いつまで経っても脚が細くならない・私の7つの悪習慣

いつまで経っても脚が細くならない・私の7つの悪習慣
見た目によく見える場所は、誰もが綺麗になりたいと思っています。しかし、よく見える所ほど日々の生活で乱れていきやすい所でもあります。その一つが脚です。誰もが細く美しい足になりたいと思っています。

でも中々細くならない、綺麗にならない、そんな毎日が続き太いのが当たり前のようになっていました。何をやっても駄目で色々な事をやりましたが、なかなか効果がありませんでした。しかし、ある時考え方を変えてみたら、脚が細くなったのです。

その考え方とは、今まで細くしようと色々な事に挑戦した事を振り返り、細くしようと考えず何故太くなったのかを考えるようにしたのです。今まで考えた事もありませんでしたが、原因が分からないのに、治るわけがありません。

今回は、私が見つけた7つの悪習慣についてお話します。これに当てはまる方は、すぐに実行してもらいたいです。



 

いつまで経っても脚が細くならない
私の7つの悪習慣

 

その1: 正しい座り方が出来ていなかった

座り方で一番脚が太くなると言われているのは正座です。しかし、仕事上正座が必須の私には無理だと思っていましたが、実は正座はきちんとした座り方をすれば太くならないそうです。

太くなる原因は曲げた脚で体重を支える事により、脚を押しつぶし血行が悪くなるからです。ですので正座する際にお尻を横に落とした横すわりやお尻を脚の間に完全に落とす女の子座りなどをしなければ大丈夫です。

きちんとした姿勢で正座すると疲れてきて、たまにそんな座り方をしてしまいますが、そのときこそ要注意です。

 

その2: 脚のむくみの原因を知らなかった

脚のむくみは皆さん感じた事があると思います。しかし、足のむくみの原因が何なのか、それを知っている方は中々いません。私もむくみをとろうとはしましたが、原因など調べようともしませんでした。

調べてみて私がやっていた悪習慣がわかったのです。それは脚を少しでも細く見せようとして使っていた高いヒールと締め付けのキツイ下着やストッキングです。これらは特に脚の血流が悪くなり、脚のむくみの原因となります。

脚を細く見せたいからといって、締め付けのきつい物を付けず、本当に細くなるまで我慢する事が重要です。

 

その3: 正しい歩き方が出来ていなかった

歩き方と言っても色々な癖の人がいますが、私はがに股になってしまっていたようです。自分では中々発見出来ないので恥ずかしいかもしれませんが、友人や家族に自分の歩き方を見てもらうと良いでしょう。

正しい歩き方は脚に良い筋肉をつけてくれますが、悪い歩き方は筋肉太りになる悪い筋肉をつけてしまいます。では正しい歩き方とはどのようなものなのか、まず、脚はかかとから地面に着け、着地後、前方に体重をかけます。

その後、膝を曲げずに爪先で地面を蹴るように上げ、反対の脚のかかとから着地する事をくりかえします。この歩き方を意識していくうちに、自然とがに股が治っていました。

 

その4: 足に合わない靴を履いてしまっていた

足に合わない靴を履いているということは、多くの場合、靴が足にフィットせず、足の裏の筋肉をほとんど使っていない状態です。本来の人間の歩行は足の裏の筋肉をしっかり使うもの。

ここの筋肉が使われていないと、血行が悪くなったり、老廃物がたまりやすくなり、足の冷えやむくみに繋がると考えられます。きつい靴を履いて、足を締め付けていると血流が悪くなり、足が重たくなったりします。

逆に靴がゆるくても、靴の中で足がすべって、バランスをとるために余計な力が入ります。私はオシャレな靴を履こうと、少々自分にはキツイ靴を履いてしまっていました。これを聞いてすぐに自分にあった靴に変えると効果が出てきました。

 

その5: 体の歪みに気づかなかった

からだがゆがむとは、骨格がゆがむ、骨が正常な位置にない状態をいいます。したがってバランスを保つために、筋肉がそれをカバーするようについてしまいます。筋肉が不自然に発達するので、リンパ液がスムーズに流れずむくみがおきます。

むくみが起こるので血液の循環が悪くなり、脂肪が付くと言う感じです。私は普段から足を組んだり車の運転の際もまっすぐ体を向けていませんでした。これを見てすぐに整体や家での骨盤矯正をやるようにしました。

 

その6: エアコンを使いすぎていた

私は極度の暑がりで、夏がもっとも苦手です。毎年夏になると、エアコンはかけっぱなしにします。しかし、ここに落とし穴があったのです。夏はエアコンのかけ過ぎることにより、体内で温度調節が出来なくなってしまい、汗をかかなくなってしまいます、そして、体内の老廃物が排出されない状態になります。体内の老廃物の排出がうまくいかないと、体内に毒素がたまります。それが脚が細くならないむくみの原因につながってしまうのです。

 

その7: きちんとした食事を怠っていた

わたしは冷え性で、便秘です。女性なら多くの方が冷え性や便秘に悩んでいると思いますが、私は普段から好きなものを食べ、好きなものを飲んでいました。それが便秘を引き起こし、さらには脚が細くならない原因を作り出していたのです。

便秘をしている状態は、老廃物が常にお腹にあるという状態ですから、老廃物をリンパ液で排泄しきれずに血液にのって回ってしまいます。肌荒れなどを引き起こしますし、疲労物質も運ばれてしまうので、疲れやすくだるいという体になっていきます。

疲れやすい、だるい、動きたくない、こういう状態になれば脚の筋肉はますます利用されなくなり、新陳代謝が落ちていく、さらに悪循環でむくみがでてしまい、むくみも便秘も悪化する一方という状況に陥ってしまうのです。

便秘をしっかり治すこと、それがむくみの解消にもつながりますし、肌荒れなどの体のトラブルの解消にもなるのです。

 

いかがでしたか?

いままで考えもしなかった、何故脚が太くなってしまったのか、それを考え、見直すだけで今まで感じた事の無い体の喜びを味わえる事が出来ました。あの時の自分にもう戻りたくありません。

私が自分自身だけでなく他の人にもこの気持ちを感じていただきたいと思い、紹介させて頂いたこの7つの悪習慣、あてはまるものとあてはまらないもの、他にも色々な原因もあると思います。

しかし、この7つを知っていれば大丈夫です。みるみるうちに効果が実感出来ると思いますし、脚だけでなく体全体が健康になっていけると思います。脚が細いと言う、みんながうらやましがる脚を手に入れれるまでもうあと少しです。

あとは皆さんがそれを実行し継続できるかです。自分の理想に近づけるようにこの記事がお役に立てれば嬉しいです。

 

まとめ

いつまで経っても脚が細くならない・私の7つの悪習慣

その1: 正しい座り方が出来ていなかった
その2: 脚のむくみの原因を知らなかった
その3: 正しい歩き方が出来ていなかった
その4: 足に合わない靴を履いてしまっていた
その5: 体の歪みに気づかなかった
その6: エアコンを使いすぎていた
その7: きちんとした食事を怠っていた