頭皮が臭いひとは気をつけた方が良い7つの事

頭皮が臭いひとは気をつけた方が良い7つの事

ひとことで「頭皮の臭い」と言っても、その種類やシチュエーションは実にさまざま。脂っぽい臭いもあれば、汗の臭い、かび臭いような臭い…また、夕方に臭いが気になる人もいれば、洗っても臭いが取れないと悩んでいる人もいたり。

中には、自分では気づかなかったけど周囲の人から指摘された、という人もいますよね。他の部分と違い、頭皮は拭いたり洗い流したりが難しい場所。それだけに、臭いの根本から解決することが重要なのです。

今回は、「頭皮の臭いの種類とその原因、そして対処法」をピックアップしてみました。これらを実践すれば、今悩んでいる頭皮の臭いが少しずつ改善していく可能性があります。臭いなんか気にならない清潔な頭皮のために、ぜひ参考にしてみてください。



 

頭皮が臭いひとは
気をつけた方が良い7つの事

 

脂や蝋のような頭皮の臭いの原因とは?


ある程度の年齢になると避けて通れない問題「加齢臭」。もちろん頭皮の臭いの原因でもあります。加齢臭は「ノネナール」という物質が原因。40歳前後に代謝が低下したり抗酸化力が衰えたりすると、それと反比例して発生し始めます。

なので、加齢臭を抑えるにはノネナールが発生しにくい、若々しい体を作ることが必要になってきます。具体的に言うと、タバコをやめる、お酒はほどほど(抗酸化力を期待するなら赤ワインがいいかも)、肉食を控え野菜をたっぷり摂る、十分な睡眠…と、体にも良いことばかり。頭皮の臭いだけではなく健康のためにも、ぜひ実践してみてください。

 

男性に多い、酸化したような頭皮の臭いの予防法とは


頭皮は体のなかで一番皮脂が多いところ。なんと、皮脂腺の量がおでこや鼻の約2倍もあるんです。この皮脂が空気に触れると、頭皮から酸化したような臭いを発してしまいます。

朝シャンプーしても夕方には頭皮が脂っぽくなる人は、とくに皮脂の分泌量が多い可能性があり要注意。男性は女性より脂っぽくなりやすいのでしっかりケアしましょう。余分な皮脂の分泌を抑えるには、脂っぽい食べ物・甘い食べ物を控えめにしたり、適度に運動したりすると良いといわれています。

 

今すぐ生活を見直して!現代女性の頭皮の臭いの原因


皮脂が男性より少ない、とは言っても、女性の頭皮の臭いに皮脂が関係ないわけではありません。近頃は仕事を持つ女性も増えていますし、そのせいでさまざまなストレスにさらされていますよね。

ストレスは女性ホルモンのバランスを崩して皮脂の分泌を活発にするので、当然頭皮の臭いの原因にもなります。ストレスのない環境を整えるのが一番なのですが、なかなか難しいですよね。

自分に合ったストレス解消法を見つけて、溜まってしまう前に上手に、かつこまめに発散しましょう。そしてなにより規則正しい生活を心がけましょう。

 

腐敗臭!?頭皮の脂を取りすぎないようにしよう


とくに男性向けに多いですが、皮脂を除去する機能の高いシャンプーは脂分を取りすぎてしまい、必要最低限の皮脂まで奪ってしまうことがあります。

本来適度な皮脂が雑菌の繁殖を抑えるはずが、そのバリアがなくなったために雑菌の温床になってしまい、頭皮から腐敗したような臭いがするようになってしまいます。

また、必要な分まで奪い去られたことで逆に皮脂の分泌が活性化し、以前より脂っぽくなるという本末転倒な結果を招くことも…。適度に脂分を残すアミノ酸系シャンプーの使用も検討してみてはいかがでしょうか。

 

整髪料はちゃんと落としきろう


身だしなみで髪を整えるのは常識。周りに不快な思いをさせないよう良い香りの整髪料を選ぶ人も少なくないですよね。でも、その整髪料が臭いの原因にもなりえるのです。

頭皮の脂分はいろいろな物質と結びつく性質を持っていて、整髪料も例外ではありません。その上空気中の化学物質や雑菌とも結びつき、酸化したような臭いを発し始めます。

そして一度酸化した皮脂をシャンプーだけで落とすのは大変!酸化した皮脂は毛穴に入り込んで詰まらせてしまいます。頭皮の臭いばかりか、にきびや脱毛にも繋がってしまうのです。

頭皮を清潔に保つのはもちろん、シャンプー時のマッサージで血行を良くしましょう。整髪料が残らないよう二度洗いすることも効果的です。

 

頭皮の臭いを防ぐ洗い方を覚えよう


「毎日洗っても頭皮の臭いがなくならない」と悩んでいる人の中には、間違ったシャンプーの仕方で汚れを十分に落とせていない人もいます。正しいシャンプーのポイントは次の通り。ぜひチェックしてみてください!

1.シャンプーする前によく髪をとかす
2.シャワーで頭皮と髪の汚れをしっかり洗い流す。濡らすだけはだめです!
3.シャンプーはよく泡立てて。指の腹で頭皮をマッサージ。爪を立てないように!
4.すすぎもしっかり。ぬるつきが残っていないかマッサージしながら確認を

 

髪をきちんと乾かそう


正しい洗い方で頭皮も髪もすっきり!これでばっちり!と思うのはまだ早い!濡れた髪も、頭皮の臭いの原因になり得るって知ってましたか?放っておけば乾くとか、熱で髪が痛みそう、とドライヤーをかけない人は要注意。

頭皮から生乾きの洗濯物のような臭いが発生してしまいます。頭皮の湿度が上がり、雑菌の温床になるのがその原因。せっかくのきれいな状態をキープするためにも、今日からきちんと乾かしましょう。

 

いかがでしたか。

頭皮という場所は、自分では臭いを把握しにくい上に、誰かに嗅いでもらって臭いの感想を教えてもらう…というのもなかなか勇気が必要なところ。臭うかな?と思ったらすぐに拭いたり洗ったり、という方法もとりにくい場所ですよね。

でも、周りのみんなが迷惑しているかも…と思うと、いますぐに対策が必要な部分でもあります。これらの方法は、始めてからまもなく効果が出るものばかりではありません。

日ごろの習慣や食生活を見直したり、体質そのものを改善したりと、時間と地道な努力が必要なものもあります。でも、少しずつでも出来る範囲から改善していけば、きっと頭皮の悩みから開放される日が来るはず!もう満員電車やエレベーターでびくびくしないように、自信の持てる頭皮を育てましょう。

 

まとめ

頭皮が臭いひとは気をつけた方が良い7つの事

・ 脂や蝋のような頭皮の臭いの原因とは?
・ 男性に多い、酸化したような頭皮の臭いの予防法とは
・ 今すぐ生活を見直して!現代女性の頭皮の臭いの原因
・ 腐敗臭!?頭皮の脂を取りすぎないようにしよう
・ 整髪料はちゃんと落としきろう
・ 頭皮の臭いを防ぐ洗い方を覚えよう
・ 髪をきちんと乾かそう