にんにくを始めとする口臭を劇的にヤバくする9つの食べ物

にんにくを始めとする口臭を劇的にヤバくする9つの食べ物

明日の朝一取引先でプレゼンがある、今夜のデートが勝負かな?などいろいろと大事なイベントがありますね。今日は仕事で疲れたのでにんにくいっぱいのラーメンを食べて、明日は休みでゴロゴロすると決めていたらニオイがつく食品を楽しんでも誰にも迷惑をかけることはないでしょう。

しかし、口臭は人からの評価を下げてしまいますので、なにか大事なイベントがある時は、どんなに食べたくても我慢です!お気に入りのにんにくたっぷりのラーメン屋さん、今日で閉店ではありませんので、次の機会を待ちましょう。にんにくも含め、注意すべき食品や料理を9つご紹介します。



 

にんにくを始めとする口臭を
劇的にヤバくする9つの食べ物

 

言わずと知れたにんにく

有名なラーメン屋さんの看板に、「にんにく入れますか?」というフレーズがありますね。ラーメン屋さんも、にんにくを入れたら美味しくなるよと、お勧めしながら、“でもにんにくの臭いがね・・”と気遣ってくれているような看板です。

にんにくの臭いは、アリルメチルスルフィドという物質であることがわかっています。にんにくは取り過ぎにより胃に負担がかかることも判明していますので、やはり摂る時は適量を少し楽しむくらいにしておきましょう。ただ、少しでもしっかり臭いがつく強烈な食品ですので、覚悟して食べましょう。

 

にんにく並にヤバイ、生玉ねぎ

生玉ねぎのサラダは鰹節をたっぷりかけて食べたいものです。血液をサラサラにする効果もあります。決して単価の高い野菜ではないので、居酒屋の冷奴サラダにもトッピングとしてのっているのをよく見かけます。

シチューやハンバーグの中に入っている熱を加えた玉ねぎは甘味がありますが、生の玉ねぎは独特の辛味とともに臭いが強くのこります。これらは硫化アリルという物質によるものです。

取引先と居酒屋で一杯なんていうときには、生玉ねぎのスライスに、デートでおしゃれなカフェのサンドをパクリの前に、白いピンとした生玉ねぎのスライスの気配を確認しましょう。

 

緑鮮やかな餃子の影武者 ニラ

ニラが入ることにより、餃子にまたうまみが出るように思います。ニラをまな板の上で刻むと、緑になりますし、まな板にはニラの臭いがしっかりついてしまいます。これは口の中でも同じことです。しっかり歯で噛んですべて飲み込んでしまったとしても、舌や粘膜にはニラのエキスがついているのです。ニラの臭いはアリシンという成分によるものです。

アリシンは免疫力を高め結果、ウィルスや細菌から身体を守る働きがあります。確かに、免疫力を高めるほどポテンシャルの高いニラが無臭では、少し強さの説得力にかけてしまいますね。

 

カレーとらっきょうの相乗効果

カレーとらっきょうは不滅の組み合わせです。らっきょうのないカレーは何か物足りないですし、らっきょうと白いご飯だけではなんだか残念な気がします。らっきょうもこれまでに述べてきましたニンニク、タマネギと同じ硫化アリルを成分として持っています。

ましてや、カレーは香辛料がたくさん入っています。食後、鍋やお皿を洗う時にスポンジに色がついてしまいますね。しかも、臭いがとれません。私たちの口の中も同じような環境になっているのです。

カレーの国インドでは、ヨーグルトをベースとしたラッシーがお供のドリンクです。伝統的に臭いを抑える組み合わせを生み出したのかもしれません。

 

最近、地位を確立しつつあるパクチー

タイ料理や、ベトナム料理など東南アジア料理の専門店や、カフェランチでもタイ料理やベトナム料理のアレンジ版を提供するお店がふえてきています。パクチーはとても好き嫌いの別れる野菜です。

そのため、お店としても、パクチー入ってます!と前面に分かるような場所にトッピングをしてくれていることが多いです。なぜか、ピーマンが嫌い、ニンジンが嫌いというより、パクチーが苦手なの・・という主張は市民権があるようですので、食後の臭いが気になる場合はパクチー抜きをオーダーしましょう。

 

清楚な印象の白髪ねぎ

白髪ねぎは、自分で作るには面倒くさいところもあり、和食などで揚げだし豆腐やお造りの脇に飾られているとついつい食べてしまいます。アクセントになってとても美味しいのです。

ただ、こちらも玉ねぎが玉のネギでにおうのと同じく、元祖ネギですので、同じ理由でにおうのです。お蕎麦の薬味やうどんにもさりげなく主張が薄めに清楚に存在していますので、くれぐれも食べてしまってから後悔のないようにしましょう。

 

乾燥しても強烈なスルメ

スルメは、乾き物ですが封を開けた時の臭いはかなり強いものです。食べた後に臭いが残ってしまうのも理解が難しくないのではないでしょうか。ただ、スルメなど固い食べ物をたくさん噛むことによって唾液がしっかり出ることにより口臭は減少します。

スルメに関しては、スルメ自体が持っている強い臭いというデメリットと、唾液の分泌促進というメリットで口臭の原因になるのかということで矛盾が生じるように感じますが、スルメを食べるのであれば、しっかり噛むことが必要です。

 

おつまみにピーナッツ

その8で紹介したスルメ同様に、お酒のおつまみによいのはピーナッツです。ピーナッツバターを塗ったパンを食べても口臭が強くなったという話は聞いたことがありません。しかし、ピーナッツは、歯科の業界で、どれくらい小さな粒になるまで噛むことができたかという評価に用いられるほど、噛むことで粉砕され細かくなります。

これがすべて口の中から胃へ移動すればよいのですが、あまりに小さすぎて歯のくぼみや歯と歯の間に残ってしまうことがあるのです。これによって不衛生になり口臭の原因となることがわかっています。

 

コーヒー独特の臭い

いれたてのコーヒ-の香りはとてもリラックスできる匂いですね。しかし、なぜ缶コーヒーを片手に一服している喫煙者は口臭がする人が多いのか。コーヒーを飲むことにより、お口の中が酸性に傾くことが主な原因です。

それならブラックで飲まずに、砂糖やミルクを入れれば解消されるのでは?と思うかもしれませんが、砂糖やミルクが入ることによりより舌や粘膜に汚れとして停滞するリスクがあがります。

コーヒーとタバコはにおいの強いモノ同士ですので、よけいに臭いが混ざりあい不快な臭いとなりますので、喫煙習慣だけでも卒業したほうがよいでしょう。

 

いかがでしたか。

以上が9つの注意すべき食品です。口臭の原因となる食べ物は特殊な食べ物ではありません。お菓子やおつまみになるピーナッツ、サラダやサンドに挟まれている生玉ねぎなど、日ごろ気にせずに口にしているものが、実は自分自身を不衛生に見せてしまう原因になっていたら残念です。

臭いの原因として有名どころのニンニクも食べれば美味しい食材です。適度な量と適切なタイミングで食生活を楽しみながら口臭に気をつけたコミュニケーションを大事にしていきたいですね。

 

まとめ

にんにくを始めとする口臭を劇的にヤバくする9つの食べ物

・言わずと知れたにんにく
・にんにく並にヤバイ、生玉ねぎ
・緑鮮やかな餃子の影武者 ニラ
・カレーとらっきょうの相乗効果
・最近、地位を確立しつつあるパクチー
・清楚な印象の白髪ねぎ
・乾燥しても強烈なスルメ
・おつまみにピーナッツ
・コーヒー独特の臭い