屁が臭いのは内臓がヤバい事になっているかもしれない理由

屁が臭いのは内臓がヤバい事になっているかもしれない理由
屁と言えば、臭い。これが、皆さんの認識かもしれませんね。しかし、実は健康的な生活と、バランスの取れた食生活を送っていれば、屁の臭いは殆ど無臭なのです。

屁の成分の7割は、窒素や酸素、炭酸ガスなどで、日頃無意識に飲み込んでいる空気です。空気に臭いはありませんよね。ということは、残り3割の中に、屁を臭くする原因があるということですが、この3割は、血液中のガスが腸に出てきたものと、食べ物を分解する時に発生したガスで、生活習慣やストレスの有無、食べ物の内容などによって、大きく臭いが変わります。

何かしらの原因で、腸内で悪玉菌が増えてしまうと、屁が物凄く臭いということになってしまいます。そして、恐いのは、ただ不健康なだけではなく、屁が臭いのは、病気のサインかもしれないということです。

そこで、屁が臭い時に考えられる原因や、病気の可能性についてお話します。



 

屁が臭いのは内臓がヤバい事に
なっているかもしれない理由

 

食生活が肉食に偏り、悪玉菌が元気になっている


屁の臭いは、どんな腸内細菌が活発に働いているかによって大きく左右されます。健康的な臭いのない屁は、善玉菌が一生懸命働いてくれ、大腸の入り口付近でたんぱく質を分解してくれます。一方、食生活が乱れて、特に肉食に偏ると、腸が消化しきれなかったたんぱく質を、大腸の出口近辺で悪玉菌が腐敗させてしまいます。この時に、硫化水素やスカトールなど、悪臭を放つガスを発生させてしまうのです。そして、このガスは人間にとってあまり良いものではありません。場合によっては病気を引き起こす因子になりうるものです。

肉はやっぱり美味しいですよね。ガツンと食べたい日もありますよね。肉だけじゃなく、ビールだってスナック菓子だって、美味しいものはなぜか体に良いものとは限らないものばかり。

だけど、食べたいものばかり食べ続けるのは、やはり体には良くないのです。腸内細菌が悪玉菌ばかりになってしまうと、腸の活動が低下し、様々な体調不良や病気を引き起こしかねません。羽目をはずす日があっても良いですが、善玉菌を増やす発酵食品や野菜なども食べるように心がけましょう。

 

便秘で、古い便が腸内に溜まっている


便秘の場合も、屁は臭います。毎日排便があるから便秘じゃないと思っている方はいませんか?便秘は、腸内に古い便が溜まってしまう病気ですが、毎日排便があっても、腸内で便が行列を作っているだけで、立派な便秘という場合もあり得るのです。

便秘だと、当然便そのものが臭いますから、便の溜まった腸内を通って出てくる屁が臭いのは当然ですが、それだけではなく、便秘は腸内の悪玉菌を増やしてしまうので、更に屁が臭くなってしまいます。

慢性的な便秘は、大腸がんの原因とも言われています。毎日排便があっても、屁が臭い場合は、便の状態を観察し、お腹の張りなどに注視しましょう。

 


ストレスや疲れで、自律神経が乱れている


胃腸は副交感神経が活発な時に良く動きます。副交感神経とは心身の疲れを回復させ、リラックスさせる神経ですが、ストレスが多い生活をしていると、緊張状態となり、副交感神経が上手く働かなくなってしまいます。すると、腸内活動が悪くなり便秘になったり、逆に過度に動き下痢になったりしてしまいます。腸内の調子が悪いと、当然悪玉菌が増えるので、屁は臭いです。

食事内容に気を付けていても、屁が臭い場合は、ストレスで心身が参っていて、腸の動きも悪くなっていることが考えられます。放置すると、自律神経失調症になるまで悪化してしまうかもしれません。屁が臭い時は、体に負担をかけるなという腸からのサインです。できるだけ休養して、意識的にリフレッシュできる機会を作りましょう。

 

致命的な運動不足で腸内活動が鈍化している


便秘の原因の1つに運動不足がありますが、便秘にならなくとも、運動不足は血行が悪くなり、腸の活動も鈍化してしまいます。腸がしっかり活動しないので、老廃物は溜まり、消化機能も落ち、悪玉菌も増え、屁が臭くなってしまうのです。

やはり、適度な運動は大切です。運動をする時間が作れない場合は、歩く速度を少しスピードアップしたり、意識的に階段を使ったり、奇麗な姿勢を保つなどするだけでも良いでしょう。運動は腸に適度な刺激を与え、血行も良くなるので、腸内活動が活発になります。

 


胃腸に何か病気が隠れている


最も恐いのは、屁が臭い理由が病気の場合です。例えば、大腸がんの場合の屁は、腐った玉ねぎのような臭いがすると言われています。これは、この臭いの原因ガス、メタンチオールが大腸がんになると10倍以上に増えるからです。屁が臭い病気はこれだけではありません。潰瘍性大腸炎の場合の屁は、腐った卵のような臭いがします。

屁が臭いだけではなく、その臭いが明らかにいつもとは違い過ぎる異臭の場合は、恐い病気が潜んでいるかもしれません。

 

いかがでしたでしょうか。

たかが屁の臭いと侮ってはいけません。屁は大切な健康のバロメーターなのです。屁が臭い時は、自分の生活を見直す良い機会でもあります。無理し過ぎていないか、ついつい飲みすぎたり食べ過ぎたりしていないか、毎日頑張り過ぎてストレスが爆発寸前になってはいないか、ちょっとだけ振り返ってみましょう。

腸は第二の脳と言われるくらい、大切な臓器です。栄養を吸収し、自分にとって、何が良いもので何が悪いものか覚えてくれるのです。屁が臭いのは、腸が「体に悪いものが多いですよ」と教えてくれているということです。

屁がいつもより臭い時は、食生活を整えて、充分休養をとりましょう。そして、異常に屁が臭い、しかも腐敗したような嫌な臭いがする時は、病気の可能性もあるので、きちんと病院を受診してくださいね。

 

まとめ

屁が臭いのは内臓がヤバい事になっているかもしれない理由

・食生活が肉食に偏り、悪玉菌が元気になっている
・便秘で、古い便が腸内に溜まっている
・ストレスや疲れで、自律神経が乱れている
・致命的な運動不足で腸内活動が鈍化している
・胃腸に何か病気が隠れている