ダイエットを成功させたい!太らない食べ方のポイント

ダイエットを成功させたい!太らない食べ方のポイント
どうせ同じものを食べるなら、太らない食べ方をしたいですよね。ダイエット中はもちろん、そうではない人も敢えて太りやすい食べ方をしたいとは思わないはず

でも、どんな食べ方をしたって摂取カロリーは変わらないのでは……?と思う人もいるでしょう。確かに、食べ物そのもののカロリーは同じでも、太らない食べ方をすればその吸収量が抑えられたり、脂肪になりにくくすることができるのです。

太らない食べ方というと「よく噛む」とか「食べる順番を工夫する」といったものが思い浮かびますが、その他にも食べる時間帯やボリュームの調整なども含まれます。これらを駆使すれば、きっと誰でもダイエットや健康づくりに成功するはずです。

そこで今回は、太らない食べ方のポイントと言えるべきものについてお伝えします。



 

ダイエットを成功させたい!
太らない食べ方のポイント

 

一口ごとによく噛もう


冒頭でもお話ししましたが、「よく噛む」ということは、昔から支持されている太らない食べ方の一つです。それは、よく噛むことによって満腹中枢が刺激され、過食を防ぐということはもちろん、他にも血糖値の急上昇を防ぐという働きがあります

同じ量を食べるとしても、よく噛んでゆっくり食べると適度なスピードで消化され、血糖値の上昇が緩やかになります。反面あまり噛まずに早食いすると時間差で急速に消化が進み、血糖値が一気に上がってしまうという現象が起きます。

血糖値が急に上がると、余剰分の血糖は脂肪として蓄えられます。そのせいで太りやすくなってしまうのです。

 

一人分ごとに盛り付けて食べよう


家族が多い人にありがちなのが、料理を大皿に盛って銘々に取り分けて食べるスタイル。これは食べたいものを食べたい量だけ食べられるという反面、栄養バランスが悪くなり、食べ過ぎになりやすいです。

また、一人暮らしでも、数日分のおかずを作って分けて食べる際、洗い物を増やしたくないからと、やはり大皿ごとや鍋ごと食卓に出すのはいけません。目の前に残ったおかずがあると、ついついお代わりしやすくなります

太らない食べ方として効果的なのは、一人分を小鉢や小皿に盛り付け、それ以外はもうお代わりしないと心に決めることです。食べる前から「今日はこの量で終わらせる」と決めていれば、我慢しやすいですよね。

 

食べる順番を工夫しよう


今流行りの「食べ順ダイエット」というものがある通り、食べる順番によって太りにくくすることができます。太らない食べ方としてベストとされているのは、野菜料理や汁物→お肉やお魚などのたんぱく質メインのおかず→ご飯やパンという順番です。

食事始めに野菜料理をよく噛んで食べると食物繊維が胃に最初に入ることになるので、脂肪や糖の吸収を抑えます。また、汁物を先に飲むとお腹が膨れて、その後に入る高カロリーなお肉やご飯を食べ過ぎずに済みますよね。

最後に炭水化物を食べるというのが一番のポイントで、最初に食べるよりも血糖値が上がりにくくなって太りにくいという効果が得られます。完全に順番通りにはできなくても、ご飯から食べ始める習慣だけは治すようにしましょう

 

3食のボリュームを均等にしよう


一般的な食生活だと、朝は軽め、昼は適度に、夜にガッツリというボリュームで食事する人が多いと思います。ですが、これは朝起きて夜眠る人にとってはとても太りやすい食べ方なのです。

朝を控えめにすると昼食時にお腹がペコペコになって食べ過ぎや早食いを招きますし、夜を重たくすると消化しきれず眠ることになるため、やはり太る原因になります。理想は、朝に栄養をしっかり摂って夜は消化の良さを優先した食事を摂ること

できれば、朝→昼→夜の順にボリュームを減らしていくべきなのですが、起床してすぐ重たいものを食べられない人も多いはず。そんな時は、できるだけ3食のボリュームや栄養バランスを均等にする努力をしましょう

 

就寝の3~4時間前までに最後の食事を終わらせよう


食べてすぐ眠ると太りやすいということは、誰もがご存知のことでしょう。これは、食べて身体に取り込まれたエネルギーを消費する前に身体の活動を止めてしまうことで、脂肪を蓄えやすくなるためです。

ダイエットにも健康にも良いとされているのが、就寝の3~4時間前までに食事を終わらせてしまうことです。消化のスピードには個人差がありますが、「小腹がすいた」と感じるくらいまでは起きているようにするのがおすすめです。

食後すぐの就寝は、逆流性食道炎や便秘、睡眠の質の低下などデメリットばかりなので、健康面を考えても、やめた方が良いのです。

 

いかがでしたか。太らない食べ方について、食べる順番や盛り付け、時間帯などについても取り上げてお伝えしました。

肥満体型の人は、ここで取り上げた食べ方の真逆の食べ方を行っている人が多いと言われています。確かに、早食い、炭水化物から食べる、食べてすぐ寝るなどは、太っている人が行いがちなイメージがありますよね。

と、いうことは、太らない食べ方を意識するだけで、ある程度は肥満になるリスクを避けられると考えられます。食べたいように食べられないのは最初はストレスに感じることもありますが、「これでダイエットが成功に近付く」と考えると、意外と受け入れられるものです。

痩せるためには食べ物そのものを変えることも大切ですが、太らない食べ方もそれと同じくらい重要です。食べ方なんて気にしたことが無かったというあなたも、是非この点も意識してダイエットを成功させましょう。

まとめ

ダイエット成功のための太らない食べ方は

・満腹感を得るために一口ごとによく噛もう
・食べ過ぎ防止のため一人分ごとに盛り付けて食べよう
・野菜や汁物→肉や魚→ご飯やパンの順に食べよう
・夜にエネルギーを余らせないために3食のボリュームを均等にしよう
・消化が終わる就寝の3~4時間前までに最後の食事を終わらせよう