肥満細胞の特性を理解して、負荷なく効率的に痩せる方法

肥満細胞の特性を理解して、負荷なく効率的に痩せる方法

おそらく、この記事を読んでいる方の大半は、痩せたいと思っているのではないでしょうか。肥満とまではいかなくとも、余分な脂肪を落としたいと思っている方は少なくないはずです。そもそも体に脂肪をつけているのは肥満細胞と呼ばれるものです。

肥満細胞は脂肪の合成や分解、そして蓄積を行います。この脂肪の蓄積量が増大することで余分な脂肪がつき、果ては肥満になるのです。裏を返せば、肥満細胞に余分な脂肪が蓄積されないようにすることで、肥満が回避できるということになります。

脂肪を分解・燃焼して熱に変えるのも、体に蓄積させるのも肥満細胞がしていることです。今回はこの肥満細胞の特性とともに、効果的に痩せる方法をご紹介します。



 

肥満細胞の特性を理解して、
負荷なく効率的に痩せる方法

 

白色脂肪細胞を縮小させましょう


肥満細胞には、白色脂肪細胞と後述する褐色脂肪細胞の二種類があります。簡単に言えば、白色脂肪細胞は脂肪の貯蔵庫となる細胞で、褐色脂肪細胞は脂肪を熱に変えて消費する細胞です。肥満の原因の一つは、この肥満細胞の中の白色脂肪細胞の脂肪蓄積量が増加することで膨張することです。

そして、痩せるためにはこの白色脂肪細胞の膨張を縮小させる必要があるのです。白色脂肪細胞は胎児期から成長期にかけて増加していきます。この細胞は一度出来てしまったものを減らすのは非常に困難です。幼い頃から肥満体型だった方は人より白色脂肪細胞が多い上に膨張しているため、大人になってからも痩せにくい体質となっています。

逆に大人になってから肥満になった方は白色脂肪細胞の数自体は正常な人と変わらないため、多少は痩せやすくなります。白色脂肪細胞の膨張を解消するには、蓄積された脂肪を燃焼させなければなりません。その役割を担っているのは褐色脂肪細胞です。では次に、その褐色脂肪細胞についてご説明します。

 

褐色脂肪細胞の働きを活発化させましょう


褐色脂肪細胞の働きとはどんなものでしょうか。体には、体温を一定に保とうとする働きがあります。体温が上昇してきた場合は発汗などで体温を下げようとしますし、逆に体温が下がってきた場合は熱を出して体温を上げようとします。この体温を上げる働きをしているのが、肥満細胞のなかの褐色脂肪細胞なのです。

褐色脂肪細胞は、寒さを感じると白色脂肪細胞から燃料となる脂肪を受け取り、酸化分解して熱に変えます。つまり、この働きを活発化されられれば蓄えられた余分な脂肪が消費されていき、結果痩せることができるのです。褐色脂肪細胞は成人でも40g程度しかない貴重な細胞です。

心臓や脇の下、首の周り、肩甲骨の周辺などの限られた場所にしかありません。負荷なく痩せるには、この限られた細胞を効率よく刺激して活性化させる必要があります。では、その具体的な方法について次の項目でご説明します。

 

体を冷やすために水泳をしましょう


褐色脂肪細胞を活性化させるにはどのような方法があるでしょうか。効率のよい方法として、水泳があります。褐色脂肪細胞が肥満細胞に溜まった余分な脂肪を熱に変換して放出することは、前項で説明しました。この働きを利用するには、体を冷やすのが効果的です。

水の中に入っていると体温が失われていくため、体は体温を上げようとします。この時に褐色脂肪細胞が脂肪を熱に変換させる働きが利用されるのです。また、プールや海にいく時間がない場合は、冷たい水のシャワーを浴びるなどしても一定の効果があります。

 

肩甲骨ストレッチをしましょう


水泳以外にも褐色脂肪細胞を活性化させる方法があります。肩甲骨とその周辺には肥満細胞の中の褐色脂肪細胞があります。そのため、肩甲骨を動かすストレッチをすることでその働きを活性化することができます。

また普段からできることとしては、背筋を伸ばして姿勢を良くするだけでもストレッチ効果があります。日常的にストレッチをするのが面倒に感じる方は、普段の姿勢を良くしてみましょう。それだけでも、見えないところで肥満細胞のなかの余分な脂肪が燃焼されていくのです。

 

食事の時のお茶にも工夫しましょう


お茶の中には褐色脂肪細胞を活性化させるものがあります。食事の時やティータイムのお茶はできるだけこれらのお茶に置き換えたいものです。

以下に、褐色脂肪細胞を活性化させるお茶をご紹介します。

・ミントティー
ミントティーに含まれるメントールには冷却刺激と同様の効果があり、これによって褐色脂肪細胞が刺激されます。

・シナモンコーヒー
シナモンの香り成分であるシンナムアルデヒドとコーヒーに含まれるカフェインには褐色脂肪細胞の働きを助ける効果があります。

・ジンジャーティー
生姜の中の辛味成分には褐色脂肪細胞を活性化させる効果があります。どのお茶もクセがあるため、苦手な方もいるかもしれません。もし苦手でないのでしたら、これらのお茶を摂ることでダイエットに役立ててください。

 

いかがでしたか。

古今東西、様々なダイエット法がありますがどれも共通しているのは、脂肪を溜めないことと脂肪を燃焼させることを目的としているということです。そして、この二つを担っているのが肥満細胞なのです。肥満細胞の働きを上手く助けてあげれば、ダイエットの負担は最小限まで低く抑えることができます。

やみくもな食事制限や運動はダイエットの失敗や体調の悪化を招くおそれがあります。また負荷の高いダイエットは心身ともに疲れさせてしまいます。

まずは体を無理に痩せさせようとするのではなく、体が本来持っている機能を助けるように日頃の習慣を見直しましょう。痩せたいと思っている方は、今回ご紹介した肥満細胞の特性を踏まえた上で、効率のよいダイエットを心がけてください。

 

まとめ

肥満細胞の特性を理解して、負荷なく効率的に痩せる方法

・ 白色脂肪細胞を縮小させましょう
・ 褐色脂肪細胞の働きを活発化させましょう
・ 体を冷やすために水泳をしましょう
・ 肩甲骨ストレッチをしましょう
・ 食事の時のお茶にも工夫しましょう