治らない肌荒れは胃腸の乱れ?すぐ見直すべき3つの食習慣

治らない肌荒れは胃腸の乱れ?すぐ見直すべき3つの食習慣
肌荒れに気が付くとスグに治したいと原因を考えたり、治すため(隠すため)にスキンケアに手を伸ばしたり、慌てることがありますよね。原因が明らかで、治りも早く、簡単に隠せてしまううちは良いでしょう。

しかし、なかなか治らない肌荒れはどうでしょう。長く続く肌荒れは胃腸の乱れと考えられます。中でも、まさかこれが?と、驚く食習慣もあるかもしれません

例えば、冷たい飲み物を好んで飲んでいたり、濃い味付けが好きだったり、カフェインを摂り過ぎていたり。知らず知らずのうちに肌荒れを起こすような食習慣になっていませんか

日常生活の中で、肌荒れを慢性的に起こしているのであれば控えたいと考えるはずです。そこで今回は、実は肌荒れを起こしやすくしている3つの食習慣についてお伝えします。



 

治らない肌荒れは胃腸の乱れ?
すぐ見直すべき3つの食習慣

 

冷たい飲み物は想像以上に負担が多い


夏場の水分補給には、特にたくさんの氷を入れて暑さを和らげようとしてしまいがちですが、冷たい飲み物は胃腸にかなり負担を与えています。胃腸を冷やすと代謝が悪くなり、老廃物が溜まりやすくなるのです。そのため、ニキビや吹き出物の肌荒れを起こしやすくなってしまいます

また、体に良いと思っているトマトジュースも飲み方によっては逆効果になってしまうこともあります。トマトにはリコピンが多く含まれ、肌荒れの解消にもなりますが、アルコールと一緒に摂ったり、冷えているものであるとそのパワーはマイナスです。

元々夏野菜で体を冷やしてしまう性質もあるので、せっかく肌に良いことをしようと思うのであれば、そのまま食べるか、トマトスープにする方が効果を発揮できます。

野菜ジュースにも同じことが言えます。野菜を摂っていない(ビタミン不足)と思い市販のジュースに手をのばし、野菜を摂った気になってしまいがちですが、多くの野菜ジュースは製造過程でビタミンが破壊されていることが多いので、少し面倒ですがひと手間加えて手作りのスープにする方が肌荒れは防げます。

また、冷たいものをどうしても飲みたいときは一気に飲まないようにしましょう。何回かにわけて少しずつ飲む方が胃腸への負担も軽減されます。

 

濃い味付けはNG


肌荒れの大きな原因になるのが、濃い味付けになります。塩分・油分は過剰に摂取するのは危険です。

塩分は腎臓やすい臓などの内臓に多くの負担がかかり肌荒れを起こしやすくなります。特に外食は味付けがしっかりとしていて濃くなっているところが多いので、塩分量を意識したメニューを選んでください

温かいものが冷めると味を感じなくなり、醤油等の調味料を足してしまいがちになりますので、冷めないうちにいただくというのもポイントです。いきなり薄味にすることは難しいので調味料を控えていくことが大切です。

また、油分は皮脂が分泌されやすくなるので、吹き出物ができやすくなります。コンビニ・スーパーなどで手軽に揚げ物(スナック類)を買うことができますが、こちらも控えめにしましょう。

 

カフェインの2つの効果


モーニングコーヒーに、食後のコーヒー。気付かないうちにカフェインを摂り過ぎていませんか。カフェインにはメリットとデメリットがあります。

1日2杯程度までのカフェイン量であればメリットである効果を得ることができます倦怠感の改善や利尿作用もあり、デメリットばかりではありません。

ですが、1日2杯を越えての飲むとどうでしょうカフェインが交感神経に刺激を与え自立神経のバランスを乱すことになってしまいます。

これは肌のターンオーバー機能を悪化させることになり、皮脂や角質がつまりやすくなります。また、覚醒作用もあるので就寝前に飲むと、睡眠の妨げになります。その結果、肌荒れが起きてしまいます。

最も危険なのは空腹時にコーヒーを飲むことです。カフェインは胃酸を分泌する作用があるのですが、必要以上の胃酸を出すことで胃腸を悪くしてしまいます。

コーヒーを好んで飲むのであれば、食後のブラックコーヒーが肌にも体にも1番良いタイミングです。その場合は老廃物を排出し、むくみ改善にもなります。

 

いかがでしたか。肌荒れの原因にはいろいろありますが、その中でも食習慣というのは慢性的に肌に影響しています。肌荒れしないような食習慣にするということは、健康にも良い効果をもたらします。

今まで美肌に良いと思って摂っていたものもあったかもしれません。今回はスグにできる肌荒れ予防になる食習慣をお伝えしましたが、日々の食習慣というのはいきなり変えるのは難しいものも多いです。しかし、ほんの少しの意識を変えるだけでで改善されるものばかりです。

流行のスキンケアや、偏った食事ではなかなか美肌になることはできません。日頃からの食習慣こそが肌荒れを起こさない為に必要なことになってきます

ストレスにならないよう実践していき、肌荒れをしないように心がけましょう。

まとめ

すぐ見直すべき食習慣とは

・冷たい飲み物は想像以上に負担が多いので、スープにするとgood!
・塩分・脂分の過剰摂取はNG、調味料や揚げ物は注意しよう
・カフェインの摂りすぎは自律神経を乱すので、飲みすぎには気を付けよう


連記事