このままでは一生独身!?知らぬ間に嫌われる5つの癖

このままでは一生独身!?知らぬ間に嫌われる5つの癖
近年、一生を独身で過ごす人が増えていますが、自分の意志で一生独身を貫く人もいれば、結婚したいのにずるずると独身を引きずっている人もいますよね。

ずるずると独身を引きずっているのは「結婚したい」という願望はあるものの出会いを求めず動いていないか、一生懸命婚活をしているのにお相手が出来ないかのどちらかでしょう。

前者の場合なら、勇気を出して行動をすればお相手が見つかる可能性は広がります。しかし、後者の場合でお相手が見つからないのなら、自分の言動が原因になっている可能性があります。もし、自分の言動が原因になっているならば、一刻も早く直したいですよね。

そこで今回は、一生独身にならない為に治したい5つの癖をお伝えします。



 

このままでは一生独身!?
知らぬ間に嫌われる5つの癖

 

会話の時に一方的に喋ってしまう


会話になると、つい一方的に喋ってしまう人がいますが、そういう人は要注意です。婚活をしていく中で、良い感じの人を見つけて初めて対面するとなった時に、まず最初にすることは「会話」です。この会話で「お相手はどんな人かな」「自分はこういう人間だよ」ということを知ろうとします。

そんな大事な場面で、一方的に喋ってまい、お相手に話すタイミングを与えないと「僕(私)はこういう人ですよ」ということを相手もアピール出来なくなります。まして、自分の自慢話やネガティブな話ばかりだったら、聞いている方も嫌になって当然ですよね。二度とお相手は、自分に振り向いてくれないでしょう。一生独身へまっしぐらです。

会話は「話す」「聞く」の繰り返しですので、一方的に喋ってしまうことに心当たりのある人は、自重するようにしましょう。あるいは、お相手から話してもらい、それに答える形にもっていくのも一つの手になります。

 

食事のマナーが極端に悪い


食事のマナーといっても、お箸の持ち方が少しおかしかったり(にぎり箸はアウト)ナイフとフォークの持つ手が逆というくらいなら、それほど印象は悪くないものですが、むしろ、大事なのは食事をしている最中です。

例えば、クチャクチャと音を立てて食べていたり、お箸でハンバーグのような大きめな料理を突き刺したり、お箸をお相手の方へ向けるなど、極端なマナー違反は確実に嫌われます。まず、一緒に食事をしていても美味しく食べられませんし、仮にその人と結婚したら一生そのような食事を共にしなければなりません。

お相手は想像しただけでも、嫌な気分になることでしょう。食事は毎日のことなので、一生独身にならない為にも最低限のマナーを守り、お相手に不快な思いをさせないようにしてましょう。

 

髪の毛をよくいじる


髪型が気になるのか、美意識が高いのか、とにもかくにも髪の毛をよくいじっている人を見かけることがあります。自分一人だけの時なら、いくらでもいじってもらって構いませんが、お相手と会話していたりデートしている時に、髪の毛をよくいじるのは嫌われてしまう原因になります。

お相手からすれば、楽しい会話やデートをしたいはずなのに、しょっちゅう髪の毛ばかりいじっていられたら、「一緒にいても楽しくないのかな」と思ってしまいますよね。これでは、せっかくの二人の時間が台無しです。相手に関心がないように思わせる行為を続けていると、一生独身から脱け出せないでしょう。

それでも、髪型は見た目の印象を決める大事な要素になるので気になるのも分かります。そんな時は、どこかのお店に寄り、トイレに行って確認およびサッと髪型を整えるようにしましょう

 

携帯を頻繁に見る


携帯を頻繁に見る癖が、一生独身に繋がる危険性がある理由も、前述した「髪の毛をよくいじる」と同じものです。これもやはり、「一緒にいても楽しくないのかな」と思われてしまうのです。

この癖は、若い人に多い傾向にありますが、近年では、LINEやSNS、オンラインゲームなどで、携帯を手放せない人が増えています「誰かと常に繋がっていない」と不安になるという気持ちもあって携帯が手放せないのでしょうが、デートをしている時はお相手と繋がっていますので「誰かと繋がっていないと不安」という気持ちにならないはずです。

携帯は本当に大事な用件以外は、基本的に見ないようにしておきましょう。そして、二人の時間をお互いに「楽しい」と感じられたら、一生独身にはならないはずです。

 

足を組んで座る


足を組んで座るのは男性によく見られますが、これも女性から見れば嫌われる癖に入ってしまいます。男性は足を組んで座ることが、どこか格好良くて男らしいと感じるものですが、女性からすれば偉そうに威張っているように見えてしまうのです。また女性でも足を組んで座っている人は男性からすれば威張って見えますし、はしたなく感じてしまいます

婚活中の女性にとって、はしたなく見えてしまうのは、かなりショックですよね。足を組んで座っているだけで、嫌われてしまい一生独身なのは避けたいところ。足を組んで座る癖のある人は、意識して気を付けるようにしましょう。

 

いかがでしたか。嫌われてしまう癖というのは、相手を不快にさせたり、一緒にいて楽しくないと思わせてしまう言動と言えますね。一生独身にならない為にも、一刻も早く治してしまいたいものですが、癖というのは無意識にしてしまうからこそ「癖」なのです。ですから、残念ながら簡単に治せるものではありません。

しかし、諦める必要は全くありません。これらの嫌われる癖を治すコツは、相手の立場になってその気持ちを考えることです。つい嫌われそうな癖が出そうになった時には「嫌な気持ちになるかも」と、相手のことを考えれば出にくくなります。

癖が治るまでには、多くの時間がかかってしまうかもしれませんが、常に相手の気持ちになって考えれば、必ず治ります。一生独身にならない為にも、嫌われたり気になる言動は、今すぐにでも謹んでいきましょう。

まとめ

一生独身にならないために治したい癖は

・相手に話をさせずに一歩的に話をしてしまう
・一緒の食事が美味しく感じられないほどマナーが悪い
・よく髪の毛をいじっていて「一緒にいて楽しくない」と思われてしまう
・携帯を頻繁に見て相手に興味がない印象を与える
・足を組んで座るせいで威張っているように見られてしまう