自尊心が低いと陥りがちな5つの行動パターン

自尊心が低いと陥りがちな5つの行動パターン
あ、この人はなんて自尊心が低いんだろう……と、周囲の人が感じることって、たまにありますよね。一体、その人のどんな行動が、他の人に自尊心が低いと感じさせているのでしょうか。

自尊心はプライドという言葉に置き換えられることが多いです。それも正解ですが、心理学的に言うと、自尊心とは自己に対する肯定的な態度を指します。

つまり、自尊心が低いということは、自己を肯定する力が弱いという解釈もできます。自己肯定力が弱いということは、本人を生きにくくしますし、周囲の人を戸惑わせる原因にも成り得ます。

そんな自尊心の低い人には、共通する行動パターンがいくつかあります。自分は自尊心が低い方かも……と心配な人は、それに当てはまっているか知りたいですよね。

そこで今回は、自尊心が低い人に見られる行動パターンについてお伝えします。



 

自尊心が低いと陥りがちな
5つの行動パターン

 

お金や物で他人の気を引く


自尊心が低いと、自分の性格だけで人間関係を保つ自信が持てず、お金に余裕があるわけでもないのに、頻繁に他人にごちそうしたり、プレゼントしたりを繰り返すようになります。確かに、他の人から見ると、タダで美味しいものが食べられたり、何か貰えることからとその人と仲良くしようと思うこともあるでしょう。

でも、頂く側にしてみれば、「そんなことをしなくても友達だと思ってるのに……」と、残念な気持ちになることもしばしば。そのせいで本当に親しくしたいと思っている人は離れ、お金や物目当ての人だけが周囲に残ってしまう事態に陥りがちです。

自分が金品で他人の気を引いている自覚がある人は、早めにその悪循環を断ち切らねば、正常な人間関係を築けず絞り取られるだけになってしまいます。

 

自虐的な言動、行動が多くなる


事あるごとに「どうせ私は○○だから……」という自虐的な発言、行動が見られるようになるのも、自尊心が低い人の特徴です。これは、自分で自分を肯定できないということと、でも周囲には「そんなことないよ」と言ってほしいという心理から発生する行動パターンです。

しかも、周囲が「そんなことないよ」と言ってもすぐには受け入れない癖に、フォローしなければしないで傷付くという面倒くささを持ち合わせている人が多いため、友達が減るのも珍しくありません。それもまた、「どうせ私なんかの友達になってくれる人はいないんだ」と自虐の要素に加わり、より一層近付きがたくなってしまうのです。

 

周囲の意見に流され、イエスマンになり下がる


自尊心が低いと自分の意見に自信が持てなくなり、周囲の意見に流されやすくなります。優柔不断な人はどこにでもいるため、強い意見に流されることは珍しくありませんが、自尊心が低いとその場にいる誰にでも調子を合わせ、八方美人のイエスマンになり下がる傾向があります。

これは、自分の意見に自信が無いことに加え、他人の意見を否定することで攻撃されるのが怖いことから起こる行動です。誰の言い分にも「イエス」と言ってやり過ごすのは、衝突も避けられてとても楽なものですが、真逆の意見にも容易に流されるようになると、「あの人は信用ならない」という評価を下されることになります。

 

他の人の悪口ばかりを言う


先ほどとは真逆で、他人の悪口を言ったり、揚げ足を取って攻撃することが日課になっている人もいますよね。こんな強気な態度は、自尊心の高さからではなく、低さから生じるものです。

自尊心が低いと自己評価が低くなりやすいと先ほどお話ししましたが、その低い自己評価のせいで周囲にコンプレックスを抱くようになると、自己を高めるのではなく周囲を悪く言って下げるという間違った行動に出やすくなります。

事あるごとに誰彼構わず悪口を言う人や、誰かを陥れて快感を覚えるような人は、心の奥底では低い自己評価に苦しんでいるとも考えられます。

 

自分への評価を過剰に気にし、くよくよする


生きていれば他人に評価されることはよくあることですが、ある程度の自尊心を持っていれば、低い評価を付けられても立ち直ることができます。一方、自尊心が低い人は自分で自分を正確に評価することができないため、周囲に低い評価を付けられると、まるで世界のどん底に突き落とされたような落ち込みっぷりを見せます

このように他人の評価に依存しやすくなるため、結果がどうだったかよりも、どう評価されたかに固執しがちになります。そのせいで、カンニングや周到な根回しなど、不正行為に身を落としやすくなるという特徴もあります。

 

いかがでしたでしょうか。自尊心が低い人が陥りがちな行動パターンについて全部で5つお伝えしました。

自尊心が低くなる理由としては、育った環境や幼いころのトラウマ、挫折など様々なものがありますが、どんな理由であれ、取る行動には共通点が多いというのが興味深いものです。しかし、見方を変えれば、自尊心が低いということは、簡単には解決できない深刻な心の傷を負っていると取ることもできます

ここでお話ししたものは、周囲をうんざりさせるような行動ばかりですが、そんな行動を取る本人は必死なのだということは言うまでもありません。もしも、これらの行動を取っている人を見かけたら、その奥にある心の叫びに気付いてあげたいものですね。

まとめ

自尊心が低いと陥りがちな行動パターンは

・人間関係を築く自信が無いためお金や物で他人の気を引く
・自虐的な言動、行動が多くなる
・周囲の意見に流され、イエスマンになり下がる
・他の人の評価を落とすため、他の人の悪口を言ったり、陥れたりする
・自分への評価を過剰に気にし、くよくよする