自尊心が低い人の5つの特徴と高めるためのメンタル術

自尊心が低い人の5つの特徴と高めるためのメンタル術
自尊心が低いと、自分に自信が持てない為、何をするにもビクビクして、人の目が気になってしまいますよね。「自尊心が高い」と自信を持って言える人は、実際のところごく僅かで、多くの人が少なからず「自分は自尊心が低い」と思っているので、自尊心の高い自信に満ちた人は輝いて見えるのです。

そもそも、自尊心とはどういうことかというと、「自分の人格を大切にし、思想や言動に自信を持っている」ことを言います。この言葉の意味を知れば、自尊心が低い人が、どういう状態かはお分かりでしょう。

当然、自尊心が低いよりは高い方が良いですし、高める術があれば、ぜひ知りたいところ。その為に大切なのは、自尊心が低い人の特徴を知ることです。その後に、自尊心を高める為の、努力をしていきましょう。

そこで今回は、自尊心が低い人の特徴と高めるためのメンタル術をお伝えします。



 

自尊心が低い人の5つの特徴と
高めるためのメンタル術

 

他人と自分を比較してしまう


自尊心が低い人ほど、つい他人と自分を比較してしまいます。この時に「あの人は出来るのに、自分は出来ない」と嘆いてしまい、まるで自分をダメ人間だと感じてしまうのです。

ですが、他人と比較したところで、自分の能力が上がる訳ではありませんあくまで、他人は他人、自分は自分なのです。

つい、他人と自分を比較してしまう人は、ダメな部分も含めて、等身大の自分を受け入れるようにしましょう。他人がどうであれ、今の自分は「これでよい」という気持ちを持って下さい。そして、自分の可能性を信じて疑わずに努力をしていけば、やがて実を結び、自尊心が高くなっていきます。

 

他人から認められないと不安になる


誰でも人から認められたいという気持ちはありますが、自尊心が低い人ほど、その欲求は強いです。その理由は、やはり自分に自信がないからで、認められないと不安になってしまうのです。

一方、自尊心の高い人は、「自分はこれでよい」という、しっかりした軸を持っているので、例え人から認められなくても、気にはなりません。不安な自分を変えるには、等身大の自分を受け入れ、何事も楽観的に捉えることが大切です。

他人から認められなかった時は「失敗したんだ」と考えるのではなく「何も言わないから問題ないんだな」と、考えるようにしましょう。そうすれば、認められなかったとしても、「自分はこれでよい」と気持ちが前向きになります。

 

自分の考えがなく周りに流される


自尊心の高い人は、皆のいる前でも堂々と自分の考えを言うことが出来ます。反対に、自尊心の低い人は、自分の考えを主張するのが苦手で、意見を言えずじまいになってしまうことが多いことでしょう。その結果、内心は違うと思っていても、いつも相手の意見に従ってばかりになります。

それを続けていると「相手の意見に従うのは楽」ということを覚えてしまい、いつしか自分の考えで行動することが不安になってしまいます。そして、何をするにも相手の意見を聞かないと、行動が出来なくなってしまいます。

自分の考えで行動出来ない状況を変えるには、普段から自己主張をすることが大切です。「自分の考えに自信がないから自己主張出来ないのに」と思う人もいるでしょうが、ここは勇気を出して言ってみて下さい。

自分の言葉で一生懸命話せば、周りの人は聞いてくれます。そして意見をくれたりと、相手も考えを返してくれますので、有意義な話が出来るでしょう。この体験の積み重ねが、自尊心を高めていってくれます。

 

すぐにネガティブになってしまう


精神的に強い人と弱いと人がいますが、自尊心の低い人ほど、精神的にも弱い傾向があります。ほんのちょっとしたことでも、精神的に不安定になったり、不用意に心配になったり、ネガティブになったりします。

こうなってしまう原因は、自分自身を受け入れられていなかったり、物事を前向きに捉えられないことにありますから、まずは「等身大の自分を受け入れる」や「物事を楽観的に考える」ということを実践することが、やはり大切になってきます

また、ネガティブな人と付き合わないのも、一つの方法です。「朱に交われば赤くなる」という言葉があるように、自分の考えや振る舞いとは、どんな人と付き合うかで、簡単に変わったりします。ですので、ぜひポジティブな人と付き合って、少しずつ前向きな部分を自分に取り入れていきましょう。

 

人間関係を築くのが上手くない


自尊心が低いというのは、自分に自信がなく、おろおろして見えるので、人としての魅力が少ないと言わざるを得ません。そして、魅力が少なければ、当然人は集まってきませんので、人間関係を築いたり、広げたりするのが難しくなります。

良い人間関係を築くには、自分も他人も大きな心で包み込むことです。人は、それぞれ違う環境で育っていますので、全て自分と同じ考え方や価値観を持ってはいません。そこを認めることができれば、色んな人と付き合うことができ、人間関係も広がっていきます。

色んな考え方に触れ、知識を吸収していくことが、自尊心を高めるのにも役立っていきます

 

いかがでしたか。自尊心が低い人の大きな特徴は「自分に自信が持てない」ことです。どうしても自分を悪い方悪い方へと、考えてしまいますが、これでは自尊心が育たないのも無理はないでしょう。

まずは、自分の考え方を変えていかなければ改善はしないので、前向きに物事を考えられるよう、意識していきたいところです。しかし、自分の力のみでは、なかなか上手くいかないという人は、周りの助けを借りるのも一つの方法です。

前向きでポジティブな知り合いがいれば、その人の考え方や行動をよく観察して下さい。人から受ける影響は、自分に大きなプラスになります。今回お伝えしたことを実践し、自尊心の高い、輝く人になりましょう。

まとめ

自尊心が低い人の特徴と高めるメンタル術は

・他人と自分を比較してしまう→等身大の自分を受け入れよう
・他人から認められないと不安になる→物事を楽観的に捉えるようにしよう
・自分の考えを言えず、相手の意見に従ってしまう→常に自己主張をするようにしよう
・すぐにネガティブになってしまう→ネガティブな人と付き合うのをやめよう
・魅力が少なく、人間関係を上手く築けない→他人の考え方を受け入れよう