自尊心はすぐに高めることが出来る!たった5つの心掛け

自尊心はすぐに高めることが出来る!たった5つの心掛け
今まで自尊心を高めるための方法を実践しても効果が得られなかった……という人もきっといますよね。それは方法が悪いのではなく、ご自身の心構えのせいでうまく行かなかった可能性があります

自尊心というものは自分の心の内にあるため、人から聞いた効果的な方法も、有名な学者が開発した自己啓発法も、本人のやる気が無ければ全く効果が出なくて当然なのです。つまり、どれだけ理にかなった方法も半信半疑で行えば無意味ですし、逆に他の人から見て「こんなことで効果が得られるわけがない」と思われそうな方法でも、本人が「絶対効く!」と思えば効果が見え始めるものなのです。

このように、自尊心を高める方法を「心掛け」という視点から見てみることはとても重要なこと。そこで今回は、自尊心を高めるために身に付けたい心掛けについてお伝えします。



 

自尊心はすぐに高めることが出来る!
たった5つの心掛け

 

自尊感情は「暗示」によって作られる


自尊心を高めることも、下げることも、どちらも強い「暗示」によって起こります。つまり、他人に「あなたはダメな人ね」と言われ続け、その暗示にかかってしまえば自尊心は下がり続ける一方ですし、逆に自分または他人が「あなたは価値のある人間だ」と言われてそれを信じられる人は、自尊心が高まる傾向にあります。

自尊心を高めるためには、まず物理的な行動を取る前に自己暗示をかけること「今は苦しんでいるけれど、これから自信に満ちた人生が待っている」と己に言い聞かせるようにして下さい。

「どうせ何をやってもダメだ」と思ってしまってはどんな取り組みも効果を発揮しませんので、くれぐれもマイナス思考に陥らないように気を付けましょう

 

全ての自分にOKを出そう


こんな自分が嫌だ、治したい……と思い詰める人は、一見向上心が高いように見えますが、実際はどこか卑屈な精神を抱えています。こんな発想から解放されるためには、優れた自分も、ダメな自分も、欲望も諦めも失敗も、全てにOKを出してあげる必要があります

理想の自分になるために自分にダメ出しをし続けるよりも、自分そのものを認めてあげる方が自尊心を高めることに繋がっていきます。自分のダメなところを意識し続けていると能力自体は上がりますが、反比例するように自尊心は下がり続けます。これでは周囲にどれだけ評価されても満たされないままストレスを抱えることになりかねませんよね。

大切なのは、「自分を褒める」のではなく「自分を認める」ということ。良い自分よりもダメな自分の存在を否定しないことが重要なのです。

 

他人の目を気にしないようにしよう


自尊心が低くなる行動の一つに、「他人の目を気にして行動する」というものがあります。これが深刻になると、自分が本当に得たいものやしたいことを無視して、周囲に評価されやすいことを優先したり、過剰な自己犠牲に走るようになります

これでは自己評価が「他人ありき」になってしまい、他人に評価されない自分はダメだ、他人から見て好ましくない行動を取りたがる自分はダメだという思考に傾いてしまいます。そして、自分は他人あっての自分だと思い込んで自尊心などかけらも無くなってしまうことが想像できます。

他人のために何かしたり、他人から高評価を得ることを否定はできませんが、まずはそれらを後回しにして自分がしたいことを優先しましょう。自分の心のままに動くことで、下がった自尊心も高めることができるようになります。

 

卑屈な言動や行動が出そうになったら自制できるようになろう


自尊心が低い人にあり、逆に高い人にはほとんど無いものが「卑屈な心」です。「どうせ私なんか」と自分を蔑んだり、自分以外の誰かを非難して安心を得たり……という言動や行動に心当たりがある人もいるのではないでしょうか。

でも、これは自尊心をますます下げるだけの行動ですし、言ったその場では良い気分になっても、その後に後悔することに繋がります。でも、卑屈な心は自然に出てしまうものですから、すぐに捨てられるものではありませんよね。

これから自尊心を高めるのなら、卑屈な行動や言動は心の中で制止できるようになって下さい。そして、「思うだけなら悪いことではない」と、卑屈になってしまった自分に許しを与えましょう。

 

自分の目指す自分になる方法を見出そう


ストイックに欠点ばかりを克服するのではなく、「こんな人間になりたい」と思う人間像を想定して、それを目指した行動を取るようにしてみて下さい。それも思うだけではなく具体的な行動を取るのがおすすめです。

例えば、成績優秀な人になりたければ一生懸命勉強し、スポーツができる人になりたければ自主トレを欠かさない。優しい人になりたければ怒りを鎮める訓練をし、周囲への適度な気遣いを学ぶなどがあります。

こうすることで、「私は理想の自分に近付けている」という満足感、そして努力している自分への自尊感情が生まれ、結果的に自尊心を高めることに繋がります。

 

いかがでしたか。自尊心を高めるために心の中でできることについてお伝えしました。

自尊心の低さに悩む人は、能力を上げて周囲に認められるようになれば自然に自尊心も上がるだろうと勘違いする傾向があります。ですがこれは間違いで、自尊心そのものは個人の能力とは全く関係が無いのです。

自尊心とは、周囲と比較して自分がどの位置にいるかは関係なく、自分の価値を認められる力を指します。ですから、特技が多いとか他人に重宝される人材である必要はありません。

必要なのはただ一つ、自分を好きになり、自分の心のままに生きられる心のみ。今のあなたから見て「図々しい」と思えるほど太い神経を持つことです。

自尊心の高さは強い精神力にも繋がります。この機会に強い心を持てるようになりましょう。

まとめ

自尊心を高めるために必要な心掛けは

・自尊感情は「暗示」によって作られることを認識しよう
・良い自分も悪い自分も認め、全ての自分にOKを出そう
・他人の目を気にせずしたいことができるようになろう
・卑屈な言動や行動が出そうになったら自制できるようになろう
・自分の目指す自分になる方法を見出そう


連記事