ちょっぴり怖い口臭治療にまつわる9つのホントと嘘

ちょっぴり怖い口臭治療にまつわる9つのホントと嘘
口臭は多少なりとも誰にでもあるものです。日頃から、エチケットとしてブレスコントロールを心がけたいものですが、効果的に口臭を治療するためには、根本的な原因と正しい対処法を知る必要があります。

近年、匂いについてのマナーが厳しくなり、ちまたでは応急処置的なものから根本的なものまで様々な口臭の治療法を目や耳にしますが、正しく理解されずに広まっているものもあります。

あいまいな記憶や間違った思い込みが元で逆効果になってしまうことも。

口臭をより効果的に治療するために、今回は、ちょっぴり怖い口臭治療にまつわる9つのホントと嘘をお伝えします。



 

ちょっぴり怖い口臭治療にまつわる9つのホントと嘘

 

その1: 歯みがきは食後すぐがいい?

口臭予防はもちろん、虫歯や歯周病予防のためにも毎食後の歯みがきが良いといわれていますが、実は、タイミングが大切です。

唾液には、口臭の原因となる口の中の細菌を洗い流す働きがあるため、唾液が少なくなると誰でも口臭がきつくなります。
唾液の分泌が最も多いのが食事中。食後もしばらくは口の中は唾液の多い状態になっています。

そんなときに歯みがきをすると、せっかく分泌された唾液を洗い流してしまうことになり、口臭治療としては逆効果。歯みがきは食後20~30分ぐらい経ってからの方が効果的です。

 

その2: 食べ物で口臭治療できる?

これは本当です。こんな食べ物が口臭治療に効果があります。

・生野菜:食物繊維や酵素をが多く含み、腸の調子を整えるので腸内からの悪臭も消せます。
     また、生で食べると、よく噛めるので唾液の分泌を促せます。
・果物:果物は全般的に消臭効果があり、特にりんごには高い効果があります。
・レモンなど柑橘類:クエン酸が口の中を殺菌し、唾液の分泌も促します。
・昆布:噛みごたえがある上、口の中に入れておくだけで唾液が多く分泌します。
・梅干し:レモン同様、殺菌作用と唾液を大量に分泌させます。

 

その3: ガムを噛むことは手軽な口臭治療?

にんにくなど匂いの強いものを食べた後など、ガムを噛めば手っ取り早く口臭が消せますが、これはガムの香りによるマスキング効果といわれる一時的なもの。時間が経てば元の匂いに戻ります。

口臭の原因を取り除かない限り、根本的な治療にはなりません。
ただし、唾液が少ないために口臭がある人にとっては、唾液の分泌を促すガムを噛むことは効果があります。

 

その4: にんにくの匂いには牛乳?

にんにくを食べた後の口臭は牛乳を飲めば消せるとよくいわれますが、これって、効果があったりなかったりするような気がしませんか?その理由はタイミングです。

牛乳のタンパク質がにんにくの匂いの原因物質を包み込むから、匂いを抑えることができるのですが、牛乳を飲むのに最も効果的なタイミングが食前、そして食中、食べた直後です。

いったん、にんにくが消化吸収されてからでは、牛乳を摂っても 効果は期待できません。

 

その5: 歯石は取った方が良い?

歯の表面やすき間に溜まる歯垢(プラーク)は食べ物のカスを餌に増殖した細菌の塊です。

この歯石が溜まって固まったものが歯石です。一度、歯石がつくとさらに歯垢が溜まりやすくなり、歯石は細菌の温床となります。細菌は口臭の元ですから、歯垢・歯石が溜まるほど口臭がひどくなり、歯周病のリスクも高まります。

口臭治療のためには歯石除去は必須です。

 

その6: 歯石は自分で取れる?

歯石除去は口臭治療に有効なことはわかりましたが、自分で、できる?

歯の裏にたくさん溜まった歯石。針などでつつけば、自分でも取れそうですが…、これは絶対やめておいた方がいいです。

歯科医師や歯科衛生士以外による歯石除去は口の中を傷つける恐れがあり、大変危険です。それに、できたとしても、完全に取りきれません。必ず歯医者さんに行きましょう。

 

その7: 歯ブラシで舌そうじ?

舌の表面を覆う白いコケのような舌苔は古い粘膜や細菌を含む口臭の元。なので、舌そうじはやった方がいいのですが、歯みがきのついでに歯ブラシで舌をこすっていませんか?

もし、そうなら、NGです。舌はとてもデリケート。歯ブラシの毛は舌には固すぎて舌を傷つけてしまいます。傷口に雑菌が入り、炎症を起こす恐れもあります。

舌そうじは必ず専用のクリーナーで、舌をやさしくなでるようにしてください。

 

その8: 口臭治療は歯科でOK?

口臭の原因の80%が口の中の細菌によるといわれています。口の中のほとんどの病気の治療は歯科の領域ですが、残り10%は、鼻や内臓などの病気が口臭の原因と考えられるので歯科以外の領域になります。

鼻の病気なら耳鼻科、内臓は内科での治療が必要です。また、実際には口臭がそれほどひどくないのに、自分は臭いと思い込む自臭症という精神的な病気もあり、こちらは精神科や神経科での治療になります。

虫歯や歯周病を治しても口臭が改善しなければ、こうした他の原因を考えた方がいいかもしれません。

 

その9: 口臭治療に健康保険は効かない?

最近は口臭を専門に診る「口臭外来」も増えてきましたが、現在の日本の保険制度では、口臭は病気と認められないので、医師による口臭治療に健康保険は使えません。

それでは、病院で口臭を治療するには、全て自費!?…というわけでもありません。

口臭の原因となる病気がわかれば、その治療には保険が適用されます。例えば、歯周病が口臭の原因であれば、歯周病の治療には保険が効くわけです。まずは、お医者さんとよく相談してみましょう。

 

どうでしたか?

ここにあげた項目はどれも普段からよく言われていることです。ほとんどが「ホント」なのですが、案外あいまいに覚えていることも少なくないのでは?せっかくの口臭治療法も、間違ったタイミングややり方では効果がないどころか逆効果になることもあるからです。

間違った思い込みほど怖いものはありません。今回お伝えした情報を活用して、より効果的な口臭治療を行っていただければ、と思います。

 

まとめ

ちょっぴり怖い口臭治療にまつわる9つのホントと嘘

その1: 歯みがきは食後すぐがいい?
その2: 食べ物で口臭治療できる?
その3: ガムを噛むことは手軽な口臭治療?
その4: にんにくの匂いには牛乳?
その5: 歯石は取った方が良い?
その6: 歯石は自分で取れる?
その7: 歯ブラシで舌そうじ?
その8: 口臭治療は歯科でOK?
その9: 口臭治療に健康保険は効かない?