食べ放題好き必見!5つの太らない食べ方とは

食べ放題好き必見!5つの太らない食べ方とは
食べることが好きな人は「食べ放題」と聞くとついつい食べ過ぎてしまい、後で「太るかも…。」と後悔することもしばしばですから、もし太らない食べ方があるならば知っておきたいところですよね。太らない食べ方を知れば「これ食べたら太るかも」と悩むこともなくなりますし、食事がますます楽しく出来ることでしょう。

そんな夢のような食べ方は、実際に存在してるのです。しかも、特別なことではなく、普段の食事でも取りいれられるものばかり。しかし、太らない食べ方があるということは、逆に言えば、食べ方一つで太りやすくもなるということです。

それだけ、食べ方というのは大事ですになりますので、この機会に太らない食べ方を、ぜひしっかりと覚えておきましょう。

そこで今回は、食べ放題好きにはたまらない、5つの太らない食べ方をお伝えします。



 

食べ放題好き必見!
5つの太らない食べ方とは

 

食べる順番に気をつけよう


食べる順番くらいで、「そんなに違いなんか出ないでしょう」と思われる人いるでしょうが、これがとても大事なのです。なぜ、食事には汁物やサラダ、メインとなるおかずがあるのかというと、理想の食べ方があるからです。これこそが、太らない食べ方なのです。

では、気になる食べる順番はというと、「汁物(スープやみそ汁)→野菜(サラダやおひたし)→メイン(お肉や魚)→ご飯」になります。まず温かい汁物を飲むことによって、空腹になっている胃が落ち着き、そのあとに食べ過ぎることを防いでくれます。

そして、野菜を食べると摂れる食物繊維によって、その後に食べるお肉や魚に含まれる脂質、ご飯の炭水化物がゆっくりと消化されます。こうすることで、血糖値の上昇も抑えられることにもなり、太らなくなるのです。

 

1日3回以上の食事をしよう


太らない食べ方なのに、3回以上の食事をすすめるのは、不思議に思われるかもしれません。しかし、太らないようにと食事の回数を減らすのは、逆効果になってしまうのです。

食事の回数を減らすということは、最初の食事と次の食事までの間隔が空き過ぎてしまうことになります。体はそれに適応しようと、エネルギーの消費を抑え、蓄えようとするので、脂肪が燃えにくくなります。その結果、体脂肪も付きやすくなってしまいます

太らないようにする為にカロリーを控えるのはよいのですが、1日で通常のカロリーを摂取するなら、食事の回数を多くした方が、エネルギーを消費しやすくなります。つまり、太らない食べ方は、少ない量で回数を多くする食べ方と言えます。

 

早食いはやめよう


早食いは、太らない食べ方とは、真逆の食べ方ですので、絶対にしてはいけません。なぜなら、食事で満足感を得る為にかかる時間は、食べ出してから15分~30分くらいかかるからです。早食いをしてしまうと、満足感を得るまでの時間に沢山食べてしまうことになりますので、太りやすくなります

太らない食べ方で大事なのは、食事をゆっくりとよく噛んで味わって食べることです。ゆっくり食べることで、少ない量でも満足感を得られますし、よく噛むことで、唾液の分泌が活発になるので、消化を助けてくれます

なかなかゆっくりと食事をするのは、難しいという人は、「もう少し食べられるかな」という状態で、食事を終えるようにしましょう

 

寝る前に食事はしない


食事をした後に、すぐ寝るというのは、食事で得られたエネルギーを消費しないことになります。そのエネルギーはどうなるかというと、寝ている間に脂肪として蓄積されてしまうのです。なので、少なくとも、寝ようとする4時間前には、食事を済ませるようにしましょう

普段、運動していないなと思っていても、日常生活での「動き」は、それなりにエネルギーを使っているので、きちんと消化してから眠りにつきたいところです。

寝る前の夜食が習慣となっている人もいるかもしれませんが、太る一方ですので、やめるようにしましょう。食べることが大好きな人も、時には、食事の誘惑に打ち勝つことも大切です

 

脂質を摂り過ぎないよう注意する


栄養素の中で、太る要因となるのが、一番脂肪に変化しやすい脂質になります。現在は昔に比べ食生活が欧米化した為に、脂質を摂り過ぎてしまう傾向があります。昔の日本人に太っているイメージがないのは、脂質を摂るような食生活ではなかったからと言えるでしょう。

しかし、脂質は三大栄養素の中の一つで、生きていくには欠かせない栄養素でもあるので、全く摂らないというわけにはいきません。なので、必要量以上の脂質を摂らないように、制限や調整をするなど、細心の注意を払っていきたいところです。

お肉が好き、脂っこいものが好きという人は、脂質を摂り過ぎている可能性が高いです。ですので、食べる量を減らしたり、野菜を多めに食べたりするなどして、太らない食べ方を身に付けましょう。

 

いかがでしたか。よくよく考えれば、太らない食べ方としては、当たり前のことかもしれませんが、なかなか全ては出来ていないものですよね。今回お伝えした食べ方は、太らないだけでなく健康にもよいので、常に意識していきたいものです。

しかし、毎日このような食べ方が出来るかといえば、そうもいきません。飲み会があれば、食事の順番や脂質を摂り過ぎないといったことを守るのは難しいですし、仕事で遅くなってしまえば、食べてすぐ寝てしまうこともあります。

そういう時に、おすすめしたいのがダイエットサプリです。利用すれば太らない食べ方に近づけることが出来ます。日々の食事に注意をし、時にはダイエットサプリを上手く利用しながら、太らない食べ方を毎日続けていき、ダイエット知らずの健康的な体になっていきましょう

まとめ

5つの太らない食べ方とは

・食べる順番を守って、血糖値の上昇を抑えよう
・少量の食事を回数多く食べよう
・食べ過ぎる元なので早食いはやめよう
・脂肪が蓄積されるので寝る前の食事はしない
・脂肪になりやすい脂質を摂り過ぎない