自尊心を高める5つの言葉☆前向きな人生を手に入れるには

自尊心を高める5つの言葉☆前向きな人生を手に入れるには
自尊心を高めるために必要なことは、他人の力でも環境でもなく、本人の努力と思い込みです。そうは言っても、努力はともかく、何をどう思い込めば……と、戸惑ってしまう人もいますよね。幼少期に自尊心を高めるには周囲の大人の力や環境要因が大きいものですが、大人になってからは、自分で自分を変えていく以外に方法は無いと言えます。自尊心を高く持てるような実績を上げる、自分を磨く、ありのままの自分を直視して全て受け入れる……などなど方法はいくつかありますが、どれも本人が自分の価値を認められなければ意味がありません

自尊心を高めるために欠かせないのは上記の努力と「自己暗示」です。自分に前向きな言葉で暗示をかけて、自分の中で自分の価値を高めていくようにすれば、いずれは高い自尊心が得られるようになるはずです。

そこで今回は、自尊心を高めるために心に留め置きたい言葉をお伝えします。

何もしなくても自分は価値ある人間だ

まず、自尊心が低い人の発想としてありがちなのが、「成果を上げなければ自分に価値はない」と思い込んでしまうこと。こんな考えは向上心に繋がるという良い面もありますが、それ以上に思うようにできない自分を卑下する材料になってしまいます

自尊心を高めるためには、まずは過剰な努力をやめることから始めましょう。小さな努力はもちろん必要ですが、何でもがむしゃらに頑張らなければいけないと自分を追い込むのはストップして下さい。

努力は素晴らしいことですが、それをしなくても人は生まれ持った価値があるのです。その生来の価値を信じ続けると、自尊心は少しずつ回復していきます。

 

成功したらすごいけれど、失敗しても無駄ではない

過剰な努力は必要ないとお話ししましたが、ある程度の向上心を持つことは必要です。特に、自尊心を高めるという目的から言うと、少しの成功は自分を褒め称える材料になるため、無いよりもあった方が良いと言えるでしょう。

ただ、頭の隅に置いておいてほしい言葉として、「何事も失敗は無駄にはならない」ということがあります。失敗しても次の成功へのヒントが得られますし、経験値も上がります

自尊心が低い人は0か100かという発想に陥りやすく、成功以外の結果は0に等しいと考えがちになります。そればかりか、失敗はマイナスと捉えるために、自分を卑下することにも繋がってしまいます

 

他人から見た自分は本当の自分ではない

自尊心が低い人は自分の価値を低く見積もりすぎ、他者の評価に依存しがちになります。そして心無い批判を真に受けて、落ち込んでしまうこともしばしばあるでしょう。

でも、他人が自分のことを100%わかっているかと言えば、そうではありませんよね。他人の目に映る自分は本当の自分ではありません自分のことは、自分にしかわからないのです。

ですから、他人の評価に落ち込まず、そして依存せず、自分で自分の価値を高く見積もるように心がけていきましょう。周りが何と言おうと、自分で己を価値ある人間だと思えれば、自尊心を高めることができるはずです。

 

「つらい」「悲しい」よりも「楽しい」「嬉しい」を大切にしよう

自尊心が低いとマイナス思考に偏り、どんなこともつらさや悲しさに結び付けて考えるようになります。でも、この思考は危険なもので、「つらい記憶しかない→自分には良いことが無い→周りの人間よりも劣っている」という考えに至ることになります。

でも、楽しいことや嬉しいことが起きない人生なんてありません。あなたも楽しいと感じられないだけで、傍から見ると楽しげなことやラッキーなことが起こっているはずです。

これからは、自分の身に起きたプラスの出来事だけを大切にし、しっかり記憶に留めておけるようにしましょう。楽しいことが多い人生だと思えれば自分の価値を見直すことができ、自尊心を高めることに繋がります。

 

自分を愛せなければ他人を愛することはできない

人に愛されなければ自尊心を高めることなどできないと思っている人もきっといるはず。でも、それは間違いであり、むしろ逆です。自尊心を高く持ち、自分で自分を愛することができなければ他人を愛することができないのです。

他人は自分を映す鏡とも言われます。自分を愛せないまま誰かと交際しても相手からの愛を信じることができなくなりますし、自分を卑下していれば、相手からも卑下されている気になるものです。

こんな交際をしては自分だけではなく相手も不幸になるだけです。自尊心を高めるために他人の愛を追うことはやめ、自分を愛する努力をしてから、素敵な誰かを探しに行きましょう

 

以上、自尊心を高めるために必要な自己暗示を、簡潔な言葉にまとめてお伝えしました。自尊心が低いと、それを高めるために自分を追い込んでみたり、敢えて自分を蔑んでみたりします。ですが、これらの行動を取っても自尊心を高めることにはならず、寧ろますます自尊心を下げていくばかりです。

本文中でもお話ししていますが、自尊心を高めるためにはまず自分の価値を信じること、そして自分を愛することです。こうして言葉にすると気恥ずかしいものですが、誰もが活きるために身に付けなければいけない思考なのです。

自分の自尊心の低さに悩んでいる人は、一度立ち止まり、頑張り過ぎていないか確認してみて下さい。そして、そこまで頑張らなくてもよいのだと思い直し、自分を愛しながら楽しく生きることにシフトしていきましょう。

まとめ

自尊心を高めるために覚えておきたい言葉は

・何もしなくても自分は価値ある人間だ
・出来たらすごいけれど、出来なくても無駄ではない
・他人から見た自分は本当の自分ではない
・「つらい」「悲しい」よりも「楽しい」「嬉しい」を大切にしよう
・自分を愛せなければ他人を愛することはできない


連記事