太らない食べ方でラクに痩せる5つのコツ

太らない食べ方でラクに痩せる5つのコツ
もし、太らない食べ方があるのなら、太らないために食事を減らす、或いは抜く等と考えなくても良い事になりますよね。

しかも、しっかり食事をして痩せるのであれば健康上の問題もなく、理想的なはず。もしそんな夢の様な健康的なダイエットがあるのなら試さない手はありません。

運動で身体を動かすことで痩せるのが健康的なダイエットと誰もが思うでしょう。しかし、現代人は忙し過ぎてその時間さえも確保出来ないと諦めている方も少なくないのです。

しかし、栄養バランスを考えたり食事の仕方を考えたりすることでボディメイクできるのなら、それ程日常生活の負担にはならないはずです。

そこで、今回は太らない食べ方でラクに痩せる5つのコツについてお伝えします。



 

太らない食べ方でラクに痩せる
5つのコツ

 

カロリー減ではなく補酵素が重要


人は食事から摂り入れた栄養素を、身体の中でエネルギーに変換し日常の活動にあてます

このエネルギーを生みだす栄養素は、タンパク質・脂質・炭水化物の3つ。これらの栄養素からエネルギーを作りだすことを「代謝」と呼びます。

そのエネルギーのほとんどは、身体を動かすために消費され、利用されなかった残りが体内に『脂肪』として蓄積されてしまうのです。

また、人が体内でエネルギーを作り出す時に欠かせないものに『酵素と補酵素』というものがあります。

中でも重要なのは、代謝酵素の働きを助ける補酵素をどのように摂り入れるかです。代謝酵素は体内で作れますが、補酵素のビタミン・ミネラルはそれができません

食事で摂取するビタミン・ミネラルが不足すれば、効率的にエネルギーを作り出すことができなくなります。それが代謝の悪い状態を作り、痩せにくい身体にするのです。

太らない食べ方は補酵素であるビタミン・ミネラルがしっかり摂ること。それには何と言っても主食・主菜・副菜の3つがそろったバランスのよい食事が基本です。

摂取カロリーを減らせば痩せる…そんなカロリーカットのみ意識するダイエットは、実は痩せるために必要な栄養素、つまり補酵素まで不足させてしまうのです。

 

ポイントは規則正しい食生活


人の身体は体内時計により活動と休憩を繰り返し行います。活動時の食事は消費しやすく、逆に休憩時の食事は脂肪になりやすいというメカニズムがあります

その活動と休憩に大きく関わってくるのが『血糖値』です。血糖値が上がれば太りやすく血糖値が下がれば 痩せやすいといった具合です。

つまり太らない食べ方は、食事時間をこのタイミングを利用して設定すると効果的なのです。

ダイエットに効果的な食事時間を血糖値が下がる時間とすれば、1日3回で1回目は6~7時ごろ、2回目は10~11時ごろ、3回目は16~17時頃です。この血糖値が下がるタイミングに食事をすれば、消化もスムーズになり同時に脳も身体も即活性化します。

これを守れば身体の各器官もスムーズに働きます。代謝も良くなりデトックス効果も期待でき太りにくい、痩せやすい体質にもなれるというわけです。

また、太らない食べ方の実践と共に生活リズムの改善もできればリバウンドしにくい理想的な健康的ダイエットにもなります。

 

温かい飲み物や食べ物


お菓子は多くの方が人生の中でも幸せの象徴として捉えているアイテムですよね。しかし、ダイエットには敵!!という考え方も一般的です。

しかし、そんなお菓子を我慢するのはとても辛く、それがストレスになってもいけません。太らない食べ方のコツとして温かい飲み物と一緒にお菓子を楽しみます

お菓子は温かい飲み物と一緒に食べれば満足感も高まります。それは冷たい飲み物より温かい飲み物と一緒だと、ゆっくりと時間をかけて楽しめるからです。

コーヒーや紅茶、ハーブティーなどとリラックス効果のあるアイテムと味わうのも効果的です。お菓子をひと口、飲み物をひと口…というように交互にすると少量でも充分満足感が得られるでしょう。

また、温かいものというのは太らない食べ方のキーワードになります。夜は是非、身体を温めるものを食べてください。満足感と共に身体を冷やさないというのも痩せる身体を作るためには重要です。

 

食事のバランス、朝・昼しっかり夜軽め


人は朝・昼・晩の3食を摂るべきです。太らない食べ方としてはその3食のバランスが重要なのです。

朝・昼はしっかり、夜は早めの時間に軽めの食事を。これさえ守れていれば無駄に脂肪を蓄積することはありません。

人の身体は、エネルギー源となるブドウ糖(主に炭水化物)が少なくなると、脂肪を燃やしてエネルギーとして使うというメカニズムです。

つまり、夜は炭水化物を控え、就寝前にブドウ糖を使い切ってしまえば、就寝中にも基礎代謝のため脂肪がエネルギーとして燃焼されます

その逆で夜に炭水化物を摂取すると、胃腸の働きも落ちるのでそのエネルギーを使い切れずに脂肪は燃焼しきれず蓄積してしまうのです。

 

朝は炭水化物→昼はタンパク質→夜は食物繊維


食べ物はごはん、パンなど『炭水化物』・肉、魚、豆類など『タンパク質』・野菜など『食物繊維』の3つに分けられます。

炭水化物は、腹持ちもよく、消化に6~8時間ほど時間が必要です。夜に控える理由はここにもあります。

朝は炭水化物中心の食事を、昼はタンパク質やカロリーの高い食事を、夜は食物繊維中心の食事を。太らない食べ方のポイントはこの順番を守った食生活を心掛けて無理なく楽に痩せることです。

 

いかがですか。以上が太らない食べ方でラクに痩せる5つのコツです。どれも特別難しいことはありませんよね。今日からでも早速始められる簡単なことばかりですから、気楽な気持ちで取り組んでみましょう。

ほんの少し心掛けるだけで実践できる太らない食べ方…健康的に、尚且つ人の身体のメカニズムを上手に利用することで効果的に痩せられる方法です。

今までのダイエットとは正反対のイメージのものかも知れません。更にいえば、しっかりとその習慣さえ身につけられれば、リバウンドの心配も少ないダイエットと言えます。

結局のところ、生活習慣を改めてみましょう、といった内容のものが多いので、始めは戸惑われるかもしれませんが、やってみればすぐに快適になること間違いなしです。是非、お試しあれ!!

まとめ

太らない食べ方でラクに痩せる5つのコツとは

・カロリー減ではなく補酵素が重要
・ポイントは規則正しい食生活
・温かい飲み物や食べ物を摂ろう
・食事のバランス、朝・昼しっかり夜軽め
・朝、炭水化物→昼、タンパク質→夜、食物繊維