はげでもモテる髪型で、人生の醍醐味を満喫するテクニック

はげでもモテる髪型で、人生の醍醐味を満喫するテクニック
はげでもモテる髪型なんて、はげているのを隠せているうちは考えもしないですよね。育毛剤や発毛剤に期待する方が自然です。だんだん髪が薄くなってくると、汗や雨などの水分だけが敵だと思っていたら、いつのまにか、前髪が風に耐えられなくなてしまいます。

髪をふんわりさせて、ごまかすのも限界となった時、そろそろ、髪型をなんとかしたいと思い始めます。髪が薄いなりに、少しでもオシャレに見える方がいいなぁと考えますよね。

今は幸いにも、髪が薄くても、有名人のかっこよく見える髪型を見かけるようになって、参考にできるおかげで、一般男性もオシャレなはげの人が増えています。そこで今回は、はげでもモテる髪型で、人生の醍醐味を満喫するテクニックについてお伝えします。



 

はげでもモテる髪型で、
人生の醍醐味を満喫するテクニック

 

ヘアカットのお願いの仕方


はげでもモテる髪型を手に入れる第一歩は、勇気ですよね。お店でカットしてもらうと思っても、躊躇してしまって、セルフカットで済ませてしまいがちです。「薄毛が気になるので、バランスのいい髪型にお願いします」と理容師さんに言ってみましょう。

次にポイントになるのは、言わない方がいい注文があることです。「こちら側の髪で、薄いところを隠すようにしてください」というように、細かいことを言うと、理容師さんから見たバランスが崩れてしまうからです。

はげでもモテる髪型のポイントは、ハゲている所を隠すことではありません。薄くなっているところとまわりの髪のバランスを調和させることなんです。そうすることによって、違和感のない髪型に仕上げることができます。

 

ボウズ・スタイルについて


はげでもモテる髪型で、だいたいの人が考えるのがボウズ・スタイルです。いっそのこと、ボウズにしてしまおうと思うのが薄くなった人たちの心情です。最近は、オシャレボウズという呼び方やスタイルができあがってきていることも一つの救いとなっています。

ボウズ・スタイルにするタイミングを紹介している雑誌の情報もあります。それは、「頭皮の露出が50%以上になったら、ボウズ・スタイルにしたほうがいい」というものでした。絶対というのではなく、決断する時の目安にすれば良いのではないでしょうか。

はげでもモテる髪型という意味では、ボウズ・スタイルもバリエーションが豊富になりましたよね。トップあたりだけに長さを残したベリーショートスタイルが主流になっています。アゴヒゲやメガネなんかとのバランスで、かっこいい人も増えています。

 

髪型の目安


どれだけ薄くなっているかで、目安とする「はげでもモテる髪型」をチェックしておきましょう。薄くなり始めたなぁと感じるくらいの場合は、ツーブロックやレイヤーと呼ばれるスタイルを基本にアレンジするのが良いでしょう。

ツーブロックの特徴は、サイドを短く刈上げるところです。視覚効果を狙うことがポイントです。相手の視線がトップの方に向くようにすることができます。レイヤーの特徴は、段差をつけることです。前髪を残したい人に向いています。

いよいよ、薄くなったことがごまかし切れないなぁとなったら、ベリーショート、あるいは、ボウズ・スタイルということになるでしょう。その一歩手前には、ソフトモヒカンというスタイルがあります。

 

髪型のオシャレなワード


はげでもモテる髪型にするには、髪型のオシャレなワードを覚えておくと、チャレンジする時に参考になりますよ。まずは、ツーブロックです。ツーブロックには、「前髪下ろしツーブロック」「ツーブロックモヒカン」「ツーブロック×オールバック」などがあります。

次はショートスタイルです。「ショートレイヤー」「トレンチベリーショート」「スパイキーショート」「アップバングショート」などがあります。アップバングは前髪を上げるスタイルです。あえて、M字はげになっているところを分け目にして、髪を上げるスタイルもあります。

ウルフスタイルというのも組み合わせることが多いですね。トップとバックをオオカミのたてがみ風にする感じです。ショートレイヤーには、「ムービングショートレイヤー」といって、毛先を遊ばせるスタイルもあります。

「ビジネスショートヘア」や「スタイリッシュおしゃれボウズ」「プレミアムクレストバング」「ヨーロピアンルーズショート」など、形容詞の組み合わせのように、スタイルの呼び名は限りなくあります。画像の見本を見つける時の参考にしてみてください。

 

以上、はげでもモテる髪型で、人生の醍醐味を満喫するテクニックについてお伝えしました。はげでもモテる髪型のポイントは、短くすることです。決して、髪を伸ばして隠そうとしないことです。

ショートヘアにするポイントは、正面から見た時、縦長に見えるバランスを意識することにあります。サイドと前髪を短くする!それが基本となります。

はげてる部分が目立ってしまって、かっこよく見えないのは、髪の長い部分と髪の薄い部分の差が大きいからです。よりバランス良く見せるには、ショートヘアが適しているのです。

海外の男性では、ボウズ・スタイルやソフトモヒカンは珍しいスタイルではありません。日本人男性の間でも、タレントさんやスポーツ選手を中心に広がりつつあります。

 

まとめ

はげでもモテる髪型で、人生の醍醐味を満喫するには

●「薄毛が気になるので、バランスのいい髪型にお願いします」と理容師さんに言う。
●頭皮の露出が50%以上になったら、ボウズ・スタイルもあり。
●ツーブロックやレイヤーならアレンジも可能。
●髪型のオシャレなワードを覚えて、チャレンジしてみる。