肥満の原因をよく知って、計画的に痩せる5つの生活習慣

肥満の原因をよく知って、計画的に痩せる5つの生活習慣

肥満の原因の仕組みはいたってシンプルです。摂取したカロリーが消費したカロリーより多い場合、そのオーバー分が脂肪となって蓄積され、やがて肥満と呼ばれるような体型となってしまうのです。これは誰もが知っていることですが、肥満で悩んでいる方は数多くいます。

そんな方々の中には、肥満を改善しようとダイエットを試みたことがある方も多いのではないでしょうか。ですが、ダイエットを成功させるのは決して簡単ではありません。成功例より失敗例の方が遥かに多いのです。ダイエットを成功させるには、痩せるための体作りが必要です。

そしてそれは一朝一夕では成し得ません。日々の生活習慣自体の改善が必要となります。では、どのように改善していけば良いのでしょうか。今回は、肥満の原因とともに痩せるための生活習慣をお伝えします。



 

肥満の原因をよく知って、
計画的に痩せる5つの生活習慣

 

暴飲暴食は控えましょう。


言うまでもありませんが、暴飲暴食は肥満の代表的な原因の一つです。冒頭でも書きましたが、摂取するカロリーが多すぎるために肥満になっていくのです。肥満になりたくないのであれば、まずは摂取するカロリーを減らさなければなりません。食べる内容にも気を配りましょう。

インスタント食品やファーストフードはビタミンやミネラルが乏しく、代わりに糖や脂肪が多く含まれています。また極端に偏った肉食も内臓脂肪の増加の原因となります。暴飲暴食は肥満の原因となるだけでなく、内臓への負担も大きいためその他の病気の原因にもなります。暴飲暴食は控えるようにしましょう。

 

基礎代謝を上げましょう


運動による消費カロリーを調べると、その負荷に対する消費カロリーの少なさに驚かされます。例えば、ポテトチップス一袋分の消費カロリーを相殺するには、10kmのランニングが必要になります。運動はとてもよい習慣ですが、消費カロリーだけを考えればそれだけで痩せていくのは大変です。

では、どうすればいいでしょうか。人間は、生きているだけでカロリーを消費していきます。年齢や身長、体重、普段の食生活でも変動しますが、千数百kcalを何もせずに消費しているのです。この基礎代謝を上げていけば、太りづらい体作りができると共にダイエット後もリバウンドしにくくなります。

基礎代謝を上げる方法としては、以下のものがあります。噛みごたえのある食べ物を食べる、鳥のササミや白身魚などの脂肪分の少ないタンパク質を摂る、食事前に短いエクササイズをする、基礎代謝の上昇はダイエットを進めていく上で重要な要素となりますので、ぜひ実践してください。

 

便秘を解消しましょう


女性の中には便秘でお悩みの方も多いかもしれません。そんな便秘は肥満の原因となるのでしょうか。実は便秘と肥満はとても関係の深いものなのです。摂取された食べ物は胃や小腸で吸収され、その残りが大腸へ送られて最終的に便として排出されます。

この残りには吸収されなかった余分な脂肪や糖も含まれています。通常は大腸に送られた残りは水分を吸収された後に便として排出されるのですが、便秘の場合は長時間大腸に吸収後の残りが止まることになります。この時に水分と共に脂肪や糖も吸収されてしまうのです。

便秘の解消方法は水やお茶を飲むようなものもあれば体操やツボを刺激するよなものまで数多あります。便秘も肥満の原因の一つです。自分に合った方法を見つけて便秘の解消を目指してください。

 

規則正しい生活を送りましょう


朝は起きて太陽の光を浴び、夜は十分な睡眠がとれるよう早めに寝て、食事は三食規則正しく摂る。誰がみても健康的な生活ですが、これは肥満にも効果があります。規則正しく生活を送ることと肥満とはどのような関係があるのでしょうか。

肥満の原因の一つに自律神経の働きの鈍化があります。肥満体型にある方の大半は自律神経の働きが鈍いと言われています。自立神経の中でも特に、エネルギーの消費を促す交感神経の働きが鈍い傾向があるため、いくらダイエットの努力をしてもうまく痩せることができません。

つまり、肥満を解消し、ダイエットを成功させるためには自律神経の働きを活発にさせることが必要なのです。では、自律神経の働きを活発にさせるためには、どうすればいいのでしょうか。これこそ、冒頭で紹介した規則正しい生活なのです。

他にも運動や腹式呼吸、ストレスを溜めないことも自立神経の自律神経の働きを高めるのに効果があります。生活習慣の乱れは回り回って肥満の原因となります。これを守ったからといってすぐに痩せるものではありませんが、ダイエットには不可欠な要素ですので意識するようにしましょう。

 

食事は十分に摂りましょう


ダイエットしようとすると、食事の量を減らすことを考えがちです。確かに食べ過ぎている分があるのでしたらそれは減らすべきですが、極端に減らして空腹を我慢しながら生活するのは、却って肥満の原因ともなりかねません。人間の体は、常にバランスを取ろうとします。

寒ければ震えて温まろうとしますし、疲れれば眠くなって行動のペースが落ちます。同じように、食べる量を減らすと体は代謝を遅くして補おうとします。体にとってカロリーの希少価値が上がるため、エネルギーの消費量が減らされていくのです。加えて、貴重なカロリーが食事で取り入れられれば、ここぞとばかりに体に体脂肪として溜め込もうとします。

このように、極端な摂取カロリーの制限はダイエットには逆効果です。食べ過ぎている余分な食事を減らすのは問題ありませんが、ダイエットの結果を焦るあまり極端な食事制限をすることは控えるようにしましょう。

 

いかがでしたか。

今回は、肥満の原因と合わせてダイエットに繋がる生活習慣をご紹介しました。どれも特別なことではありませんが、ダイエットには不可欠なことであり、継続して実践していくことが求められます。肥満は健康にも見た目にもあまり良いものではありません。そして改善するのには長い時間が必要となります。

根気は当然必要ですが、無理をしていてもいつかは限界が来て続けられなくなってしまいます。今回ご紹介した生活習慣も、まずは継続することを目標に、無理のない範囲で始めてみてください。肥満の原因は突き詰めれば単純なものですが、忙しい毎日を送る中ではなかなか改善に取り込めないこともあるかと思います。

まずは土日などのお休みの日だけでも生活習慣を整えることから始めてみてはいかがでしょうか。すぐに結果が出るものではありませんが、諦めてはいけません。まずは一歩を踏み出すことから始めましょう。

 

まとめ

肥満の原因をよく知って、計画的に痩せる方法とは

・ 暴飲暴食は控えましょう。
・ 基礎代謝を上げましょう
・ 便秘を解消しましょう
・ 規則正しい生活を送りましょう
・ 食事は十分に摂りましょう