外見コンプレックスは克服できる!劣等感を解き放つヒント

外見コンプレックスは克服できる!劣等感を解き放つヒント
誰でも一つくらい持っているのが、外見のコンプレックス。背が低い、顔がイマイチ……といった定番のものから、くせ毛、一重まぶた、指が太いなどの細部に関するものまで、コンプレックスが無い人はいませんよね。外見コンプレックスが無い人はいないということは、どんな美男美女でもどこか容姿に関する劣等感を持っているということです。

しかし世の中には、そんなことに気付かず、自分だけが容姿の悩みを抱えていると思い込んで自分の殻に閉じこもっている人もいるものです。

ただ、外見コンプレックスは誰にでもある……と言っても、そのせいで劣等感に押しつぶされそうになっている人には何の気休めにもならないでしょう。

そこで今回は、外見コンプレックスを克服するための取り組みや考え方についてお伝えします。

見た目は人間性とは関係の無いこと

まず覚えておきたいのは、外見の善し悪しはその人の人間性とは全く関係ないということです。つまり、美男美女でも性格が悪ければ他人に嫌われますし、お世辞にも美形と言えない人でも性格が良ければ人気者になり、仕事ぶりが良ければ高い評価を下されます。

見た目が良いのも悪いのも、「たまたま」生まれ持ったものです。どうすることもできないことだからこそ、人は見た目ではなく中身で勝負するべきなのです。

外見コンプレックスを抱える気持ちを否定はできませんが、そこに縛られるよりも内面を磨く努力をした方が、後々良い人生が待っていると言えるでしょう。

 

外見コンプレックスは深刻な悩みが少ない証拠

外見は自分ではどうすることもできないと先ほどお話ししましたが、そんな不毛なことばかりを考えるということは、人生に直結するような悩みが少ないとも考えられます。

例えば、家族が病気で近日命を落とすかもしれない、お金が無くて明日食べるものも無い……という悩みを持つ人は、自分の容姿になんて構っていられませんよね。下を見て安心するのはあまり良くないことですが、外見にしかコンプレックスが無い人は、ある意味幸せな立場なのです。

人はどれだけ恵まれていても、どこかに足りないものを見つけては悩む性質を持っています。あなたの場合は、たまたまそれが外見にあったというだけのこと。そう考えて、落ち込まずにうまく付き合っていくのが合理的な生き方です。

 

大体の悩みはメイクや服装でカバーできる

これまでは外見コンプレックスを和らげる考え方をお話ししましたが、ここからは物理的な対策です。まずはメイクやヘアスタイル、ファッションなどで見た目を整えるという方法です。

女性の場合、優れたメイクアイテムが溢れていますし、どんな顔立ちでも芸能人に似せる技術などが動画サイトにアップされています。つまり、どんな顔にもなれるということ

男性の場合も髪型や眉の整え方でかなりのイケメンになれますよね。身長だってシークレットシューズという手があります。シークレットシューズはファッションモデルも愛用しているくらい、今では一般的なアイテムになっています。

つまり、どんな外見コンプレックスも、それをカバーするアイテムが必ずあるということです。根気よく探せば、あなたの悩みを解消するアイテムが見つかるはずです。

 

雰囲気美人、雰囲気イケメンを目指そう

よくよく見ると美形とは程遠いのに、全体を見るとなぜか美人に、イケメンに見えてしまう人がいます。こんな人たちは「雰囲気美人」「雰囲気イケメン」と呼ばれ、とてもモテます。

彼らは、ファッションや仕草、表情や行動などで自分をワンランク上に見せる技術に長けているのです。

外見コンプレックスがあってモテないと悩む人も、努力すれば雰囲気美人や雰囲気イケメンになれるものなのです。

あなたも近くにいる雰囲気が良い人を見習ってみてはいかがでしょうか。きっと、周囲から高い評価をもらえるようになり、自分の容姿への不満も解消されていくはずです。

 

どうしても解消したいコンプレックスは医療の助けを借りよう。

歯並びが悪いとか、ニキビが多いなどのコンプレックスは、自分の努力で克服するのは難しいところがあります。これらは放置していると健康上の問題にもなり得るものなので、早めに医療機関の手を借りて解消させることをおすすめします。

また、見た目の悩みで心を病んでしまうくらいなら、美容整形や豊胸、植毛、身長を伸ばす手術などにチャレンジするのも悪くはないでしょう。お金はかかりますが、明るく笑顔で過ごせるなら意義のある出費と考えるべきです。

ただ、美容整形などに依存してしまう人もいるので、そうならないように適切なカウンセリングなどを受けるようにしましょう。

 

以上、外見コンプレックスを克服するための考え方と具体的な対策についてお伝えしました。端的に言うと、自分の容姿を受け入れ、ファッションや振る舞い方で自分を良く見せる努力をし、それでも駄目なら医療行為の手を借りるということです。

ここまですれば、誰でも見栄えが良くなりますし、自分に自信が持てるようになるはずです。そして、徐々に外見コンプレックスがあったことすら忘れて笑顔で過ごせるようになるでしょう。

自分の容姿に不満があっても、鏡を見るのが怖いくらいでも、「何をやっても無駄」と思うことだけはやめて下さい。そして、外見コンプレックスのせいで毎日暗く過ごすのをやめ、考え方を変え、自分の理想の見た目に近付けるように努力をしてみましょう。


連記事