気になる肌荒れの原因と確実に治す5つの対処法

気になる肌荒れの原因と確実に治す5つの対処法
肌荒れを起こすととても気分が落ち込みますが、そんな時最も気になるのはその肌荒れの原因ですよね。この肌荒れの原因は生活の乱れだろうか…。食生活?化粧品を変えたせい?あれやこれやと自分の不摂生を反省したりしながら、鏡の中の自分の顔を恨めしげにながめるものです。いずれにしても原因が分からなければ、解決出来ないのは身体の不調もスキンコンディションも同じこと

病気になった時も、その病名や原因はとても大事ですよね。何の情報もないまま病気を治すことなど、どんな名医でも不可能なのです。

逆に言えば肌荒れの原因さえ分かれば治す方法も見えて来るという訳です。そこで今回は気になる肌荒れの原因と確実に治す5つの対処法についてお伝えします。



 

気になる肌荒れの原因と
確実に治す5つの対処法

 

乾燥には保湿


肌荒れの原因としてまず挙げられるのが『乾燥』です。そして、その中でも特に気になるのが皮膚表面の角質層の水分不足

通常、人の肌は外気にさらされています。暑い夏は強い紫外線に、寒い冬は冷たい北風に…肌にとってはとても過酷な環境です。それらが肌にとっては『刺激』や『乾燥』につながるのです。

紫外線も寒風も徹底的にカットすればよいのはわかっていても、それが簡単なことではないのは言うまでもありません。

ですから、乾燥による肌荒れへの対処法は『きちんとした保湿ケア』に尽きます。お風呂あがりには、特に水分が抜けた状態になりますので化粧水などでしっかり潤いを与えましょう。

乾いた肌にはこれでもか!という位のたっぷりの化粧水を使用するのが効果的です。具体的には衣類を着る前に1度化粧水を馴染ませ、着た後にももう1度…という位充分に、を意識しましょう。

肌のカサカサ乾燥状態を放置してしまうと、肌コンディションは途端に乱れ、湿疹やしわなど様々な肌トラブルが出てきますので注意が必要です。

毎日の正しいスキンケアで、充分な保湿を心掛け、乾燥知らずの潤いのある肌を保っていきましょう。

 

外的刺激には正しい洗顔法


髪や手の刺激、雑菌の繁殖、化粧品が合わない、メイク汚れが残っているなど、外的刺激も肌荒れの原因になります。

逆に間違った洗顔で皮脂を落としすぎてしまい、逆に皮脂の過剰分泌を招き悪化させることもあります。そんな皮脂不足による肌荒れの原因もやはり乾燥です。

20歳を過ぎてからから発生する皮脂不足の『大人ニキビ=吹き出物』なのか、10代の思春期の皮脂の過剰分泌が原因のニキビなのかの見極めも重要と言えるでしょう。

肌荒れには必要以上に触りすぎないことと正しい洗顔が大事です。

 

ホルモンバランスの乱れには規則正しい生活


夜更かし・暴飲暴食など生活リズムの乱れが肌荒れの原因になることも少なくありません

生活の乱れはホルモンバランスの乱れを引き起こします。その結果、しぶといニキビに悩まされたりするものです。

また、月経から排卵までの『卵胞期』である低温期に肌トラブルに悩むという方も少なくないですよね。

そんな肌荒れの原因は、その時期の乾燥ぎみの肌コンディション。それが排卵を境に『黄体期』と呼ばれる高温期に入ると、女性ホルモンである『エストロゲン(卵胞ホルモン)』が減少し、それと交替に皮脂の分泌を増やす役割を果たす物質『プロゲステロン(黄体ホルモン)』がグンと増えてくるのです。

乾燥のために角質が詰まりやすくなっていた状態の毛穴に、今度は皮脂が入り込みアクネ菌が元気になってニキビや吹き出物が増え、肌荒れの原因となるのです。

ホルモンバランスの変化や乱れによる肌荒れの原因への対処法は、規則正しい生活を心掛けることに尽きるでしょう。

 

食生活の見直し


肌荒れの原因が食生活や食の好みの偏りなどの場合も少なくありません。忙しい現代人は常に外食産業に頼ってしまいがちです。

その結果、脂質と糖質に偏りがちでビタミンB群やミネラルなど必要な栄養素が極端に不足している場合が多く、肌コンディションにも影響を与えます。

食生活の乱れやバランスの悪い食事は、肌のカサツキやブツブツ吹き出物など肌荒れの原因になります

特に塩分・糖分・脂質・カフェインの摂りすぎは禁物です。むくみの原因や皮脂が詰まってニキビ発生のキッカケにもなります。

肉だけ、野菜だけのような偏った食べ方も望ましくありません。厳しい食事制限ダイエットも肌荒れの原因になるケースも少なくないのです。

ビタミンAが極端に減少すれば、汗腺や皮脂の機能が低下し角質の保湿効果が弱まります。カラダの湿疹やおでこのニキビなど、肌荒れの原因は食事によることも多いのです。

食生活の乱れが原因の肌荒れの対処法は野菜を中心としたバランスのとれた食事を3食きちんと摂取すること。それが難しいという方は野菜ジュースやサプリメントを摂取することでバランスを整える努力をしましょう。

 

内臓疾患にも要注意


肌荒れと内臓の状態が深く関わっているケースもあります。どんなにスキンケアしても一向に肌荒れが改善しない場合や痒みを伴う場合には、内臓疾患の可能性を疑う必要があります

暴飲暴食の後、胃はそれを消化するため活発に働きます。それがキャパを越えてしまうと胃の疲労が口のまわりのカサカサや吹き出物のような肌荒れの原因となるのです。

内臓疾患の中でも、特に肝臓疾患の場合には注意が必要です。肝臓の機能が低下していて肌荒れという症状が出た場合には、他のケースとは違い自然治癒はとても難しく、悪化する一方だといいます。

あらゆる手を尽くしても肌荒れが治らない、痒みが酷い場合には単なる肌荒れではなく、原因に内臓疾患が隠れている可能性がありますので、病院で診てもらうことも必要です。

 

いかがですか。以上が気になる肌荒れの原因と確実に治す5つの対処法です。肌荒れと身体の病気の大きな違いは、肌荒れはほとんどの場合、ある日突然異常が見られ、気付いた時にはかなり症状が進行している状態です。

それはその肌荒れの原因が外的刺激によるものだったり、何らかの変化がもたらすものだったりするせいです。その様な刺激から完全・完璧に肌を守ることなど、残念ながら不可能ですから、肌荒れになってしまった時の正しい対処法を身につけておくこと大切だと言えますね。

一刻も早くその原因を突き止めて、一刻も早く正しい対応を施す…そのための知識を持つことと、その素早い行動力が肌荒れにはモノを言うのです。

まとめ

肌荒れの原因と確実に治す5つの対処法とは

・乾燥にはきちんとした保湿ケアを
・外的刺激には正しい洗顔法を
・ホルモンバランスの乱れには規則正しい生活を
・乱れた食生活には野菜を中心としたバランスのとれた食事を
・なかなか治らなければ内臓疾患にも要注意を