肌荒れは疲れのサイン!リラックスするための5つの方法

肌荒れは疲れのサイン!リラックスするための5つの方法
気が付いたら吹き出物やカサつきなどの肌荒れが出ている……でも、原因は分からないなんて状態、よくありますよね。もしかしたらそれは、慢性的に溜まった疲れが肌荒れとして出ているのではないでしょうか

肌荒れの原因として考えられるのは、直接的には外気の乾燥や過剰な皮脂、化粧品などの外的刺激などがありますが、それよりももっと根本にあるのは、身体の内側にお肌を弱くする原因が潜んでいること。特に、身体や心の疲れはお肌に真っ先に影響が出やすく、こんな時はいくらスキンケアをしても肌の調子が上向きにならないものです。

お肌を根本から健康にするため、適度にリラックスして心身の疲れを癒すようにしましょう。そこで今回は、身体にも心にも休息を与えるリラックス法についてお伝えします。

 

肌荒れは疲れのサイン!
リラックスするための5つの方法

 

湯船にお湯を張り、ゆっくり浸かろう

手っ取り早くできるリラックス法はやっぱり入浴。それもシャワーだけではなく、湯船にぬるめのお湯を張って20分~30分くらいかけてゆっくり浸かるようにするのがおすすめです。

湯船で身体の芯まで温めることで副交感神経が優位になり、その後眠りに就きやすくなります。また、全身の血行が良くなり、汗をしっかりかくとお肌の調子も良くなりますよね。

忙しく暮らしているとお風呂の時間も惜しくなりますが、週に2~3日でも良いので湯船にお湯を張る日を設けるようにしましょう

 

室内の照明を工夫しよう

室内照明と言えば、青白い蛍光色の照明が一般的ですが、これはブルーライトが強く、脳を刺激して身体を緊張状態に運びます。逆に、電球色の黄みがかった柔らかい照明は脳への刺激が弱く、自然に体をリラックス状態に持って行きます

自宅、特にリビングと寝室の照明が蛍光色の人は、電球色のものに切り替えてみて下さい。オフィスでは蛍光色の照明がメジャーのため、帰宅後くらいは柔らかい照明の中で過ごすようにしましょう。

 

アロマなどを利用しよう

室内でアロマを焚けばよりリラックスして過ごせるようになり、ストレスやイライラが和らぎます。ストレスも肌荒れの大きな原因となるので、気分が和らぐアロマはかなり有効な手段です。

リラックス効果があると言われるアロマには、ラベンダーやゼラニウム、カモミールなどがありますが、これらをベースに自分好みに香りをブレンドしても楽しいですね。アロマを焚くときは、ほんのり香るくらいに留めるのがポイント。強く焚きすぎると、時間の経過とともに香りを不快に感じるようになり、逆効果だからです。

アロマを焚く道具はアロマランプ、アロマミスト、またはストーンに垂らすなどがありますが、肌荒れ対策にするなら室内を加湿しながらアロマを楽しめるアロマミストがおすすめです。

 

趣味に没頭する時間を持とう

スポーツでもドライブでも、読書でも音楽鑑賞でも、あなたが時間を忘れて没頭できる趣味があるはずです。それに興じる時間を週に一日でも良いので確保するようにしましょう。

疲れが溜まってくると「趣味に割く時間があるなら休みたい」という心理に陥りますが、これでは身体の疲れは取れたとしても心の疲れはそのままになってしまいます。心の疲れを取るためには、趣味に没頭してストレス源から離れる時間を取るのが最も有効だとされています。

楽しいことを飽きるまで続けた後は、「リフレッシュした!!」という爽快感を覚えますよね。これこそが、ストレスを解消し、心をリラックスさせられたという証拠なのです。

 

煙草、カフェインなどを控えよう

煙草は肌荒れの原因になるという話を聞いたことはありませんか?これは、煙草によって生じた活性酸素がお肌を劣化させるだけでなく、交感神経を優位にして血行不良を招き、肌荒れを起こすという理由もあるのです。

これと同じく、コーヒーや紅茶などのカフェイン飲料も交感神経を優位に傾けるため、飲み過ぎは肌荒れを起こすことに繋がります。カフェインがリラックス状態を妨げるのは、眠気を覚ます効果があることからわかりますよね。

本当は煙草とカフェインを断つことが理想的ですが、それを我慢することがストレスになっては逆効果です。煙草なら休息時間に数本、カフェインは朝食時や仕事中などに留めておく程度で身体のリラックス度合いは変わるはずです。

 

いかがでしたでしょうか。肌荒れの原因となる疲れを癒すため、心身をリラックスさせる方法についてご説明しました。

ゆっくりとした入浴も没頭できるような趣味も、普段の時間に余裕が無ければ難しいものです。でも、リラックスタイムを確保できないほどに過密なスケジュールは心身を疲れさせ、肌荒れも体調不良も起こり放題の不健康な身体を作り上げてしまいます。いくら一生懸命働いても健康を害しては本末転倒ですし、心が病んでは得られる成果も価値を無くしてしまいます

美容も健康も、余裕の無い暮らしをしていては手に入れることができません。「疲れが溜まっているなぁ……」と思ったら、ここで一息ついて、リラックスできる時間と環境を作りましょう。

まとめ

肌荒れや疲れを癒すためにリラックスする方法は

・湯船にお湯を張り、ゆっくり浸かろう
・室内の照明を蛍光色ではなく電球色に切り替えよう
・リラックスできるアロマなどを利用しよう
・趣味に没頭する時間を持とう
・身体を緊張状態にする煙草、カフェインなどを控えよう


連記事