太らない食べ物も方法を間違えば太る!効果的な食べ方とは

太らない食べ物も方法を間違えば太る!効果的な食べ方とは
太らない食べ物をダイエットに取り入れて、今より痩せてキレイになりたい!そう思う人は多いですよね。店頭に並ぶ雑誌では、様々なダイエット特集を組むとかなり反響が大きいそうです。そのくらいダイエットは多くの人の関心を集めています。

食べ過ぎによる肥満はできるだけ解消したいものですが、痩身ばかりにこだわるのではなく、健康になるためのダイエットにしたいものです。

太らない食べ物と一般的に言われているものでも摂取の仕方を間違うと反対に太ってしまい、健康を損なっては大変です。食材の性質や調理の仕方で健康になる効果的な食べ方を知っていると役に立つことでしょう。

そこで今回は、太らない食べ物を効果的に摂るポイントについてお伝えします。

豆腐の効果的な食べ方

太らない食べ物で大豆を原料とする豆腐はタンパク質も豊富で低カロリー、加えて消化吸収率も高い食材です。豆腐は安心よとダイエット中に積極的に取り入れている方もいらっしゃることでしょう。

しかし、落とし穴があります!豆腐1丁はおよそ250カロリーでゆで卵3個分、豚ロース100グラムのカロリーと同じです。健康食として代表的な豆腐ですが、お腹いっぱい毎日食べ続けると太ってしまいます。

効果的な食べ方として、豆腐だけでは不足しがちな「カリウム」や「βカロテン」を含む野菜、疲労回復にも効果がある芋類と組み合わせるなど栄養バランスのよいメニューにするとよいです。

他の食材を足すことでボリュームもアップします。

 

ささ身の効果的な食べ方

太らない食べ物としてアスリートにも人気の高いものに鶏ささ身がありますよね。ささ身1本で約50カロリーしかなく、高たんぱく・低カロリーはダイエットに最適です。

この低カロリーに甘えてささ身をフライや唐揚げにして食べてはいませんか?揚げ物は油分が多くなりカロリーは大幅に増えてしまいます。太らない食べ物でも調理法を間違うと太ってしまいます。

効果的な食べ方としては「ホイル焼き」がお勧めです。身体に良いオリーブオイルを塗ったホイルにささ身をおき、チーズや玉葱、キノコなどを加えます。塩コショウを振りオーブンで焼くと出来上がりです。

ささ身は低カロリーではありますが、栄養素が少ないのでチーズや野菜を加えるとよいでしょう。

 

雑炊の効果的な食べ方

太らない食べ物には雑炊もあります。少量のご飯に様々な具材を入れてボリュームをアップすれば食べ応えもあり、栄養も摂れそうです。雑炊は味も和・洋・中と様々にアレンジ出来てダイエットの強い味方です。

雑炊は鍋料理の締めにすることも多いですが、この時には要注意です!鍋料理は肉や野菜をたっぷり煮込み美味しい出汁ができますが、実は肉類の脂も糖もスープに溶け込み高カロリーになっています。

鍋の締めに食べる雑炊の効果的な食べ方としては、煮込み過ぎないうちに少量を食べ、スープは飲まないこと。

太らない食べ物も食べるタイミングを見計らうことも大切ですね。

 

ノンオイルドレッシングの効果的な摂り方

太らない食べ物だと思い、ドレッシングは迷わずノンオイル!と決めつけてはいませんか。実はノンオイルドレッシングはカロリーの高い油分を除去しているのですが、その分糖類でカバーしていることが多いのです。

そもそも野菜にはビタミンが豊富に含まれており、その中のβカロテンやビタミンEは脂溶性といって、油に溶ける性質を持っています。これらの栄養素は油が存在していないと吸収率が悪くなるのです。

せっかく野菜を食べたのにそれに含まれるビタミンが吸収できないのはもったいないですよね。

太らない食べ物と言われているノンオイルドレッシングを使う際は、少量のオリーブオイルや亜麻仁油を加えるとビタミンの吸収も良くなります。

 

ナッツ類の効果的な食べ方

食べても太らない食べ物にアーモンドやクルミ、ピーナッツなどナッツ類もあります。ナッツ類はタンパク質やビタミン・ミネラルが豊富で、栄養価がとても高い食べ物です。山登りをする人は非常食に携帯するのが常識とさえ言われています。

また、脂質を多く含んでいますが良質の植物性脂肪なので、動物性の脂肪に比べると食べても太りにくいとされています。

ただし良質の脂肪分でも、過剰に摂取した場合は太る可能性があります。ナッツ類はテレビを見ながら、作業をしながらとつい食べ過ぎる傾向にありますよね。太らない食べ物とはいえ量を決めておくことが大切です。

一日約30グラム、手のひらに軽く1杯くらいにするとよいでしょう。

 

以上、食べ方を間違うと太ってしまう食ベ物を効果的に食べるポイントについてお伝えしました。

太らない食べ物として認識しているものが食べ方や調理法によって効果が減ってしまうのは残念ですよね。健康を意識して栄養を高める「太らない食べ方」を意識したいものです。太らない食べ物でも量が多くなってしまってはダイエットになりません

適正な量を美味しく食べるのは口だけでなく頭も使うことがポイントです。日々の暮らしの中でちょっと気をつけるだけでも改善されます。痩せるだけにこだわると栄養が不足して代謝が悪くなり、リバウンドしてしまって結果的に太ってしまった、なんていうこともあります。ダイエットの正しい知識を身に付けて健康な日々を送りましょう。


連記事