ふくらはぎを痩せて足に自信を持つための秘策

ふくらはぎを痩せて足に自信を持つための秘策
モデルさんの足を見ながら、ふくらはぎ痩せができれば、自分の美脚も完璧なのにと憧れたりしますよね。ふくらはぎ痩せのはがゆさは、ウエストのように、5cm、10cm細くなりました~というように、わかりやすくサイズダウンしないところです。脂肪が少ないからですね。

また、ふくらはぎを鍛えたら、引き締まるように思われますが、筋肉がついて、かえって太くなったように見えてしまうので難しいです。しかし、モデルさんは何もしていないかと言うと、ファッションショーのランウェイで歩いています。あんなに歩いているのに、ふくらはぎが太くなっていません。

そこで今回は、「ふくらはぎを痩せて足に自信を持つための秘策」ということで、ふくらはぎ痩せの情報についてお伝えします。



 

ふくらはぎを痩せて足に
自信を持つための秘策

 

筋肉太りのメカニズムを理解する


ふくらはぎ痩せのダイエットでの悩みの一つは、筋肉ですよね。特にスポーツをやってきた人は、筋肉太りの解消に悩みます。ふくらはぎの筋肉を落とすには、どうすればよいのか?それは、運動の質を変えることが必要になります。

ふくらはぎ痩せのダイエットでは、よくマラソンランナーの話しが用いられます。ハードな運動しているわりには、、ほっそりしていますよね。それは、速筋ではなく遅筋が発達しているからと言われています。

速筋というのは、筋トレで鍛える、太くなりやすい筋肉です。遅筋というのは、ジョギングのような有酸素運動に使われる、太くなりにくい筋肉です。運動の質を変えることをキーポイントにして、筋肉太りの解消で、ふくらはぎ痩せを考えてみてください。

 

ふくらはぎ痩せマッサージ


筋肉太りの解消のふくらはぎ痩せにつながるマッサージは、リンパの流れと血流の流れを良くするものが最適です。代謝を上げることと、老廃物を流すことで、ふくらはぎ痩せが可能となります。

それでは、ふくらはぎの裏側をマッサージする方法です。まず、ふくらはぎを両手で包み込みます。ふくらはぎの裏を、下から上へ、下から上へ、という感じで、マッサージしてください。

指圧のコツがあります。両手の親指を重ねて押すというのを意識してください。一箇所を3回ずつ押しながら、少しずつずらしていきます。ふくらはぎ痩せに大事なポイントになるリンパは、下から上に、足首からひざ上に流すことをイメージしてください。

 

坂道では自転車を押して歩く


通勤、通学で自転車を使っている場合は、忙しい朝は、力いっぱい漕ぐしかありませんよね。ふくらはぎ痩せのポイントである速筋が発達を防ぐということで、その考え方を理解してください。自転車を坂道で立ちこぎをすると、速筋が発達してしまうということです。そのような動きには、注意した方が良いということになります。

 

理想的な歩き方


ふくらはぎは脂肪が少ないので、歩き方によっては、すぐに筋肉が発達してしまいます。NGなのは、ペタペタした歩き方、だらだらした歩き方、足を引きずるような歩き方、背中が曲がった歩き方です。ふくらはぎに負担をかけない歩き方が理想的なのです。

ファッションショーのランウェイを歩くトップモデルさんたちは、歩き方を訓練しています。美しく見せるだけでなく、疲れにくい歩き方にもなっているのです。筋肉の偏った負担を軽減された、スリムな足、細いふくらはぎを保つ歩き方とも言えます。トップモデルさんたちの歩き方には、ふくらはぎ痩せのヒントがあります。

ふくらはぎ痩せの理想的な歩き方のポイントは、かかとから着地することです。歩きだす時は、胸から足を振り出す意識を持って、股関節から動かし始めて、足の裏で地面を押すようにしてください。胸を張って骨盤を前傾させて正しく立って、足を高く上げずに前に振り出していく動作を大切にしましょう。

 

ふくらはぎ痩せのトレーニング


ふくらはぎ痩せのトレーニングの代表的なのは、踏み台昇降運動です。 踏み台の高さは、10~15cmくらいのものを用意してください。専用の商品を購入するのも良いですが、ピッタリサイズの段ボール箱に雑誌を入れて代用するのもOKです。

踏み台昇降運動は、ジョギングなどと同じ有酸素運動なので、1日20分間取り組むことを目安にしてください。姿勢は、ひじを90度に曲げて、背筋を伸ばします。脚はしっかりと上げて、踏み台を「1、2、1、2」というリズムで昇り降りします。5分ごとに先に出す足を変更してください。これを20分間、頑張りましょう。

 

以上、ふくらはぎを痩せて足に自信を持つための秘策についてお伝えしました。ふくらはぎ痩せの難しいのは、脂肪が少なくて筋肉がつきやすいところです。その点からすれば、ふくらはぎ痩せをするには、筋肉太りのメカニズムを理解しておいた方が良いということです。

特に、スポーツを盛んに取り組んでいた人は、筋肉太りしてしまって悩むというケースが多いですよね。そのように、ふくらはぎが固くなっている人は、ふくらはぎ痩せマッサージをして、ほぐすことから始める必要があります。

ふくらはぎ痩せのトレーニングとしては、踏み台昇降運動がおすすめです。日常生活で気をつけたいのは、かかとから着地する歩き方を心がけることです。自転車は、たち漕ぎをせずに、坂道を上る時は押して歩きましょう。

 

まとめ

ふくらはぎ痩せするためには

●筋肉太りのメカニズムを理解する。
●ふくらはぎ痩せマッサージをする。
●坂道では自転車を押して歩く。
●モデルさんのような歩き方が理想的。
●ふくらはぎ痩せのトレーニングをする。