上半身痩せしたいなら絶対に押さえておきたい7つの常識

上半身痩せしたいなら絶対に押さえておきたい7つの常識
上半身だけが丸く太って悩んでいる方の多くは、顔、顎、首も太っていて、比較的運動の苦手なタイプが見受けられます。摂取した余分なカロリーは、運動などで燃焼される事なく脂肪に蓄えられてしまいます。またリンパの流れもスムーズで無い事が多いようです。首に繋がる顎回りや、鎖骨上部、脇の下辺りには、沢山のリンパ節があります。

あまり太り過ぎると、女性の魅力でもある鎖骨の窪みも脂肪で覆われてしまいますし、腕を頭上高く上げて、脇の下に窪みがあれば良いですが、逆に盛り上がっているほど太っている事もあります。ここもリンパ節がある場所です。リンパや血液の流れが悪いと肩こりや頭痛の原因にもなりますから、痩せて美しいボデイー作りをする事が、同時に痩せて美しいにもなるのです。

カロリーを燃焼してくれる筋肉を増やす事により、太りにくい体質に変わります。筋肉を増やすためには、運動が一番の近道です。上半身を痩せをしたいなら、下記の7つの常識を押さえて置く事が肝心です。



 

上半身痩せしたいなら絶対に押さえておきたい7つの常識

 

その1: 痩せるための食生活

高カロリーの主食であるご飯、麺類などを、今の半分以下に抑えて、空腹感は野菜、豆腐などの大豆製品、肉、魚などで補います。

間食は控えます。どうしても我慢できなければ、ダイエット用のスイーツを食べる程度にします。甘いジュースやスポーツ飲料でもカロリーゼロの飲料を飲みます。お茶、水は問題なく飲んで構いません。

不規則な食生活は改善して、朝と夜は軽めのメニューにする様に心がけます。就寝前には、絶対に食べない様にしましょう。

 

その2: 燃焼しやすい身体づくり

有酸素運動を生活の中に取り入れる。時間、お金に余裕があればジムに通い、自分にあったエクササイズメニューをアドバイスして貰い実践するのが一番です。また水泳とかエアロビクス教室も良いでしょう。時間の取れない方なら、生活の中で歩く距離を増やす事です。その歩き方も出来る限り早足でさっそうとウオーキングです。

そして、普段の生活の中で最も気をつけたいのが姿勢です。とにかく意識して背筋をまっすぐと伸ばす様にする。上半身が太っている肩で多いのが背中を丸めて猫の様にしている方です。ストレッチの積りで、意識して背筋を伸ばす癖をつける様にする。

 

その3: ミニ体操をこまめに

テレビを見ながらでも、電車を待つ間でも構いません。1分でも良いから、簡単にできるストレッチやマッサージをする。脇下、鎖骨のリンパ節を撫でる様に揉む。つま先立ちを繰り返す。両手を胸の前で拝むようにぴったり合わせて、そのまま前方倒しの動作を繰り返す。自分に出来そうなパターンの体操をどんどん取り入れます。日々の小さな積み重ねの努力で二の腕の脂肪も燃焼します。

500gのアームウェイトで手軽に運動するのも良いアイデアです。脂肪を燃焼して、また燃焼しやすい筋肉づくりに役立ちます。500gだと物足りなくなって来たら、1kgの重さに切り替えても良いでしょう。

 

その4: ダイエットグッズの活用

ダイエットブームの昨今、ダイエットに役立つアイテムがスポーツ店やインターネットショップで簡単に手に入ります。 自分に必要な物、適したものを大いに活用しましょう。最初、張り切ってダイエット食を作っていても、だんだんと面倒になり挫折するってパターンがかなりあります。

いくつかの信頼おける食品メーカーでもダイエット食を宅配してくれる時代です。活用する価値は大きいです。またエクササイズの面でも、バランスボール、ダンベル、一寸大きな器具まで至れり突くせりの時代です。

自分の予算内で適した物を購入して活用させるのも良いでしょう。

 

その5: 入浴タイムのフル活用

入浴は洗髪して身体を洗い、ゆったりとバスタブで手足を伸ばす。心身共にリフレッシュするのには最高な時間です。

5分程、ダイエットのために簡単ストレッチとマッサージを取り入れます。入浴は、ほぼ毎日の事ですから、このわずか5分程のストレッチと脇の窪み、顎回りを含めたマッサージの積み重ねが大きな成果につながります。

 

その6: 風呂上がりのミニストレッチ

風呂上がりに鏡で自分の姿を映すと分かりますが、背筋を伸ばしたり反らせて見て、肩甲骨が分かりますか。熱い脂肪で覆われて丸まっていますでは、肩こり予備軍です。肩甲骨を意識しながら、両腕を日時を曲げた状態でグルグルと回す運動をします。

風呂上がりですから気持ちいいはずです。とにかく肩甲骨の周辺に巻き付いた脂肪を燃焼出来る様に頑張りましょう。初めはあまり肩甲骨の動きが悪くても、毎日続けると驚くほどに改善して行きます。

 

その7: 必ず痩せる信念を持ち続ける

最初の一カ月で、食事とエクササイズで体重は順調に落ちて行きます。この調子だと、あともう少し頑張ろうととても励みになりますが、入浴上がりの体重計に乗るのも嬉しいものです。もうひと頑張りというところで、微妙に体重が減ったり増えたりであまり変化しなくなります。

ここで諦めると元の黙阿弥です。ダイエットの山場なのです。

 

いかがでしたか?

信念を持って、同じペースで頑張って下さい。脂肪を燃やしてくれる筋肉が増え、再び体重が減少します。この山場でダイエットをやめるか、続けるかが、失敗する人と成功する人の別れ道です。

 

まとめ

上半身痩せしたいなら絶対に押さえておきたい7つの常識

その1: 痩せるための食生活
その2: 燃焼しやすい身体づくり
その3: ミニ体操をこまめに
その4: ダイエットグッズの活用
その5: 入浴タイムのフル活用
その6: 風呂上がりのミニストレッチ
その7: 必ず痩せる信念を持ち続ける