毛根のダメージを軽減する為に、頭皮を保湿した方が良い7つの理由

毛根のダメージを軽減する為に、頭皮を保湿した方が良い7つの理由

毛根のダメージが進む事によって、脱毛や発毛不良がおきたりして薄毛が進行します。少なくなった髪の毛を増やしたり、髪の毛を抜けにくくするには、頭皮の保湿がとても重要になってきます。

頭皮の乾燥が、毛根までダメージを与えるとは、にわかに信じがたいですよね。頭皮の表面を保湿する事によって、細胞内部まで染み込んで行き、毛根に栄養を与えるのです。

乾燥した頭皮はカラッカラで、ところどころ細胞が剥がれていたのが、やがてボロボロ落ちやすくなり、フケやかゆみの原因になって、さらに掻いたりすることも。そうすると、頭皮に埋まっている毛根は再起不能と化すものも出てきて悪循環です。

そんな未来は想像したくない。そうです。頭皮の保湿は髪の毛の根っこである毛根から髪の毛を十分に育てるための大切な土壌作りなのです。今回は、毛根のダメージを軽減する為に、頭皮を保湿した方が良い7つの理由をお伝えいたします。



 

毛根のダメージを軽減する為に、
頭皮を保湿した方が良い7つの理由

 

毛穴の活動低下を防ぐから


頭皮の毛穴から生えている毛根。ホットタオルで頭皮を温め、保湿する事により、毛穴を柔らかくし、毛穴の周りに詰まった脂汚れを取り除き、毛穴の活動低下を防ぎます。

さらに汚れを落とした後、引き締め効果のあるローションで毛穴を引き締めることにより、頭皮の毛穴のたるみやしわを防ぎ、毛根をしっかり根元から立たせ、ダメージを表皮にとどめ、元気な髪の毛、セットしやすい髪の毛になるのです。また帽子を被って適度に蒸らし、帰宅後しっかり洗髪してもよいでしょう。

 

剥がれたり、傷ついた頭皮を修復してくれるから


乾燥した頭皮の細胞一つ一つは、剥がれやすく傷つきやすいものです。ところどころ剥がれた細胞は、かさぶたのようなもの。治ろうと細胞が努力していると、非常にかゆい。そこで掻いてしまうと、修復しかけた細胞をはがしてしまい、成長しきっていない新しい次の細胞がむき出しになります。

次の細胞のみなら表皮なのでまだ大丈夫なのですが、頭皮の真皮や皮下組織まで傷が及ぶと、雑菌への抵抗力も弱くなります。雑菌で臭いも発生する上、発毛に関わる毛乳頭や毛母細胞と呼ばれる毛根の力も弱まり、ハリやコシが無い髪の毛しか育たなくなります。

そこで、頭皮の保湿なのです。保湿する事により、水分と皮脂のバランスを整えてくれ、剥がれかけた細胞を潤し、今ある頭皮の一番上の表皮は、新しい細胞が出来た後の時期にキチンとターンオーバーしてくれ、真皮や皮下組織を守り、次の細胞も、そしてその次の細胞も十分に成長して役目を果たし、移り変わっていく事でしょう。

 

かゆみを防いで、強い刺激から遠ざけてくれるから


先に、頭皮の乾燥が進行する事によって、中途半端に剥がれた頭皮の傷口が、治ろうとする事によって生じるのがかゆみだとお伝えいたしました。

そしてかゆみから掻くと、頭皮の古い角質細胞がポロポロフケになって、落ちる事もしばしば。これは乾燥フケとも呼ばれていますが、水分不足で生じるものです。

ここから、かゆみを我慢して掻かなければいいのですが、なかなかこれが我慢できない。乾燥肌を経験した事がある人はご存知でしょうが、あのかゆみは我慢できないものです。

どんどん強くなっていく手の力。ゴシゴシと強い刺激を与える事によって、弱くなった毛根から、何本もの髪の毛が抜け落ちていく・・・。残った髪の毛もフケで毛根がある毛穴が塞がってうまく皮膚呼吸できない。どんどん元気が無くなっていく髪の毛。保湿するとかゆみや大量の抜け毛から脱却出来ます。乾燥フケには、頭皮ローションで保湿しましょう。

 

