生え際のニキビに要注意!髪の毛を失わない為に行う9つの対策!

生え際のニキビに要注意!髪の毛を失わない為に行う9つの対策!

生え際に、赤いニキビがあることに気づくことはありませんか?気になって思わず潰してしまって痛かった、という経験のある方もいらっしゃるかもしれません。ニキビは、毛穴から皮膚の表面に出て行くはずの皮脂が、何かの原因で詰まってしまい、毛穴が盛り上がった状態になったもの。

毛穴が詰まっているわけですから、そこから生えるはずの毛髪の成長を妨げる原因にもなってしまいます。つまり、頭皮のニキビを放っておけば、頭皮の炎症はますますひどくなり、抜け毛が進行してしまうのです。

頭皮にニキビができてしまったら、日ごろの生活を見直すよい機会だと考え、対策をとりましょう。今回は、生え際にニキビが見つかった場合の9つの対策法をご紹介します。



 

生え際のニキビに要注意!
髪の毛を失わない為に行う9つの対策!

 

潰さないように気をつけましょう


生え際にニキビができてしまったら、気になって潰してしまいたいと思うもの。ですが、むやみに触ったり、自分の判断でつぶすことは、大変危険ですのでやめましょう。

手や爪には、いくら清潔にしているつもりでもバイ菌がウヨ ウヨついています。その菌が頭皮につくことで、炎症を起こしたり、さらには、ニキビを悪化させてしまいます。

頭皮ニキビを自分でつぶすと、膿が皮膚の中に残ってしまい、繰り返してニキビができてしまい、皮膚へのダメージが強くなってしまうことで、ニキビの痕が残ってしまう原因にもなります。ニキビには触らない、潰さないことが鉄則です。

 

スタイリング剤を使わないようにしましょう


ヘアワックスやムース、ジェルなどのスタイリング剤は、余分な油分がついてしまうので、頭皮につくと毛穴をつまらせる原因になります。また、シャンプーのときは、洗い流さないタイプのトリートメントはNGです。

ニキビの治り が遅くなるばかりか、さらにニキビを増やすことにもなりかねませんので、一旦使用を中断し、頭皮を清潔な状態にしましょう。ニキビを早く治すためには、スタイリング剤を使わずにおきましょう。

炎症が落ち着くまでは、簡単に髪をとかす程 度のヘアスタイルに留めておくことをおすすめします。頭皮に刺激を与えないことが大切です。

 

枕カバーを清潔なものにしましょう


毎日使っている枕カバーは、寝ている間に、頭皮からでた汗や皮脂が染みこんで汚れています。このため、雑菌が繁殖して、頭皮ニキビの原因になることもありますので、できれば毎日枕カバーを取り替えたいものです。

枕にタオル を巻いて、タオルだけを毎日取り換える方法でしたら簡単ですね。また、頭皮ニキビに悩む方におすすめなのが「竹枕」。竹でできた枕で、通気性に優れていて、熱がこもりません。頭皮は汗をかきにくく、毛穴を清潔に保つことができるため、「育毛枕」とも呼ばれています。

 

シャンプー選びには注意が必要です


通常販売されているシャンプーには、汚れを落とす為に「界面活性剤」という成分が含まれています。この成分は、頭皮や髪の根本を痛めやすいと言われています。洗浄力の強すぎるシャンプーを使うと、頭皮が乾燥してしまい、結 果として皮脂の分泌を増やしてニキビができてしまいます。

頭皮への刺激が少ないシャンプーを使うようにしましょう。また、シャンプーが頭皮に残ったままの状態でいると、毛穴の詰まる原因になりますので、しっかり洗い流すようにしましょう。

 

髪をぬらしたまま寝ないようにしましょう


夜に髪を洗った後、きちんと乾かさずに寝てしまうことはありませんか?特に、ロングヘアの女性の場合は、乾かすのに時間がかかってしまい、乾かさない傾向があります。しかし、頭皮が濡れている状態では、つねに雑菌が繁殖しやすく、フケやかゆみの原因になることもあります。

老廃物の代謝が悪くなり、ニキビができやすくなりますので、必ず、しっかり乾かしましてから寝るようにしましょう。女性の場合は、一度ニキビができてしまうと、当分の間、カラーリングやパーマができなくなりますので、くれぐれも髪を労わる生活を心がけましょう。

