頬のニキビは何故できる?その原因と対処法

頬のニキビは何故できる?その原因と対処法
頬のニキビは跡が残りやすく、一つお手入れを間違うと一生後悔することになりかねません。そんな頬のニキビを撃退する方法があるなら、誰でも知りたいですよね。

頬は、鼻やおでこに比べると皮脂の分泌は少なめの部位ですが、皮膚が柔らかいため一度ニキビができてしまうと赤く炎症を起こしてしまったり、色素沈着が残りやすくなります。何より頬のニキビはメイクで隠しにくく、正面を向いても横を向いても人の目についてしまうという難点があります。

このように厄介な頬ニキビを改善、そして予防するためには、やはりどんな原因でできるものなのかを知っておくこと。そこで今回は、頬のニキビの原因とそれに応じた対処法について詳しくお伝えします。



 

頬のニキビは何故できる?
その原因と対処法

 

皮脂ではなく乾燥によってできるものが多い


頬は顔の中でも皮脂の分泌量が少ない部位だということは、冒頭でお伝えしました。ではなぜ頬にニキビができるのかというと、それは乾燥によってできてしまうのです。

頬が乾燥すると皮膚の毛穴が詰まりやすくなり、そこに皮脂や角質が詰まってニキビになります。しかも頬は角質層の乾燥が進んでいるせいで毛穴が完全に閉じてしまっているものが多く、毛穴の中で雑菌が繁殖して炎症を起こしやすくなるのです。

頬にのみニキビが出るという人は、まずは過剰な洗顔を避けて保湿をしっかり行うようにしてみて下さい。ニキビが多発している人はさっぱりタイプの化粧水を使いがちですが、この場合は保湿力の高いしっとりタイプの方が効果的です。

 

男性ホルモン過多によって皮脂のバランスが崩れる


頬ニキビは、思春期の男性に多い印象がありますよね。これは、男性ホルモンの分泌が多いと頬にニキビが出やすくなるせいなのです。男性ホルモンは皮脂の分泌を過剰にしますが、頬が乾燥した状態でいきなり皮脂がたくさん分泌されると、毛穴が詰まってしまいます。

思春期の男性は男性ホルモンが多くて当たり前なので、その時期が過ぎるのを待つしかありませんが、女性の場合は本来のホルモンバランスが崩れている可能性があります。女性ホルモンの分泌を促せば男性ホルモンは抑制されるため、イソフラボンを多く含む大豆製品や、プエラリアなどのサプリメントを摂取するようにしましょう

 

ストレスや疲れで皮膚のバリア機能が低下している


健康な皮膚は、細菌や外的刺激から守るためのバリア機能が備わっているため、簡単に影響を受けることはありません。ですが、身体的な疲れやストレスが蓄積するとこのバリア機能が低下し、少しの刺激でニキビが出やすくなってしまうのです。

頬の皮膚は薄く柔らかいため、皮膚のバリア機能が低下すると真っ先にダメージを受けてしまいます。ですから、頬のニキビを予防するためにはスキンケアや栄養面を気遣うとともに、心身ともに疲れを溜めないようにすることも重要と言えるでしょう。

 

サイドの髪や前髪が刺激になっている


バリア機能が低下している状態だと、どんなものに触れても刺激になります。例えば前髪やサイドの髪が頬に触れると、髪に付いた雑菌が頬に移ってニキビが出やすくなってしまいます

頬にニキビがあると、どうしてもそれを隠すために髪で覆いがちになりますが、それはニキビを悪化させるだけです。前髪は短めに、サイドの髪は耳にかけたり両脇で留めるヘアスタイルにするなどして、顔にかからないようにしましょう。頬のニキビは目立つため、隠したくなる気持ちもわかりますが、ほんの一時我慢して、跡を残さずに治してしまった方が後々のためです。

 

寝具が汚い


頬の片側に集中してニキビが出る時は、普段使用している寝具が清潔ではない可能性が考えられます。人は、毎日同じ姿勢で眠るものですから、同じ部分に汚れた寝具が触れることでダメージが蓄積され、ニキビに発展してしまうのです。

枕カバーや掛布団カバー、タオルケットなどをしばらく洗っていないという人は、すぐに洗いましょう。そして太陽の下でしっかり乾かしてから使う習慣を付けて下さい。

これらは毎日替える必要はありませんが、週に一回程度を目安に洗濯するようにしましょう。タオルケットのような大物を頻繁に洗えないという人は、せめて髪の汚れやよだれなどが染み込みやすい枕カバーだけでもこまめに洗うことをおすすめします。

 

いかがでしたか。頬にニキビができる原因や、その対処法などについてご説明しました。いつも頬のニキビに悩まされているという人なら、この中に思い当たるものが一つくらいはあることでしょう。

頬のニキビは赤や赤紫の色素沈着を起こしやすく、その上お手入れを間違えると毛穴が開いてクレーター状の跡にもなりやすいという特徴を持っています。一生消えないニキビ跡を抱えるのは、できれば避けたいですよね。

ですから、頬のニキビがまだ軽いうちに、可能であればまだニキビが出ていないうちにしっかり対処して、頬のニキビを悪化させないようにすることが大切なのです。そのためには、スキンケアや衛生管理、ストレス管理などからアプローチして、健康で丈夫なお肌を作る努力をしましょう。

まとめ

頬のニキビの原因と対処法は

・皮脂ではなく乾燥によってできるものが多いため、保湿をしっかり行おう
・男性ホルモン過多が原因の場合は、大豆製品やサプリメントで女性ホルモンを補おう
・皮膚のバリア機能を低下させないためにストレスや疲れをためないようにしよう
・頬に刺激を与えるサイドの髪や前髪を上げよう
・雑菌を顔に付けないために寝具を清潔にしよう