肌荒れの原因は食事!?肌トラブルを引き起こす食生活とは

肌荒れの原因は食事!?肌トラブルを引き起こす食生活とは
吹き出物、カサつき、湿疹などの肌荒れの原因はスキンケアにあると思っている人は少なくありませんよね。もちろんそれも正解なのですが、健康なお肌の保つためにスキンケアと同じくらい重要なのが食生活です。

スキンケアは既にあるお肌を整えるためにする行為ですが、それ自体がお肌を生み出すわけではありません。きれいな肌は身体の内側から、その人が食べたものを原料として作られているのです。

つまり、お肌を健康に保つのに十分な栄養を摂れていなければスキンケアをどれだけ頑張ったって肌荒れしますし、逆に、栄養をしっかり摂っていれば入念なスキンケアをしなくても美肌を維持することができるようになります。

あなたは、どんな食事が肌荒れの原因になり、どんな食事がお肌に良いのかご存知でしょうか。そこで今回は、肌荒れの原因に繋がる食事についてお伝えします。



 

肌荒れの原因は食事!?
肌トラブルを引き起こす食生活とは

 

糖質が多いとビタミンB群がお肌に回らなくなる


お菓子やでんぷん質のものばかりを食べていると肌荒れの原因になるということは有名ですよね。これは、糖質を代謝する際にビタミンB群を大量に消費し、健康なお肌を作り、丈夫に保つためのビタミンBが足りなくなってしまうからです。

これによってニキビを始めとするたくさんの肌トラブルが発生するようになります。例えば、糖質過多により体内のたんぱく質の「糖化」が起こるとコラーゲンが変色するうえに硬くなり、くすみや黄ばみ、たるみやシワを生むと言われています。

最近流行の糖質制限食はダイエットだけではなく、若返りやニキビ予防にも効果的だと言われています。このように、糖質過多な食生活には美容面でのデメリットがたくさんあることがわかります。

 

お肌を丈夫にするビタミンACE不足


先ほど、ビタミンB群の不足に関し触れましたが、肌荒れの原因となるのはB群だけではありません。粘膜を丈夫に保つビタミンA、皮脂の酸化を防ぐビタミンEや、シミ、ニキビ予防のための栄養素として有名なビタミンCの不足も肌荒れを引き起こしやすくなります

ビタミンAは様々な野菜に含まれているためまず不足はしにくいです。しかし、日常的に使う食材にはあまり含まれていないビタミンEや、熱で壊れやすく、水溶性で体内に溜め込むことができないビタミンCは意識しなければ簡単に欠乏状態になってしまいます。

ビタミンAは緑黄色野菜、Eはアボカドやナッツ類、Cは生の野菜や果物に豊富に含まれています。これらの食材を欠かさず摂るようにしましょう。

 

暴飲暴食して胃腸を痛めると、肌荒れに繋がる


胃腸を痛めると口の周りに吹き出物が出やすくなるという話がありますよね。これは迷信でもなんでもなく、実際に起こりうることなのです。これは、胃腸に血液が留まりお肌に充分な栄養を運べなくなること、そして食べ物を消化吸収しにくくなるために結果的に栄養が不足してしまうという理由が考えられます。

最近暴飲暴食ばかりだという人は、それが肌荒れの原因だと考えて間違いないでしょう。しばらくの間は胃腸に負担がかかるものを控えて、消化吸収しやすい食べ物を腹八分目に食べるようにしてみて下さい。

 

食物繊維が不足すると便秘からくる肌荒れが起こる


現代人は食物繊維が不足しがちだと言われています。食物繊維が不足すると便秘になり、大腸がんのリスクが上昇するため危険視されているのですが、便秘は肌荒れの原因にもなるのです。

便秘になると大腸内に便が長時間留まることになり、悪玉菌が異常繁殖して毒素を生み出します。この毒素が水分と一緒に大腸から血管内に取り込まれることで体中を毒素が巡ることになります。この毒素はお肌から排出されますが、そのせいで肌細胞が忙しくなり、通常のお肌の新陳代謝が滞ってしまうため肌荒れを引き起こしてしまうのです。

食物繊維は野菜や海藻類に豊富に含まれています。最近野菜不足だという人は、もう一皿野菜の料理を付け足すなどして食物繊維不足を解消しましょう。

 

過度の脂質不足は乾燥肌を招く


油ものの摂り過ぎは皮脂の過剰分泌を引き起こし、ニキビなどの肌荒れの原因となると考えられていますが、だからと言って脂質を完全に除去したような食生活も、乾燥肌や敏感肌などの肌荒れの原因に繋がります。ダイエットで過剰な食事制限をするとお肌が荒れてしまうのは、知らないうちに脂質不足に陥っていること少なくありません。

お肌を保湿するためには適度な皮脂分泌が無ければいけません。その皮脂を作り出しているのは、食事から摂る脂質なのです。美容のために脂質を摂るなら、揚げ物やスナック菓子からではなくオリーブオイルや魚の脂肪分に含まれる必須脂肪酸を意識して摂るようにすると良いでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。肌荒れの原因となり得る食生活と改善方法についてお伝えしました。

栄養が足りない食事のせいで身体の内側から健康なお肌が作られない状態に陥ると、毛穴が詰まりやすくなってニキビが起こるほか、水分や脂質が不足して乾燥肌になります。また、お肌が弱ってしまってバリア機能が低下すると、湿疹やかぶれを引き起こしやすくなり、アクネ菌への抵抗力も失われてしまいます。

以上のことから、美肌のためには健全な食生活が欠かせないということがわかりますよね。忙しくて食べ物にまで気を遣えない生活をしている人や好き嫌いが激しい人は要注意です。これからは意識してお肌に良い食材を取り入れ、トラブル知らずの健康なお肌を作りましょう。

まとめ

肌荒れの原因となる食生活は

・肌の再生を促すビタミンB群が不足する糖質過多な食生活
・丈夫なお肌を作るビタミンACEが不足している食生活
・胃腸を痛め、肌荒れに繋がる暴飲暴食が多い食生活
・便秘を引き起こし、そのせいで肌荒れが起こる食物繊維不足の食生活
・乾燥肌を招く過度の脂質不足の食生活