出過ぎる皮脂を正常に戻してくれるから


乾燥フケについてはお伝えしましたが、フケには脂性フケというものもあります。乾燥する事によって、水分の代わりに、少しでも限られた水分を飛ばさないよう脂である皮脂が登場します。

水分と皮脂のバランスが保たれた状態がベストなのですが、皮脂が大量発生すると、これまた毛根がある毛穴がつまり髪の毛が息できずSOS。皮脂でギトギトになった頭皮には、赤いぷつぷつニキビが発生する事も。

かゆくて潰していると、膿や雑菌で臭いがぷんぷん。薄毛に臭いもなんてダブルでショック。皮脂が多いのに髪の毛を洗いすぎると皮脂が倍以上になって出てくるので、クレンジングオイルで優しく頭皮の皮脂を落としましょう。

 

強すぎる紫外線から守ってくれるから


適度な紫外線は発毛や殺菌効果も期待出来ますが、近年の温暖化による強すぎる紫外線は、髪の毛のキューティクルをはがし、癖毛、切れ毛の原因となります。

頭皮に対してはフケ等の炎症を起こし、汗をかいて長時間放置すると、雑菌が繁殖し、毛穴詰まりし、脱毛の原因となります。そこで、頭皮をUVクリーム等で保湿する事により、頭皮の毛穴を炎症から守り、脱毛を防ぎます。

 

血行促進し、滞留した血液を流してくれるから


毛根の根っこである毛乳頭や毛母細胞に張り巡らされた毛細血管が必要な栄養分を毛乳頭に運び、毛母細胞を成長させ、発毛します。

頭皮が乾燥した状態だと、毛細血管の表皮はカラカラ、そこで、さらにかゆみで刺激を与えると血管は押しつぶされ、血液はどこにも行けず立ち往生、滞留してしまい、発毛や育毛に必要な栄養分や水分、酸素が運ばれません。

頭皮を保湿する事により、毛細血管もふっくらしあるべき姿に戻り、スムーズに栄養分や老廃物などを流してくれます。流れやすくなった血管で、ぐんぐん髪の毛も伸びてくれる事でしょう。血行促進効果のある育毛ローションもあるのでオススメです。

 

リラックス効果を与えてくれ、ストレス軽減してくれるから


髪の毛に悪いのはストレスというのはご存知ですよね。ストレスがかかると毛根の毛細血管に圧力がかかり、毛乳頭へ血液をうまく運んでくれません。

そこで、アロマオイル等のマッサージオイルやオリーブオイルで頭皮をマッサージする事により、保湿効果だけでなく、頭皮の毛穴も綺麗に、さらに、アロマオイルを使用する事により、香りでリラックス効果があります。マッサージする時は日ごろの物事を忘れ無心に髪の毛だけに集中すると良いでしょう。オイルでマッサージ兼保湿した後は、しっかり洗髪し、仕上げにさっぱりタイプのローションで保湿すると頭皮もさっぱりし、心地よいでしょう。

 

いかがでしたか。

毛根のダメージを軽減する為に頭皮を保湿した方がいい7つの理由でした。頭皮の保湿が、毛穴を活性化させ、あらゆる刺激から毛根を守ってくれ、スムーズな発毛や育毛を促す事に繋がっています。頭皮の乾燥から、酷い脂性になったりするので、適切な水分と脂分のバランスを維持していく事が重要になってきます。

顔と同じように、頭皮保湿も洗髪前にはオイルタイプのもの、洗髪後にはローションタイプのもの、紫外線対策にはUVクリームタイプのものと、うまく使い分け、個人にあったものを使用するのが良いでしょう。保湿対策をしっかり行えば、頭皮のダメージが減る事によって毛根ダメージも減っていく事は間違いないでしょう。

 

まとめ

毛根のダメージを軽減する為に、頭皮を保湿した方が良い7つの理由

・ 毛穴の活動低下を防ぐから
・ 剥がれたり、傷ついた頭皮を修復してくれるから
・ かゆみを防いで、強い刺激から遠ざけてくれるから
・ 出過ぎる皮脂を正常に戻してくれるから
・ 強すぎる紫外線から守ってくれるから
・ 血行促進し、滞留した血液を流してくれるから
・ リラックス効果を与えてくれ、ストレス軽減してくれるから