身長の低い私が、人生を損していると思う9つの理由

身長の低い私が、人生を損していると思う9つの理由
身長が低いからといって人間性は否定されるわけではありません。「あいつは、身長が低いから、仕事ができないんだ」とか、「彼は、いい人そうなんだけど身長が低いから信用できない」なんて事ありえません。というより、あってはならないことです。

しかし、何となく、気になりますよね?私は身長が低くて、人生において何かしらの損をしているように思ってしまうのです。もちろん、被害妄想が大部分を占めていると思います。世間の人は、そんなに私の身長なんて気にしていません。

でもやっぱり、ちょっと気になります。



 

身長の低い私が、人生を損していると思う9つの理由

 

その1: ルックス面で損している

人間、もちろん見た目が全てではありません。そんな事は知っています。

人間の価値というのは、性格や仕事の出来不出来など様々なファクターで成り立っていて、ルックスが全てなどという事はあり得ません。

ましてや身長なんて人間の価値を左右する物ではありません。現に女性に対して、「男性に求めるもの・こと」の様なアンケートを行うと、優しさという項目が、ほぼ1位を独占していて、ルックスや身長は、もっと下にしかランクインしていません。そんな事は分かっています。

でもやっぱり。スラーッと背の高い人って自然とルックスが良く見えて、羨ましく思ってしまいます。

 

その2: 女性との釣り合いを考えすぎて損している

さっきも挙げた様に、女性が男性に求める物はルックスや身長ではなく、もっと内面的なものだと分かっています。

でも、私自身が納得できないんです。女性は、誰もかれもが、背の高い男性を求めているワケじゃない。頭では理解していても、やっぱり彼女と肩を並べて歩く時には、私の方が高くありたいんです。それが私の願望なんです。

男性の方が頭一つくらい身長が高い。それが私の思う、理想のカップルなんです。その為に、私より背の低い女性にしか目が行かないんです。でもそれってきっと損していると思います。

 

その3: カリスマ性で損している

女性にモテるモテない。それには身長が低いことなんて関係ない。もしそれが事実であろうと、被害妄想であろうと、割り切ってしまえば、どっちだって良い。

だったら私は、仕事が恋人だと言わんばかりに働こう。バリバリと仕事をこなす私のカリスマ性に女性の方から、近づいてくるはずだ。スラッと長身の彼が仕事をソツなくこなしている姿と、身長の低い私が猛烈にバリバリと仕事をしている姿。その後ろ姿、出来る男は背中で語る。

あれ?長身の彼の方がカッコ良い。そんな気がします。

 

その4: 高い所の物が取れずに損している

背か低いことで損していることは、他にも色々あります。

例えば、高い所にある物が取れません。多くの人は「そんなつまらない事」と言うでしょう。そう、実につまらないことです。

しかし、高い所の物を取るという事態は、人生の至る所に存在します。例え小さく些細な事柄でも、遭遇する頻度が高ければ、コツコツと積み重なり、私の自信は傷付いていくのです。

 

その5: 人混みに埋没してしまい損している

高い所の物を取るという事態の頻度は多いです。ですが、これはもっと多いです。それが人混みに埋もれてしまうことです。都市部に住んで会社勤めをしていると、ほぼ毎日が人混みとの戦いです。

そう、満員電車です。私の背には高すぎる吊り革にぶら下がり、人混みに揉まれる様は、地獄その物です。同じ満員電車に乗っていても、人混みから頭一つ飛び出している高身長の彼は、どこか涼しげです。

 

その6: スポーツ面で損している

ここまでは、被害妄想と言っても差し障りのないことでした。でも、これはもっと具体的で、実害のあることです。

それは、スポーツ面で損をしているんです。世の中には、ありとあらゆるスポーツがあります。中には、身長が低いほど有利で、身長が高ければ高いほど不利なんてスポーツもあると思います。

でも、野球・サッカー・バスケットボール・バレー・陸上競技・各種武道、日本で日常的に行われているスポーツのほとんどは、やはり背の低い方が不利に出来ています。やっぱり不公平です。

 

その7: デメリットはあってもメリットがなく損をしている

この様に、背が低いことによるデメリットは、数え上げるとキリがありません。

そこで私は思い悩み、友人に相談するとしましょう。すると友人は笑いながら「狭い所に入れる」だの、「道に落ちているお金を拾うのが早い」とか、「雨に濡れるのが最後になる」とか笑いながら言ってくるでしょう。

そんな物は、断じてメリットなんかじゃありません。

 

その8: 身長はあるに越した事はない

こんな感じで、背が低い事のデメリットを挙げていくと、私でさえ、こう思ってしまうのです。「身長はあるに越した事はない」と。ちょっと考えれば、それはそうです。お金も、知識も、仕事も、あるに越した事はないのです。身長だって同じことです。

 

その9: 自分の子供にも遺伝してしまうのでは?と不安

ここまで色々と書いてきました。でも、世の中、捨てた物じゃない。とばかりに、身長の低い私のことでも好きになってくれる女性が現れて、めでたく結婚できたとしましょう。

あくまで仮定なのが悲しい限りですが。結婚したとなると、今度は子供です。そうなると、フッと不安になるのです。「自分の子供に背が低いのが遺伝したらどうしよう?」と。

最近の研究によると、身長における遺伝の影響は、2割程度だと言われています。確かに、両親ともに身長が低いのに、背の高い友人も居ます。でも、どうしても不安は拭い去れません。実際に私の父親は、お世辞にも背が高いと言える身長ではないので…。

 

如何でしたか?

身長の低い私が、人生を損していると思う9つの理由。確かに被害妄想と言い切ってしまうのは、簡単なことです。ですが、ネガティブに感じている人にとっては、その妄想こそが事実なのです。ですが、もちろん損していると悲観していても事態は好転しません。

素晴らしい時代になりました。今や、インターネットを使って様々な情報を入手できます。身長を伸ばす方法とて、例外ではありません。実際に、検索してみると、ありとあらゆる方法が見つかります。

中には、姿勢改善による長身法のように、道具もなく無料で実践できて、しかも効果が確かな方法も存在します。やって損はないハズです。あなたが、この記事を読んでいるという事は、背が低く、なおかつインターネットが使える環境にあるということです。

さぁ、インターネットで、「身長 伸ばす 方法」と検索して、表示されるサイトに、今すぐ目を通してみましょう。

 

まとめ

身長の低い私が、人生を損していると思う9つの理由

その1: ルックス面で損している
その2: 女性との釣り合いを考えすぎて損している
その3: カリスマ性で損している
その4: 高い所の物が取れずに損している
その5: 人混みに埋没してしまい損している
その6: スポーツ面で損している
その7: デメリットはあってもメリットがなく損をしている
その8: 身長はあるに越した事はない
その9: 自分の子供にも遺伝してしまうのでは?と不安