太る原因になる5大要素を徹底解説!痩せ体質になる方法

太る原因になる5大要素を徹底解説!痩せ体質になる方法
太る原因と言えば、食べ過ぎ、運動不足などがぱっと頭に思い浮かびますよね。でも、それだけではないのです。

もちろん、食べ過ぎにより摂取カロリーが多くなれば脂肪が付き太る原因になりますし、運動量が少なければ摂ったカロリーが消費できず、やはり脂肪が蓄えられることになります。ですが、それ以外に生活習慣や普段の行いによって太ってしまうこともあり得ることです。

このような太る原因となる要素を取り除けば、太りにくい体質になると考えられます。それどころか、体質改善を徹底すれば「痩せやすい体質」になることだって難しくはありません

そんな痩せ体質になれるなら、すぐにでもなりたいですよね。そこで今回は、太る原因となる要素とその解説についてお伝えします。



 

太る原因になる5大要素を徹底解説!
痩せ体質になる方法

 

食べ過ぎによるカロリー過多


冒頭でもお話ししましたが、やっぱり太る原因の第一位は食べ過ぎです。これには、単純に量をたくさん食べるということだけではなく、脂っこいもの、甘いものが好きで野菜などをあまり食べないという食生活の偏りも含まれます

甘いもの、脂っこいものは量の割にカロリーが高くなるので、食べ過ぎていないつもりでも一日に消費できるカロリーを上回ってしまいます。また、ビタミンやミネラル、食物繊維の摂取源である野菜類を好まないということは、便秘しやすく、代謝に必要な栄養素が不足し、効率よくカロリー消費ができなくなることに繋がります。

自分が太りやすいと思っているのなら、まずは食生活の改善をしましょう。野菜類を適度に食べるようにすればカロリーを摂りすぎる前に満腹になり、必要な栄養素もバランス良く摂取できます。

 

食事の時間が不規則である


食べ過ぎないようにしている、栄養バランスもちゃんと意識しているのに何だか太りやすい気がするという人もいますよね。カロリーは適正でも食事時間が不規則だったり、間食が多かったりすると太る原因になるのです。

不規則な時間の食事は便秘の原因になり、お腹周りに脂肪が付きやすくなりますし、寝る直前のドカ食いはカロリーが消費しきれず脂肪になりやすいです。また、甘いおやつや飲み物をこまめに摂取する習慣がある人は血糖値が常に上がっている状態に陥り、摂ったエネルギーが燃焼されずに脂肪になりやすくなるという影響があります。

一日に必要な食事はなるべく規則正しく食べる習慣を付け、就寝直前には食べ物を口にしないようにしましょう。また、朝→昼→夜の順に食事量を軽くしていくと、寝る前にお腹に残る食べ物が少なくなります。

 

運動不足によってカロリー消費量が少ない


食事と並んで太る原因として知られているのが運動不足。これには2つの要素があり、一つは有酸素運動が不足して脂肪を燃焼しにくくなっていること、もう一つは筋力が衰えているために基礎代謝量が低下し、食べ過ぎなくもカロリーが余ってしまうということが考えられます。

これを解消するためにはもちろん身体を動かすことが大切です。ジムや体育館で運動のための時間を取るまでしなくても、長めに歩いたりエレベーターを使わずに階段を上ったりしていればある程度のカロリー消費が見込めます

また、一日10分程度でよいので、腕立て伏せやスクワット、ダンベル体操などを行って少しずつ筋力を付けるようにするだけでも太りにくくなります

 

冷え性のせいで代謝が落ち、むくみやすくなっている


女性に多い冷え性も太る原因になるということをご存知でしょうか。冷えやすい人は元々筋力が少なく基礎代謝量が少なくなりがちだということもありますが、それだけではありません。

身体が冷えると全身の循環が悪くなります。そのせいで脂肪の代謝に必要な栄養素が行き届きにくくなり、運動やダイエットの効果が出にくくなるのです。また、下半身や二の腕に溜まった老廃物の運搬も滞ってしまうので、むくみやセルライトが付きやすくなるという理由もあります。

冷え性改善のためには筋力を適度に付けるだけでなく、冷たいものを摂り過ぎない、薄着をしないようにする、お風呂でしっかり温まるなどを習慣づける必要があります。

 

姿勢が悪いせいで体幹が衰え、下半身の循環も悪くなっている


意外と忘れがちな太る原因がこちら。姿勢が悪いせいで太りやすくなることもあるのです。

背筋を伸ばさずだらしない姿勢が習慣づくと体幹が衰え、筋力不足になります。また、足を組むことが癖になっていると骨盤のズレを招き、下半身への循環が悪くなって太くなりやすいと言われています。

これらを解消するためには、座っている時も立っている時も背筋をまっすぐにするように意識付け座る時に足は組まずに膝を揃え立っている時も足をクロスさせずにくるぶし同士を揃えるように立つようにしましょう。普段から筋力を使う姿勢が当たり前になると、自然に体幹が鍛えられて太りにくくなると考えられます。

 

いかがでしたでしょうか。太る原因となる要素を5つお伝えしました。

自分はなぜか太りやすいと悩んでいる人なら、この中のいくつかは当てはまっているのではないでしょうか。それさえ解消できれば太りにくくなり、ダイエットの効果も出やすくなります。

ただ、これらのどれも当てはまらないという人は、橋本病などの病気で太りやすくなっていることも考えられますので、おかしいと感じたら病院の診察を受けることをおすすめします。病気が原因なら、どれだけ自分で対策しても効果が出ないばかりか、却って健康を害することにもなりかねないからです。

そうではなく、ここでお話ししたような食事や生活習慣のせいで太りやすくなっているのなら対策は簡単です。太る原因を全て排除して、健康的な痩せ体質を目指しましょう。

まとめ

太る原因になる要素と改善策は

・食べ過ぎに注意し、栄養バランス良く適量を食べる習慣を付けよう
・食事の時間が不規則にならないよう規則正しく食べて間食しないようにしよう
・運動不足は普段から動く習慣を付け、短時間でも筋トレするようにしよう
・冷え性を改善するために入浴や衣類で身体を温め、冷たい飲食物の摂りすぎを避けるようにしよう
・姿勢の悪さを治すには、背筋を伸ばして足を組まないように心がけよう