 

紫外線のダメージから髪を守りましょう


頭皮ニキビの原因として、紫外線も大きな要因として挙げられます。頭皮は髪に守られていますので、紫外線を直接浴びているわけではないので大丈夫、と思っている方も多いでしょう。しかし、たとえ髪があったとしても、頭皮にも大量の紫外線があたっています。

紫外線が当たることで、汗や皮脂が頭皮にたまりやすくなり、毛穴が詰まり、ニキビの原因になります。特に、朝にシャンプーをして頭皮が濡れたままの状態で外出するのは、頭皮にも髪にもよくありません。

濡れた髪は紫外線にたんぱく質を破壊されやすくなっているので、通常の乾いた髪よりも大きなダメージを受けてしまいます。髪が濡れたまま、外出しないようにし、帽子をかぶるようにしましょう。

 

ストレスをためこまない生活を心がけましょう


ストレスがたまっているときや、女性の場合は、男性ホルモンの分泌が活発になった時など、頭皮には皮脂が過剰分泌されているために、ニキビができやすくなることもあります。このような体調のときに、頭皮を汗やホコリで汚れたままの状態にしておくと、さらにニキビの数が増えてしまいます。

また、ストレスが胃腸にも悪影響を及ぼし、消化不良をおこします。さらに、腸内環境が悪くなると、不要な毒素が排出されにくくなるため、便秘になったり、頭皮ニキビを招くことになります。

ストレスには適度な運動が効果的です。軽いウォーキングや、就寝前には軽いストレッチをするなど、自分なりのストレス解消法を見つけましょう。

 

質のよい睡眠をとりましょう


睡眠不足や質の悪い睡眠は、頭皮環境の悪化をまねき、頭皮のニキビの原因になります。健康な頭皮は睡眠中に作られ、特に夜の10時~2時の間は、成長ホルモンが盛んに分泌され、新しい皮膚細胞が生まれています。

この時間帯に質の良い睡眠をとることができないと、新しい頭皮が作られず、古い角質がどんどんたまりこんでニキビの原因になります。快眠できるように、眠る前には脳を休ませ、余計なことは考えず、ゆっくりした気持ちで眠るように心がけましょう。

 

食生活を改善しましょう


野菜を食べずに、揚げ物やファーストフード、肉類中心の食生活をしたり、ケーキなどの甘い物を食べすぎないようにしましょう。脂っこい食べ物や糖分の多いものばかりを食べていると、体の中の中性脂肪が増え、当然ながら、頭皮から分泌される皮脂の量も増えてしまいます。

つまり、食生活を改善するだけで、皮脂の分泌量を減らすことができ、頭皮のニキビ予防にもなります。自分の食生活を振り返ってみて、食事の内容が偏っていると自覚している人は、健康のためにも食生活を改善するようにしましょう。

 

いかがでしたか?

頭皮ニキビには、様々な要因が考えられ、過度のストレスや睡眠不足や偏った食事内容など、不規則な生活も大きな原因となっていることがお分かりいただけましたか?

薄毛で悩んでいる人は、頭皮の軽い炎症がきっかけで、薄毛や抜け毛が進行したという場合が多いです。ですから、たかがニキビと思わずに、しっかりと治す事が大切です。

頭皮ニキビを治すためには、睡眠時間は、6時間以上とるようにすること、バランスのとれた食事をするなど、日頃の生活習慣を見直し、ホルモンバランスの乱れを防ぐようにしましょう。

そして、頭皮が触れる場所は常に清潔にし、毛穴に余分な皮脂をためこまないように気をつけて下さい。これだけで、だんだんとニキビの炎症が落ち着いてきますし、ニキビの数も減少するでしょう。

 

まとめ

生え際のニキビに要注意!髪の毛を失わない為に行う9つの対策!

・ 潰さないように気をつけましょう
・ スタイリング剤を使わないようにしましょう
・ 枕カバーを清潔なものにしましょう
・ シャンプー選びには注意が必要です
・ 髪をぬらしたまま寝ないようにしましょう
・ 紫外線のダメージから髪を守りましょう
・ ストレスをためこまない生活を心がけましょう
・ 質のよい睡眠をとりましょう
・ 食生活を改善しましょう