の「効き方」を知ろう!


まず覚えておきたいのは、いけない食事法。下半身を細くするために一番大切なのは運動です。太ももの脂肪は動かさなければ落ちないので、動くことが大前提。運動に必要なたんぱく質を我慢するようなダイエットは全く逆効果となります。

ですから、太ももを痩せたい人こそ、むしろ、牛肉、鶏肉などの上質なたんぱく質をしっかり摂りましょう。また、炭水化物はダイエットの敵、と親の敵のように避ける必要もありません。摂取後すぐにエネルギーに転じてくれる炭水化物は午前中にとっておくと、運動意欲をそそってくれます。朝早く起きてしっかり炭水化物つきの朝食をとったら、体を動かせばいいのです。

早く起きて早く朝ごはんを食べ、そのあと運動をしたりしたら、お昼になる前にお腹がすいてしまう!という人。それでいいのです。お腹がすいたら、おやつを食べましょう。ダイエット中だからと言って、一日3食にこだわる必要はありません。痩せたいから、と我慢するのは禁物。脂肪を解消し、運動しやすいからだを作るには、お腹をすかせすぎないことが大事です。空腹での飲食は脂肪に直結してしまうからです。

6時ころに朝食を取ったら、10時頃に午前中のおやつ、12時に昼食、3時におやつ、そして夜6時に夕食、というのが理想です。大切なのは、日常の仕事や勉強、そして運動で、定期的に「軽く」お腹がすいた状態を作り出すこと。そして、お腹がすいたら我慢せずに食べることなんです。お腹がぐうぐう鳴るまで我慢した挙句、すきっ腹に詰め込むなんて言うのは逆効果もいいところ。絶対にやめましょう。

 

正しい「生活習慣」を知ろう!


例えば、夜、お腹がすいたらどうします?食べる、と答えた人は、一生痩せられません。痩せたいなら、特に夜のながら食いはやめましょう。太ももおよび下半身は脂肪が沈着しやすい場所です。夜は血糖値が上がりますので、空腹に任せて食べていては、太る元なのです。

では、夜お腹がすいたら、どうするか?「寝る」が正解です。たとえそれが21時でも、どうしても我慢できないほどお腹がすいたら、ベッドに入って寝てしまいましょう。21時に寝れば3時、4時には目が覚めてしまうでしょう。それでいいのです。早く起きて、食事の準備を自分でし、ゆっくり時間をかけて朝食をとってください。食べ終わったら軽く運動。家の近くをウォーキングするだけで十分です。

太ももを痩せたい人にとって大切なのは、正しい生活リズムを身に着けることです。朝、出来るだけ毎日同じ時間に起きて、きちんとした朝食をとり、昼間しっかり動いて、夜は体を休めること。朝起きると食事と軽い運動、お昼は勉強や仕事に従事して、夕食後は体の疲労を抑えるため、学生なら宿題、社会人なら読書や趣味に興ずるなど、頭を使った仕事に従事するようにします。

食事内容もそれに合わせて、朝は炭水化物を取り入れ、お昼にお肉などのタンパク質、夜はスープと野菜といった具合に、朝、昼、夜の順番で軽くなるのが理想です。毎朝の運動とこの生活リズムを守ると、知らず知らずのうちに太ももが締まってくるのが分かるはずです。特別な器具などは何もいりません。

 

太ももを痩せたいときは、太ももを痩せさせるための運動の仕方、動き方、食べ方があるのです。痩せるには、それに則った生活をすればいいだけです。痩せたい痩せたいと言いながら、何となく食事を減らしたり、何となく運動したりしても、効果は出ません。

逆に、体重だけ落としたせいで下半身の筋力が落ち、下垂気味のみっともない脚になったり、セルライトができたりといった悲惨なことになってしまうこともあります。そんなことにならないよう、太ももを痩せたいなら何が必要なのかをきっちり理解しておきましょう。

太ももを痩せたい人にとって大切なのは、正しい方法で下半身を動かすこと、正しい食事、正しい生活習慣を身に着けること、この3点です。運動は持続可能な種目を選んでください。食事は、運動を助ける良質のタンパク質をビタミン、ミネラル類とともにきちんと補充し、運動に備えること。

太ももの脂肪を落とすには運動が第一ですので、運動機能が落ちないような食事と生活習慣を身につけましょう。難しいことは何もありません。正しいやり方を身に着けて続けるだけで、いつの間にか下半身デブとはサヨナラしているはずです。

 

まとめ

太ももを痩せたい人は

・下半身を中心に運動をしよう
・食事は上質なたんぱく質をしっか摂りましょう
・ながら食いはやめよう
・生活リズムを一定に保とう