胃と口臭の関係を学んで爽やかな息と健康を手に入れる方法

胃と口臭の関係を学んで爽やかな息と健康を手に入れる方法
胃と口臭には密接な関係があります。胃の不調が口臭の原因になっていることがあります。口臭の原因の9割は口腔内に原因があると言われていて、歯槽膿漏、虫歯、歯石、歯垢などが原因です。しかし、胃の不調も口臭の原因に繋がる場合があります。

口は食道を通して胃と繋がっているので、胃の不調が口臭になって表れやすいです。口の中に問題がないのに口臭がする場合は、胃や腸の不調を考えてみると良いでしょう。口臭は知らない間に周囲の人に迷惑をかけている場合が多いです。貴方が話していると顔を背けたり、避けるような仕草をする人はいませんか。口臭が原因で人に迷惑をかけているとしたら、とても悲しいですよね。

口臭は気が付いていても、誰も本人には言えないデリケートな問題です。口臭で職場の人や友人に迷惑をかけないように、胃と口臭について考えてみましょう。今回は胃と口臭の問題に関連する胃の病気をお伝えします。皆さんも胃と口臭の関係を学んで爽やかな息と健康を手に入れてください。



 

胃と口臭の関係を学んで
爽やかな息と健康を手に入れる方法

 

慢性胃炎の場合を考えよう


胃と口臭の関係で、乱れた食生活が慢性化していると慢性胃炎の可能性も挙げられます。慢性胃炎は喫煙・飲酒という生活習慣も大きく影響してきます。

食生活が乱れている人や、喫煙・飲酒を日頃からしている人は口臭がする可能性があります。胃と口臭の問題を解決したい場合は、暴飲暴食を避け、規則正しい食生活を心がけましょう。食事の栄養バランスも考えてみましょう。

 

急性胃炎の場合を考えよう


胃と口臭の問題を考える時に、辛いものが好きな人は急性胃炎の可能性も考えられます。急性胃炎は唐辛子などの刺激物や飲み薬の服用、感染症などによって、急激に起こる胃の炎症です。最近急に胃の痛みなどを感じた場合は急性胃炎かもしれません。

急性胃炎はアレルギー反応によって現れることもあります。食物アレルギーを持っている人は、急性胃炎になることもあるので気を付けましょう。胃と口臭の関係を考えると、刺激物を摂ることや暴飲暴食や薬の乱用は避けましょう。

 

胃潰瘍の場合を考えよう


胃と口臭の問題では、胃潰瘍の可能性も考えられます。胃潰瘍は、胃の粘膜がただれている状態です。直接的な原因は胃酸で、胃酸が胃の粘膜を溶かしてしまうことによって胃潰瘍になります。間接的な原因として考えられるのは、ストレスによる胃酸過多も考えられます。

また、喫煙や飲酒、ピロリ菌に感染している場合も胃潰瘍の原因として考えられます。胃潰瘍は口臭の他にも胸やけや食欲不振の症状が出てくることがあります。胃と口臭の問題を考えると、胃潰瘍の可能性もあるので内科・胃腸科で診察を受けることをお勧めします。

 

十二指腸潰瘍の場合を考えよう


胃と口臭の繋がりを考える時に、十二指腸潰瘍の心配もした方がいいかもしれません。空腹時に特に口臭が出るようであれば、十二指腸潰瘍の可能性もあります。十二指腸潰瘍は胃と腸を繋ぐ十二指腸で潰瘍が起こる病気です。胃酸によって十二指腸がただれて崩れる病気です。

一般的に、空腹時に胃の辺りが痛くなるのは十二指腸潰瘍、食後に胃が痛くなるのは胃潰瘍の可能性も考えられます。胃痛や口臭があるようであれば、内科・胃腸科で診察してもらうことをお勧めします。

 

呑気症の場合を考えよう


胃と口臭の問題では、げっぷが出た時に口臭がするようであれば呑気症も考えられます。呑気症とは、空気をのんでしまうという症状です。病気と言えるほど深刻ではありませんが、食事後に胃に溜まった臭いの成分を含んだ空気が排出されます。

それが口臭と同様に相手を不快にさせてしまうことがあります。呑気症はストレスが原因になることが多いです。消化器科、心療内科、耳鼻咽喉科で診察を受けましょう。

 

逆流性食道炎の場合を考えよう


胃と口臭の関連性で、すっぱい刺激臭がする場合は逆流性食道炎も疑わなくてはなりません。逆流性食道炎は胃酸の逆流により、喉の奥や口の中にすっぱい液体が上がってきます。息とともにそのすっぱい臭いが口臭として相手を不快にさせてしまうこともあります。

これも胃腸科で治療して、治していかなくてはならない病気です。胃と口臭の関係で刺激臭がする場合は、逆流性食道炎の可能性も考えられます。

 

胃がんの場合を考えよう


胃と口臭の繋がりを考えると、胃がんの場合も考えられます。胃がんの場合の口臭は、人によって違いがあります。腐った卵のような臭いやきつい花の臭いがするという人もいます。血液中に取り込まれた臭い成分が、肺の空気交換によって胃がんの人も口臭を発生することがあります。

他に症状として胃痛、食欲不振、胸やけなどがある場合もあります。かなり進行しても無症状の場合もあります。胃と口臭の健康を考えると、定期的に検診を受けることが大切になってきます。

 

いかがでしたでしょうか。

胃と口臭の関係を学んで爽やかな息と健康を手に入れる方法を紹介しました。口臭に悩んでいる人は、まず刺激物は避けて、腹八分目を心がけましょう。野菜を多く摂り、胃腸の調子が悪い時は消化の良い物を食べるようにしましょう。

ストレスによって胃腸が悪くなることもありますので、運動や気分転換をしてストレスを減らすと良いですね。薬を多く飲んでいるために口臭がする場合があります。その場合は、体調を考え、減らせる薬は医師に相談して少し減らし、薬を乱用しないようにしましょう。

胃の調子が悪い時は、アルコールを控えることも大切です。口臭がきついという場合は、原因は口の中に問題があることが多いです。歯科医院に通って、虫歯、歯周病などを治しましょう。歯科医の指示に従っても口臭が治らず、胃の調子が悪い時は内科・胃腸科を受診しましょう。

 

まとめ

胃と口臭の関係を学んで口臭をなくするには

・胃潰瘍の場合を考えよう
・急性胃炎の場合を考えよう
・胃潰瘍の場合を考えよう
・十二指腸潰瘍の場合を考えよう
・呑気症の場合を考えよう
・逆流性食道炎の場合を考えよう
・胃がんの場合を考えよう