はげ治療に没頭した私が感じた、毛根が持つ7つの残念な事

はげ治療に没頭した私が感じた、毛根が持つ7つの残念な事

はげって本当につらいですよね。はげ自体が直接何かをしてくることはありませんが、はげてしまったことにより、自分に対する自信がどんどん失われていくことが手に取るように分かります。

恋愛なんてもってのほか。仕事に対する自信もなくなり、何に対しても投げやりになってしまうのです。このままではいけないと一念発起した私は、はげ治療に没頭していきました。

塗り薬、経口薬などを試しながら専門家と話をするうちに、どんなことが毛根に影響を与えるのかなんとなく分かってきたので、薄毛にお悩みのみなさんにもご紹介させていただきます。



 

はげ治療に没頭した私が感じた、
毛根が持つ7つの残念な事

 

正常脱毛と異常脱毛の見分け方


毛根の寿命は、男性で3~5年、女性は4~6年だと言われています。この寿命をまっとうして自然に抜けた毛根は、マッチ棒のように膨らんでいるのが特徴です。

膨らみが小さい、膨らみの形が悪い、膨らみがないなど、マッチ棒のようになっていない毛根はすべて寿命による抜け毛ではありません。

なんらかの理由により、ヘアサイクルが乱れたことによる抜け毛です。これが続くことで毛根の寿命が短くなることがあるので、正しい脱毛対策をすることをおすすめします。

 

フケが気になり出したら要注意!


シャンプーのし過ぎや紫外線、寒さなどの影響を受けて頭皮が乾燥することがあります。頭皮が乾燥すると、毛根の皮脂がうまく取り除かれなくなってしまうため、毛根に皮脂が詰まり、結果としてはげや薄毛の原因になってしまうのです。

こうなる前に、実は前兆があります。それがフケ。フケが増えたなと感じたら、頭皮に潤いを与えて抜け毛を予防しましょう。

 

自律神経が乱れると毛根の細胞の働きが弱くなる


毛根は、自律神経が乱れるとその影響を受け、毛根の細胞の働きが弱くなってしまうことがあります。自律神経とは、私たちの意識と関係なく、体をコントロールしている神経のこと。これがあるお蔭で、血液や内臓、体温調整などを意識することなく生命を維持していくことができるのです。

自律神経が乱れると、不眠や倦怠感、微熱など、体のさまざまな部分に支障をきたします。そのひとつが血流の低下。髪の毛を作るもとになっている栄養素は血液が運んでいますが、血流が低下することで毛母細胞や毛乳頭が栄養不足に陥り、はげや薄毛を加速させてしまうのです。自律神経が乱れないように、十分な睡眠をとったり、適度にストレスを発散させましょう。

 

髪の毛の健康にも栄養バランスは大切


髪の毛は、ケラチンと呼ばれるたんぱく質でできています。たんぱく質不足などで栄養バランスが乱れると、毛根周辺のpH値がアルカリ性に傾き、毛根と毛根鞘の接着力が弱まり、抜け毛が増えることがあります。

髪の毛に良いとされる、良質なたんぱく質、ビタミン、亜鉛を摂取することも大切ですが、それよりも大切なことは食事の栄養バランス。栄養に偏りがないように、バランスを考えた食事を摂ることをおすすめします。

 

生え始めたばかりの毛根は浅い位置にある


髪の毛には寿命があり、抜けては生えてを繰り返しています。フサフサの髪の毛を維持するためには、抜けたあとに生えてくる新生毛をしっかりと育ててあげることが大切です。

しかし、肉眼で確認することができないほど小さい新生毛の毛根は、浅い位置にあるため抜けやすく、シャンプー後に髪をゴシゴシと拭くだけでも簡単に抜けてしまうのです。これを防ぐために、日ごろからシャンプーは優しく、髪を拭くときもこすらずに押さえるようにして拭きましょう。

 

皮脂の影響を受けやすい


皮脂には皮膚を保護する働きがありますが、毛穴に詰まってしまうと雑菌などが繁殖して毛根部分に炎症を引き起こすことがあります。この炎症が抜け毛に繋がってしまうのです。特に薄毛が進行した人やAGAの人の頭皮は要注意!

男性ホルモンの影響で頭皮の柔軟性が失われ硬くなってくるため、体が自衛本能として皮脂を多く分泌させるという悪循環に陥りやすくなってしまいます。中性や弱酸性のシャンプーでしっかりと汚れを落としましょう。

 

ストレスに弱い


ストレスを感じると、血管が収縮するため全身の血行が悪くなります。頭皮も例外ではありません。血行が悪くなると、血液の流れが滞り、毛根に十分な栄養が届かなくなってしまいます。

同時にストレスを感じることで活性酵素が増加して皮脂の分泌が始まってしまうのです。これが原因となり、抜け毛が増え、抜け毛が増えたことで新たなストレスが生まれるという悪循環に陥ってしまいます。

これを避けるためには、日ごろからストレスを解消することが大切です。また、必要以上に抜け毛を気にすると、新たなストレスとなってしまうため、とても難しいことですが、多少の抜け毛は気にしないようにしましょう。

 

いかがでしたか。

毛根の弱点とも言える部分をご紹介してきました。実は、抜け毛の毛根をチェックすることで、どんなことが抜け毛の原因になっているのか、ある程度のことを突き止めることができます。

つまり、毛根は環境や生活習慣などの影響を受けやすいと言うことです。抜け毛が気になる人にとって、抜け毛をチェックすることは気がすすむものではありませんが、早めに対処することで抜け毛の進行を食い止めたり、有効な治療法を見極めたりすることもできるので、一度ご自分の毛根をチェックしてみることをおすすめします。

 

まとめ

はげ治療に没頭した私が感じた、毛根が持つ7つの残念な事

・ 正常脱毛と異常脱毛の見分け方
・ フケが気になり出したら要注意!
・ 自律神経が乱れると毛根の細胞の働きが弱くなる
・ 髪の毛の健康にも栄養バランスは大切
・ 生え始めたばかりの毛根は浅い位置にある
・ 皮脂の影響を受けやすい
・ ストレスに弱い