口臭外来を受ける前に必ず試して欲しい9つの事

口臭外来を受ける前に必ず試して欲しい9つの事
みなさん、「口臭外来」をご存知でしょうか?

口臭のことを専門で相談出来る場所があるなんて、目からウロコ!と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。口臭の事で真剣に悩んでいる方なら、ちょっと気になっている場所なのではないでしょうか。

口臭外来へ行けば必ず解決するとは言えませんが、解決への糸口が見つかるかもしれません。

でも、口臭外来へ行く前に試して欲しいことがいくつかあります。今日はその一部の9項目に焦点を合わせてみたいと思います。

口臭外来へ行こうかなと思っている方は、ぜひチェックしてみて下さいね。



 

口臭外来を受ける前に
必ず試して欲しい9つの事

 

その1: 口臭外来の費用の計算

見も蓋もない話になってしまいますが、どんなに行ってみたいと思う場所だとしても、金銭的に難しいと思うのならば、諦めるしかありません。

口臭外来に魅力を感じ始めているのなら、早めの段階でどのくらい費用がかかるのか知っておきましょう。ちなみに、口臭外来は保険が効かない場合が多いようで、初診で2~3万円、一回の診察で1万~1万5千円程度はかかるようです。

何度も通う場合やお薬が処方された場合のことを考えると、かなりの高額になると考えておいた方がよさそうです。

 

その2: 口臭外来について知ろう

口臭外来に何を求めているかにもよりますが、せっかく受診してみても希望通りの検査や治療が行われている病院かどうかを確認しておかないと残念な結果になってしまうかもしれません。

受診可能なエリアの口臭外来を調べたり、問い合わせたりするなどして、一番希望に近い口臭外来をきちんと調べてみましょう。

よく考えてみたら歯科の相談をしたいんだと気づいたのなら、まずは歯科を受診したほうがいいでしょう。

 

その3: 口臭チェッカーを使ってみる

口臭チェッカーは、客観的に口臭をチェックできる道具なので、口臭が気になっている場合は一度使ってみると良いでしょう。

「臭くないのに臭いと思い込んでしまっている」というような自臭症の場合もあるので、臭いに対する客観的評価を数値化してくれる道具は、とても役立つと思います。

自臭症の場合はカウンセリングなどを通して、自分は臭くないという自信を取り戻せるステップを踏むことが大切になってきます。

ちなみに口臭チェッカーは気になる悪臭だけでなく、タバコの臭いや歯磨き粉の臭いなど、口臭以外にも反応してしまうので、何もしていないような状態でチェックするのがポイントです。

 

その4: 口の中が衛生的かどうか調べよう

口臭の主な原因は、口の中の細菌が原因である場合がかなり多いので、歯周病はないか、虫歯はないかなども確認しておきましょう。

磨き残しがあって、食べカスが溜まりやすい場所がある場合も、臭いの原因になります。意外と盲点なのが「舌」です。舌にも食べカスはたまりやすく、舌苔が臭う場合もあるので、舌専用クリーナーで優しくお手入れをしてみるのもよいでしょう。

磨き方や口の中の衛生状態を評価してもらうために、歯科を受診してみるとよいかと思います。お口の健康は全身の健康に繋がります。

ぜひ、口臭が気にならない方も、定期的な受診をしましょう。磨き方に自信がない場合は電動歯ブラシを取り入れてみるのもいいでしょうし、歯ブラシが寿命を迎えているせいで、全然キレイにならないという場合もあります。

お手入れ道具の確認もしてみましょう。

 

その5: 内臓疾患はないかどうか調べよう

肝臓の病気や腎臓の病気、糖尿病がある場合は口臭が強まる場合があります。会社などの健康診断で要精密検査となっている項目を放置してはいませんか?

内臓からくる口臭の場合は、いくら口の中をキレイにしても治りません。内臓疾患が悪化してしまう前に、早めに受診しましょう。

 

その6: 耳鼻科系の病気はないか調べよう

口と繋がっている鼻付近に病気がある場合も、口臭として臭ってくる場合があります。一番疑われるのは蓄膿症かと思います。

よく鼻をすすっているとか、頭痛がしているだとか、鼻炎持ちだという方は、耳鼻科を受診してみましょう。口臭の改善になるかもしれません。

 

その7: 唾液不足ではないか調べよう

唾液が少ない場合は、口の中の細菌が増殖しやすいので、口臭が強くなる場合があります。

治療が必要なレベルのドライマウスの状態の方もいらっしゃいますが、まずご自分で出来る方法としては、ガムを噛んで見たり、舌で歯を舐めまわしてみると、唾液がよく出るようになります。

デスクワークなどで、日中あまり口を動かしていない方は唾液量について注目してみましょう。

 

その8: いつ臭うのか調べてみよう

その7でも触れましたが、唾液量は口臭と密接な関係があります。眠っている最中や緊張した時は唾液量がグンと減ります。

寝起きに口臭が臭う場合や、人前に出たときに気になる場合なら唾液不足かもしれません。口の中の細菌をより減らせるよう口内ケアを念入りにしてみましょう。

日常では気にならないけれど、至近距離だと臭うと言われる場合は、タブレットなどを食べてみたり、マウスウォッシュを使ってみるとといいかと思います。

 

その9: 食べ物の習慣を変えてみる

病気もない、口の中もキレイにしているとしても、キムチやニンニクなどの臭いが強い食品を普段から多く食べていると口臭が気になる場合があります。

胃腸が弱っていて消化不良が続いている場合も口臭が気になる場合があります。口臭外来へ行く前に、食生活も考え直してみるとよいでしょう。

 

いかがでしたでしょうか?

口臭外来へ行く前に、まずは取り組んでみるべき項目はありましたか?

一人で悩まずに、まずは何か行動してみましょう。1日も早く口臭の悩みから開放されるといいですね。

 

まとめ

口臭外来を受ける前に必ず試して欲しい9つの事

その1: 口臭外来の費用の計算
その2: 口臭外来について知ろう
その3: 口臭チェッカーを使ってみる
その4: 口の中が衛生的かどうか調べよう
その5: 内臓疾患はないかどうか調べよう
その6: 耳鼻科系の病気はないか調べよう
その7: 唾液不足ではないか調べよう
その8: いつ臭うのか調べてみよう
その9: 食べ物の習慣を変えてみる