はげを予防する心理的ケアを知れば無駄なコストが激減する!

はげを予防する心理的ケアを知れば無駄なコストが激減する!
男性にとって髪の毛が薄くなってくることは恐怖かもしれません。はげを予防しなくてはならないと気になることでしょう。朝起きて、枕元に抜け毛を発見するとはげるのではないかと恐怖を感じるようです。髪の毛をシャンプーしていて抜け毛が尋常ではないほどの量だと、はげるのではないかと悲しくなります。

はげは予防できないのでしょうか。男性がはげる原因は、男性ホルモン、睡眠不足、遺伝、偏った栄養、ストレスなどが挙げられます。生活習慣、自分に合わないシャンプーや整髪料を使うこと、シャンプーの仕方などもはげる原因だと言われています。

男性のはげの治療として、病院で治療することもできます。AGA治療と言われる治療で、飲み薬と塗り薬で治療していきます。しかし副作用のリスクもあり、長期間飲み続けなければならず、薬を止めるとまたはげが進行していきます。健康保険の適用外のため全額自己負担となり、高額のお金がかかることも覚悟しておかなければなりません。

はげの予防として、増毛・植毛などを考える人もいるでしょう。増毛サロンで増毛することになりますが、1本30円〜50円ほどで、1000本以上施術するケースが多いです。少なくとも30万円くらいはかかります。植毛も生え際だけなど少ない範囲だと50万円ほどで、広範囲になると150万円を超えることもあります。

かつらという方法もありますが、耐用年数まで持たないこともあり、数百万円の契約をさせられることもあります。はげを予防する心理的ケアを知り、考え方を変えると無駄なコストがかかりません。はげを予防する心理的ケアを知れば無駄なコストが激減することをお伝えします。



 

はげを予防する心理的ケアを知れば
無駄なコストが激減する!

 

髪が減っても気にしないでおこう


はげを予防する心理として、男性は髪が減ってきても気にしないでおきましょう。人間は髪の毛は1日に100本くらい抜けます。枕に髪の毛が抜けていても、お風呂でシャンプーした時に抜けても多少は大丈夫です。

生活習慣の中ではシャンプーした時に1番髪の毛が抜けることが多く、洗髪時に約150本ほど抜けることもあります。薄毛の原因にはストレスも関係するので、「髪の毛が薄くなってきたかも」と悩むこと自体がストレスになってしまいます。はげを予防するには、男性は髪の毛が減っても気にしないくらいの方が良いでしょう。

 

女性はそんなに見ていないことを知ろう


はげを予防したい人の中には、髪の毛が薄くなると女性が頭を見ているような心理になる人もいます。髪の毛が薄くなると、女性の視線が自分の頭ばかりに集中しているような気分になる人もいるでしょう。はっきり言って、女性はそんなに男性の髪の毛を気にしていません。

女性は男性も加齢によって髪の毛がだんだん薄くなることを分かっています。はげの予防を考える男性は、帽子をかぶって隠したり、髪の毛が崩れないように気にしたりしない方が良いです。女性はそんなに男性の髪の毛を見ていないということを知りましょう。

 

堂々としていよう


はげを予防する男性は、髪の毛が薄くなってきても堂々としていたほうが男らしくて好感が持てます。男性は「はげたらモテないのではないか」と考えるかもしれません。薄毛を気にしておどおどしたり、自信のない表情でいる方が、女性にとっては魅力を感じなくなります。はげでも堂々としている男性の方が魅力的に見えます。

はげを予防しようと考えている男性は、髪の毛より、清潔感や服装を気にした方が良いでしょう。女性は清潔感のない男性、洗濯していない服を着ている男性、体臭や口臭のある男性の方が周囲に迷惑なので困ってしまいます。はげても清潔感があって、堂々としている男性の方が魅力があります。

 

客観的には薄くない場合が多いことを知ろう


はげを予防したい男性の中には、自分は髪の毛が薄いと思い込んでいる場合があります。自分では髪の毛が薄いと思っていても、他人が客観的に見ると薄くない場合が多いです。はげを予防しようと思っている男性は、一度客観的に自分の髪の毛を考えてみることをお勧めします。

