歯石を自分で取りたい!失敗しないための取り方5つのコツ

歯石を自分で取りたい!失敗しないための取り方5つのコツ
歯石の取り方が分かれば、歯医者さんに行く回数を減らせてよいのに、と考えることってありますよね。歯医者さんに行くのは、費用も掛かりますし、何よりあの「キュウィ~ン!」という機械の音が嫌という人もいるはず。あの音を聞いただけで歯が痛くなってくるという人もいるのではないでしょうか。

ですから、できるだけ歯医者さんに行かなくて済めばこんなに良いことはありません。でも、どんなに一生懸命歯磨きしても、いつの間にか歯石は溜まってきます

そこで、歯石の取り方をマスターすれば良いんだ!と考えるわけです。とはいえ素人ですから、下手な歯石の取り方をして歯や歯茎を傷つけてしまっては大変です。

そこで今回は、失敗しないために、歯石の取り方のコツをお伝えします。

フルーツを使う

面白いもので、フルーツに含まれる酸には歯石を溶かす作用があります。そこで、酸の多いフルーツを使った歯石の取り方があるのです。

おススメはポピュラーな果物、レモンやイチゴです。レモンの皮を歯石の部分に10分間押し付けますその後、歯磨きすると簡単に歯石が取れます

イチゴの場合は、半分に切って歯石の部分に10分間押し付けて、その後歯磨きしてみましょう。10分間押し付けるのは、少々根気がいりますが、これで歯石が取れるならありがたいことですから、辛抱しましょう。

 

重曹を使う

重曹に水を少し加えて、ペースト状にします。それを使って歯磨きすると歯石を取ることができます歯が白くなる効果もあります

重曹には研磨作用がありますので、使用量は抑えめにし、あまり力を入れずに磨きましょう。歯石を取ると同時に、健康な歯茎を痛めてしまったら大変なことです。

また、歯磨きまではしなくても、重曹を使ってうがいをするだけでも効果は大きいので、普段から試してみましょう。

 

ティーツリーオイルを使う

ティーツリーオイルは、聞き慣れないと感じる方が多いでしょうが、オセアニアに生息するティーツリーという植物から抽出される精油です。

ィーツリーオイルには優れた抗菌作用があり、歯石の取り方としても注目されています。強い殺菌力があるので、少量でOKです。

数滴を水で薄め、それで歯磨きをすることで効果が出ます

 

お役立ちアイテムを使う

歯石の取り方として、代表的なのはデンタルフロスです。フロスを歯と歯の間に入れて掃除します。いろんな製品が開発されているにも関わらず、今だに歯医者でもデンタルフロスが使われているという事を考えると、かなりの優れものということです。

デンタルフロスは使いにくいと感じる人も多いもの。勢いよく入れてしまうと、歯茎を傷つけてしまい、すぐに出血してしまいます。ゆっくり前後にスライドさせて優しく歯茎までおろす使い方をマスターしましょう

歯茎までおろせたら、歯の側面に沿ってこすりながら上げていきます。反対側も同じようにして歯石を取り除きましょう。

また、歯間ブラシというアイテムもあります。歯間ブラシも、歯茎を傷つけてしまわないように、注意が必要です。上手な使い方を身につけましょう。

歯間ブラシは歯と歯肉の間の汚れを取ることができます。ただ、若いうちは歯と歯の隙間が狭いので、うまく入らない人が多いです。無理に入れると歯や歯茎を傷めてしまいます。

ですから、歯間ブラシは若い人よりも年配の方におススメです。若い人はデンタルフロスをしっかり使えるようになりましょう。

 

つまようじで取る

最後は、お馴染みのつまようじです。しかし、つまようじでゴシゴシ取り除くということではなく、幾つかの効果的な歯石の取り方の合わせ技をここでお伝えします。

重曹適量に塩(大さじ2分の1)と水を少々混ぜてペースト状にしますこのペーストで歯を磨くのですが、丁寧に磨いた後ペーストは吐き出すようにしましょう。

そして、過酸化水素水(1カップ)に水を混ぜたもので口をすすぎますそれからもう一度、水ですすぎます。これで、歯石が柔らかくなりました。

ここで、つまようじの出番です。気持ちよく歯石が取れるでしょう。さらに最後に、マウスウォッシュで口をすすいで完了です。

 

さて、意外にも自分でできる歯石の取り方はあるものです。歯医者に行くしかないと思っていた人にとっては朗報ですよね。

でも、実際にやってみるとけっこう大変です。最終的には、今回お伝えした歯石の取り方で対処することになりますが、普段から歯石が溜まらないようにケアすることはもっと大切です。

毎日歯磨きをしましょう。その際、デンタルフロスや歯間ブラシを使って歯と歯の間を掃除しましょう。また、間食にリンゴを食べたり、緑茶を飲んだり、キシリトール入りのガムを噛んだりするのも効果的です。

とにかく毎日の積み重ねが大切です。毎日頑張って歯をケアし、それでも歯石が溜まってしまった時には歯石の取り方を駆使して取り除き、さわやかなお口で毎日を過ごしましょう。

まとめ

失敗しない歯石の取り方とは

・ レモンやイチゴで歯石を溶かす
・ 重曹を使って歯磨きする
・ ティーツリーオイルを使って歯磨きする
・ デンタルフロスや歯間ブラシを使う
・ 歯石を柔らかくしてからつまようじで取る


連記事
タイトルとURLをコピーしました