自分の体臭が気になったら…簡単な3つのセルフチェック

自分の体臭が気になったら…簡単な3つのセルフチェック
ふとした時に自分の体臭が気になっても、周りの人に「私って臭い?」と聞くことなんてできませんよね。もし勇気を出して聞けたとしても、相手が正直に「そうだね、臭いね!」と答えてくれるとも限りません

そんな時に知っておくと便利なのが、体臭のセルフチェック方法です。自分で自分の体臭を確認できるなら、周囲に「臭い!」と思われる前に対策できますよね。

体臭のセルフチェック方法は今ではたくさん紹介されていますが、高価な道具や手間がかかるものはちょっと試しにくいものです。できるだけ簡単で、思いついたらすぐにできる方法の方が実践しやすいことでしょう。

そこで今回は、自分で自分の体臭を確認するためのセルフチェック法を3つお伝えします。

 

自分の体臭が気になったら…
簡単な3つのセルフチェック

 

体臭がきつい体質の条件に当てはまるか調べよう

まず、実際に体臭を嗅いで確かめる前に、体臭が強めの体質にありがちな特徴について知り、チェックしていきましょう。まず、ワキガ体質の人に多く見られる特徴かどうか確認しましょう。

まず、耳垢が湿っているかどうか。耳の中にはワキガの原因となるべとついた汗を出すアポクリン腺があり、ワキガ体質の人は耳垢が湿りがちになります。

そして、白い服を着た後、服のわきの下の部分が黄色く変色することは無いか。アポクリン腺から出る汗は乾くと黄色く変色しやすいので、アポクリン腺が多いと衣服の変色も顕著に見られます。

そして、ワキガではない身体の内側から来る体臭のチェックです。まずは食べ物、嗜好品です。肉や揚げ物を好み、飲酒や喫煙習慣はある人は、体臭が出やすい傾向があります。

また、運動不足で普段汗をたくさんかかない、便秘気味である、ストレスが多い生活を送っているなどの条件を満たす人は、身体の内側から臭いの強い汗をかきやすいと言われています。

ただ、これらのチェックに当てはまったからと言って必ずしも体臭がきついとは限りません。次以降のチェックと照らし合わせ、判断しましょう。

 

お風呂に入ってから衣類や枕、シーツの臭いをチェックしよう

体臭を纏った状態の身体では、体臭のセルフチェックは難しくなります。これを可能にするためには、一旦入浴して身体をきれいに洗浄して無臭の状態になってから衣類の臭いをチェックしましょう。

衣類の中でも特に肌着は皮膚に一番近く、体臭がわかりやすくなっています。そんな肌着の首の後ろ部分や脇の下部分の臭いを嗅ぎ、悪臭があるようなら体臭アリと判断するのが妥当です。

ただ、ちょっと汗臭い程度であれば体臭がきつい体質だとは言えず、一般的なレベルだと考えた方が良いでしょう。体臭がきついと、ネギのような臭いや油臭さ、腐敗臭に似た酸っぱい臭いを感じるようになりますが、かいたばかりの汗の臭いしか感じないようなら気にししすぎることはありません

また、同じく洗ったばかりの身体でシーツや枕カバーの臭いもチェックしてみて下さい。ここで饐えたような油臭さを感じたら、加齢臭体質に傾いている可能性があります寝具に付いた加齢臭は洗濯しても落ちにくいので、洗濯後に改めて嗅いでみて再度確認すると確実です。

 

汗そのものの臭いをチェックしよう

お風呂に入らずに、すぐに体臭チェックをしたいという場合は、ラップフィルムなどを使って汗そのものの臭いをチェックする方法があります。これならどこにでもある道具を使ってチェックができるのでおすすめです。

まず、未使用のラップフィルムや小さなビニールシートなどを用意し、それで脇の下などの汗を拭います。そしてそれをしばらく置き、ミント系のガムなどの香りを嗅いで嗅覚を一旦リセットします。

嗅覚をリセットしたら、先ほど汗を拭ったラップフィルムの臭いを嗅いでみて下さい。やはり、ネギのような臭いや酸っぱい臭いがしたら体臭が強い可能性大です。

ラップフィルムなどはそれ自体に臭いが無いこと、そして付着した汗を吸収しない性質があることから、汗を付けてしばらく置いても臭いが変わらず、そのものの臭いを確認することができるのです。出先などで体臭が気になったら、この方法を試してみて下さい。

 

いかがでしたでしょうか。誰でもすぐにできる体臭のチェック方法を3つお伝えしました。

体臭と一口に言っても、ワキガ体質や加齢臭体質、そして今よく言われている男脂臭などなど、性質が多岐に分かれます。性質が違うということは対策も変わってくるということで、自分がどんな臭いを放っているのかを確かめることがより一層重要となるのです。

今は臭いへのエチケットが厳しく、普通に生活していれば誰でも発するような臭いまで「あの人臭いよね」と言われる原因になります。そんな世の中でも周囲に迷惑をかけずに安心して過ごすためには、自分で体臭をいち早く察知しておく必要があります

臭いに敏感な現代を前向きに生き抜くためにも、時々体臭のセルフチェックをする習慣を付けましょう。

まとめ

すぐにできる体臭のセルフチェック

・体臭がきつい体質の条件に当てはまるか調べよう
・身体を洗った状態で衣類や枕、シーツの臭いをチェックしよう
・ラップフィルムなどに汗を付け、そのものの臭いをチェックしよう


連記事