枕元に落ちた抜け毛を見て焦ったり、洗髪時の抜け毛の量に驚いているだけということも考えられます。人間は1日に100本は髪の毛が抜けるのですから、抜け毛があるのは自然現象です。自分が思っているほど、他人は貴方の髪の毛を薄いと思っていないこともあります。

 

健康さをアピールしよう


はげを予防したい人は、髪の毛が薄くなってきても健康さや元気さをアピールすると良いでしょう。「はげている人=老人」のようなイメージが日本では持たれています。はげていると不健康なのではないかとか、老化しているように思われる場合があります。

はげを予防したい男性は、スポーツをしたり、体を鍛えたりして若くて健康的なイメージを保つように努力しましょう。新しいスポーツにチャレンジしたり、筋トレに励むと、女性からも良いイメージを持たれます。もちろん健康に良いバランスの取れた食事も摂りましょう。

 

坊主頭にしてみよう


はげを予防する男性は、髪の毛が薄くなってきてセットに困ったら、坊主頭にするのも1つの方法です。髪の毛を短くすると髪の毛の薄さが目立ちにくくなります。短い髪の毛の方が清潔感があり、女性からも好感を持たれます。

はげの予防に徹するよりも、思い切って短髪か、坊主頭にすることをお勧めします。仕事上完全な坊主頭にすることが難しい場合は、短めに切るだけでもだいぶ違ってきます。毎日の生活で髪の毛の薄さに悩む必要がなくなり、気持ちがスッキリします。

 

笑顔でいよう


はげを予防しようと考えていると、どうしても表情が暗くなったり、引け目を感じがちです。はげていても笑顔でいる人の方が大らかな印象を与え、周囲からも好感を持たれます。はげているとモテないと考える人もいるかもしれませんが、モテない原因は薄毛にあるのではありません。

髪が薄くなって自信が持てなくなり、表情が暗くなると女性は魅力を感じなくなります。はげを予防したい人は、髪の毛が薄くなってもむしろ笑いのネタにするくらい明るい方が女性にモテます。男性の魅力は髪の毛の量ではないことを知っておいた方が良いでしょう。

 

どうでしたか。

はげを予防する心理ケアを知れば無駄なコストが激減することを紹介しました。はげが進行していくと心理的にかなり辛くなる男性が多いようです。いろいろ薄毛対策を練っても上手くいかないと更にストレスになり気分が落ち込むことになります。

はげを予防しようと考えるより、あまり気にしない方が髪の毛には良いようです。ストレスが血行や自律神経に良くないので、悩むとかえって薄毛になってしまいます。かつらや増毛、植毛はお金もかかります。かつらだと髪の毛がフサフサになりますが、今度はどの時点でかつらを取るかが問題になってきます。

年齢は重ねていくのに、かつらで不自然なほど髪の毛がフサフサだとかえって目立ちます。そういう点でもかつらで悩んでいる人もいます。はげを予防しようと思って育毛剤を使うのも1つの方法かもしれません。しかし全ての人に効果があるとは限りません。

効果があるものを探し続けると高額なお金をかけることにもなります。はげても魅力的な人はたくさんいます。はげを予防しようとくよくよ考えるよりも、明るく前向きに考える男性の方が魅力があります。髪の毛が薄いかもしれないと思ったら、目立ちにくいように短髪にして笑顔でいる方が断然男らしいです。皆さんも参考にしてみてください。

 

まとめ

はげを予防する心理的ケアを知れば無駄なコストが激減することは

・薄毛に悩むこと自体がストレスになるので、髪が減っても気にしないでおきましょう。
・女性は男性の頭ばかり見ていないことを知りましょう。
・髪の毛が薄くなってきても堂々としていましょう。
・客観的には髪の毛が薄くない場合が多いことを知りましょう。
・髪の毛が薄くても健康さや元気さをアピールしましょう。