要注意!肌荒れを引き起こす3大原因とその対処

要注意!肌荒れを引き起こす3大原因とその対処
毎日の生活の中には、肌荒れの原因となるようなことがたくさんあります。「え!こんなことも?!」「そうだったんだ!」と思うような意外なことも、実は肌荒れの原因になっているのです。もちろん、そのすべてにきちんと理由があるので、正しいケアや対処で改善することができます。

「普段何気なくしていることが、肌荒れの原因になっていた」というのはちょっと悲しいですが、反対に考えれば「毎日の生活を少し気遣うことで、肌荒れは改善できる」ということになります。自分の生活習慣や行動を、良い方向に変えていけるキッカケにもなりますよね。そこで今回は、肌荒れを引き起こす主な原因3つにスポットを当てて、その対処法についてお伝えします。



 

要注意!肌荒れを引き起こす
3大原因とその対処

 

食生活が肌に及ぼす影響


毎日摂っている食事が、実は肌に大きな影響を与えているのです。ほとんどの場合、バランスの悪い食事などによる栄養不足が原因です。

「バランスの良い食事」と聞くと、野菜をたくさん食べてビタミン摂取を心掛ける、などを思い浮かべる人も多いかもしれません。ですが、「いろいろな物を、まんべんなく食べる」ことが「バランスの良い食事」につながるのです。

野菜をたくさん食べることが間違っているわけではありません。野菜と一緒に炭水化物やたんぱく質などいろいろな栄養素を摂ることがポイントになってくるのです。何か1つの食品だけを食べる「○○だけ」という食事法もよく耳にしますよね。それがラーメンなどの炭水化物だけなのはもちろんNGですが、野菜や果物であったとしても、偏食であることそのものが体には良くありません。1日のうち、どの時間帯もバランスの取れた食事をすることを心掛けましょう。

食事は、炭水化物・たんぱく質・ビタミンのバランスが基礎となります。その上で、意識してビタミンB群をたくさん摂取する、鉄やカルシウムが不足しないように気を遣うなど、自分に合った食事バランスを考えて肌荒れの原因に対処することが大切です。

また、食生活が乱れることによって、便秘になることがあります。便秘を引き起こすと、腸内に溜まった便が腐敗して、有害物質を生みます。その有害物質は、毛穴などの皮膚を通して排出されるのです。なので、便秘は肌荒れの原因と言えるのですね。

自分に合った食生活に熟知して、便通も良くすることで、肌荒れを防ぎましょう。

 

ストレスは大敵!心のケアも大事


日々、ストレスを感じている方も多いことでしょう。ストレスも、肌荒れの原因になります。そして、そのストレスからホルモンバランスを乱してしまうと、さらなる肌荒れを引き起こす原因になってしまいます。

女性ホルモンの場合、脳から分泌されています。ちょっとしたストレスも脳には大きな影響を与えるため、ストレスを感じてしまうとホルモン分泌が上手くいかなくなってしまいます

女性ホルモンには、肌の潤いやハリを保つ「エストロゲン」と、皮脂の分泌を促す「プロゲステロン」の2つがありますが、ホルモンバランスが乱れると、この2つの分泌が激減してしまいます。

「どちらかだけ分泌されていれば良い」というわけではなく、肌には両方が必要なのです。エストロゲンが減ることで肌のハリ・ツヤが失われたり、プロゲステロンが減って極度に乾燥した肌になってしまったりと、ホルモンバランスの乱れが引き起こす肌への影響は違っています。

ホルモンバランスの乱れはストレスが関係していますから、ストレスを軽減・解消することで、肌の調子は良くなると言えますね。

まず、しっかり睡眠を取ることによって、ストレスを和らげましょう。睡眠不足が続いたり不規則だったりすることで感じるストレスは、よく眠ることで改善され、肌荒れの原因を防ぐことができます。

軽く運動やストレッチをしたり、ゆっくりお風呂に入ったり、アロマテラピーなどでも、ストレスを軽減・解消させて肌荒れの原因に対処することができます。

 

間違ったスキンケアが肌荒れにつながる


肌にとって大事なスキンケアですが、間違った方法でケアしてしまうと、肌荒れの原因になってしまいます

まず始めに、自分に合った化粧水を使っていますか。肌の調子や年齢とともに、化粧水が合わなくなるのです。「化粧水が浸透しにくくなった」「保湿しても潤いが保たれない」など、合っていないかもと思ったら、違う化粧水を試してみましょう。肌の調子によって浸透力や保湿力も違うので、その日の状態に合わせて使い分ける手もあります。

保湿のしすぎも、実はよくありません。保湿そのものは大切なのですが、あまりやりすぎてしまうと、本来の肌の機能を低下させたり崩したりしてしまいます。また、1回に使う化粧水の量も見直してみましょう。人によって肌の質や状態が違うので、説明書通りが100%正しいとは言えないのです。自分の肌に合う使い方を見極めることが大切です。

そして、パックなどスキンケアのやりすぎにも注意が必要です。化粧水や美容液を頻繁に使ったり、パックの回数が多すぎることで、後々肌荒れを引き起こす原因につながります。さらには、老化の原因にもなるのです。スキンケアは、その日その時の肌の状態を見て、適したケアを行いましょう。

 

いかがでしたか。肌荒れの3大原因について「コレ、やってしまってた!」と思い当たるものがある人も多かったのではないでしょうか。食生活・ストレス・スキンケアといった項目がありましたが、「食生活を改善しているから、睡眠不足でも大丈夫」「スキンケアがバッチリだから、偏食でも良いだろう」と、何か1つにこだわらないようにしましょう。いろんな対処・改善をまんべんなく行っていくことが大切です。

また、人によって生活スタイルや肌の状態などは違っています。ですので、すべての人に共通した正解というものはありません。「コレが自分に合っている」と思ったり感じたりできることを習慣化して、肌荒れの原因をなくしていくことがベストです。

肌荒れの原因をしっかり防ぐことができる、自分の生活にピッタリな対処法や習慣を身に付けましょう。

まとめ

肌荒れを引き起こす原因に対処するには

・食生活を見直して、便通にも気遣おう
・ストレスを解消して心もケアしよう
・自分に合ったスキンケアで正しく肌を整えよう