身長と体重から肥満度をチェックし健康的な体になる美容術

身長と体重から肥満度をチェックし健康的な体になる美容術

今回は、肥満度についての話をします。多くの人が感じている様に肥満は、健康的に良くありません。それを裏付けるデータとして、米国の研究では、肥満と診断された人は標準体重の人よりも死亡率が高いという研究結果が出ました。その為、肥満体型の人は体重を減らす努力が必要です。

実際、自分がどの位太っているのか数値的に理解する事が出来れば体重コントロールもしやすくなりますよね。この様なニーズから自分の身長と体重を使って肥満度をチェックする方法が使用される様になってきました。

BMIによって自分の肥満度を客観的に知る事は、体重をコントロールしやすくするだけでなく、自分に合ったダイエット方法を選択する上でも役に立ちます。今回は身長と体重から求めるBMIを使った肥満度のチェック方法と健康的な身体を手に入れる方法についてお伝えします。



 

身長と体重から肥満度をチェックし
健康的な体になる美容術

 

自分のBMIを測定してみよう


まずは、BMIとは何かという事から説明していきましょう。BMIとはBody Mass Indexの略で自分の身長と体重から肥満度を割り出す方法です。BMIは体重(kg)÷身長(m)×身長(m)で表された数値です。

例えば身長160cm、体重50kgの人のBMIは19という事になります。さて、ここで出てきた数値の範囲で肥満度が決まります。肥満度はBMI25~肥満となり、17以下が低体重となります。

最も健康的に過ごせるとされる標準体重は22となります。この様に自分の身長と体重から自分のBMIをチェックしてみましょう。目標にしたいBMIの数値から目指すべき体重を割り出す事も出来ます。

 

自分が目標にするBMI指数を決めよう


現在の身長と体重からBMI指数を求めたら、次に自分が目標とするBMI指数を決めて下さい。それによって目標体重が決まるでしょう。BMIが25以上の人は標準体重であるBMI22を目指すと良いでしょう。

BMIが22を目指す場合、身長160cmの人であれば、目指す体重は56kgという事になります。現在すでに標準体重であり、更に体重を落としたいという場合は美容体重を目指してみましょう。

美容体重はBMIが20となり、目標を達成するには少しハードルが上がります。身長160cmの人なら51kgを目指す事になります。それぞれ目標とするBMIによりダイエット方法は異なります。効率良くダイエットを進める為にも目標をしっかりと定めて下さい。

 

標準体重を目指す人は生活習慣を変えてみよう


標準体重は身長と体重の比率が最も効率的で、医学的にも健康的に生活出来る体重として推奨されています。この為、健康的な生活をしたいという方は標準体重を維持する様に心がけて下さい。

標準体重を目指す人が取り組むと良い方法は生活習慣を変えて痩せやすい体を作る事です。どの様にそう出来るでしょうか。特に食習慣を変える事が出来ます。基本的な事ですが、食事を取る際はよく噛んで食べる事が効果的です。ゆっくり食べる事は食べ過ぎを防ぐ効果があります。

また一日三食をしっかり取る事も大切です。痩せたい人は食べるという事に抵抗があるかもしれません。しかし、食事を抜くという行為は、体が太りやすくなる原因となります。朝食を抜いてしまうという人は多くいますが、標準体重を目指している人は、一日三食しっかり食べる様にしましょう。

 

美容体重を目指す人は一日の消費カロリーを増やす努力をしよう


美容体重は標準体重に比べ、見た目を重視したいという方にお勧めです。美容体重を目指したいという方は、食習慣を変えるだけでは達成出来ません。美容体重を目指す方は一日の消費カロリーを増やす努力が必要です。

2つの方法があります。1つは基礎代謝を高めるという事です。基礎代謝を高めるには体の筋肉量を上げる事が必要です。全身の筋力トレーニングを行うと良いでしょう。スクワット等の全身を使った運動であれば効率的に筋肉量を増やす事が出来るでしょう。

もう一つ出来る事は、有酸素運動です。有酸素運動を行う事で消費カロリーを増やす事が出来るでしょう。有酸素運動をする前に筋力トレーニングを行なうと脂肪の燃焼効率が上がる事が分かってきました。筋力トレーニングと有酸素運動を組み合わせたサーキットトレーニングは美容体重を目指す方にとってお勧めのトレーニング方法と言えるでしょう。

 

BMIを使って痩せすぎていないかチェックしよう


身長と体重から肥満度をチェックする理由として痩せすぎていないかを確認する目的もあります。最近のTVや雑誌の影響により多くの女性が理想とする体重は標準体重や美容体重を大きく下回っています。

冒頭で肥満は健康に良くないという話題を出しましたが、痩せすぎにも注意が必要です。身長と体重の割合であるBMIが18を下回ると体には不調のサインが現れます。

具体的には体力の低下や肩こり、腹痛や貧血等の症状が現れるでしょう。また、女性の場合、妊娠時のリスクも高まります。健康的に生活する為にも、身長や体重を定期的に測定して痩せすぎていないか確認する事が大切です。

 

いかがでしたか。

ダイエットは綺麗になりたい女性にとって関心事の高い事柄の一つです。今回はBMIを使って目標とする体重を決定し、ダイエットをする方法を学びました。今日考えてきた様に、自分の身長や体重から肥満度をチェックして健康的な体を手に入れましょう。

今回は肥満度を測定する為にBMIを取り上げましたが、BMIの落とし穴が一つだけあります。それは、BMIは身長と体重のみを考慮に入れており、筋肉量や体脂肪は考慮されていないという点です。

その為、BMIだけでなく、体脂肪の測定等を行い総合的にチェックすると更に良いでしょう。筋肉は代謝を上げるだけでなく、プロポーションを維持する上でとても大切です。体重だけに注目するのではなく、ボディバランスを意識して綺麗な身体作りを目指しましょう。

 

まとめ

身長と体重から肥満度をチェックし健康的な体になるには

・ 自分のBMIを測定してみよう
・ 自分が目標にするBMI指数を決めよう
・ 標準体重を目指す人は生活習慣を変えてみよう
・ 美容体重を目指す人は一日の消費カロリーを増やす努力をしよう
・ BMIを使って痩せすぎていないかチェックしよう