上手に摂取すれば ニキビが効果的に予防できる食べ物とは?

上手に摂取すれば ニキビが効果的に予防できる食べ物とは?

これまで一度もニキビができたことがないという人は、きっといないでしょう。ニキビの程度は段階がありますが、ポツッと小さくできるものから、真っ赤に腫れあがって病院へ行かざるを得なくなったというケースまで、本当に様々です。

ただ共通していえるのは、ニキビができて気分の良い人はいないということ。叶うことならば、避けて通りたいものです。一旦ニキビができてしまっては、人に会うことが怖くなってしまったり、おしゃれも楽しめなくなってしまいます。

どうせならできてしまってから後悔するよりも、ニキビができない肌をつくるためにしっかりと予防対策をとりましょう。実はニキビを効果的に予防できる栄養素というものがあります。

それらの栄養素を含む食べ物とは一体なんでしょうか?ニキビの予防に役立つ食べ物を知って、ニキビ肌の原因を根本から解決していきましょう!



 

上手に摂取すれば
ニキビが効果的に予防できる食べ物とは?

 

ビタミンAを含む食材


バランスの良い食事と併せてあげられるのが、ビタミンやミネラルの存在です。中でもビタミンAは、美容という側面から見ても大きな役割を果たしています。

肌のターンオーバーを促進する働きがあるため、毛穴のつまりを予防し、さらにはニキビ跡の沈着したメラニン色素を排出する効果まで見込めます。

ビタミンAを含む食材の代表といえば、ニンジンやホウレン草、カボチャ、レバーなどです。ビタミンAの効果は魅力的ですが、ひとつだけ注意すべきことがあります。

それは過剰に摂取してしまうと胎児の奇形を誘発することがあるため、取り過ぎに注意するということです。サプリメントからの摂取は避け、食材から摂るように心がけましょう。

 

ビタミンB群を含む食材


続いて押さえておきたいのがビタミンB群です。8種類のビタミンBを総称して、そのように呼んでいます。その中でも特にニキビの予防に役立つのが、ビタミンB₂とB₆です。ビタミンB₂には、脂質の代謝を促進する働きがあります。

肌の脂質が正常に代謝されれば、ニキビの発生や炎症を予防できるという訳です。またビタミンB₆は新陳代謝を促し、肌の生まれ変わりを助けます。予防だけでなく、ニキビ跡による色素沈着のケアも期待できます。

B₂は乳製品や卵、レバーに多く含まれます。そしてB₆は鶏ささみやマグロ、にんにくなどに多く入っているので、ニキビができそうだなというときに意識してとると良いでしょう。

なお、B群は水溶性ビタミンですので、過剰な分は尿として排出されますから、過剰摂取は気にしなくて大丈夫です。

 

ビタミンC群を含む食材


ビタミンCといえば、美肌に良いというのは有名な話です。ビタミンCには様々な美容作用があります。皮脂の過剰分泌を抑える作用やメラニン色素の合成を抑制する作用、また活性酸素による肌のダメージを防ぐ作用など、ニキビ予防には欠かせない存在です。

ビタミンCを多く含む食材といえば、パプリカや芽キャベツなどの緑黄色野菜、果実、いも類です。ビタミンCはニキビ以外にも美肌に役立ちますから、積極的に摂りたい栄養分です。なお摂取してから2~3時間で排泄されてしまうため、1日に何度か分けて摂るようにすると効果的でしょう。

 

ビタミンEを多く含む食材


ニキビの原因に、ホルモンバランスの乱れがあります。男性ホルモンが多く分泌されて角質が固くなり、毛穴が詰まりやすくなることでニキビが発生します。

よって、医療機関ではニキビ治療の一環としてホルモン治療が取り入れられているのですが、ビタミンEは女性ホルモンと深く関係しています。女性ホルモンの増加を促す効果があるため、ニキビの根本的な予防に役立ちます。

ビタミンEはレバーやカツオ、緑黄色野菜に多く含まれています。肌の新陳代謝を促す効果もあるため、ニキビの予防だけでなくニキビ跡をきれいに治す働きにも期待できる栄養素と言えるでしょう。

 

ミネラルが多く含まれる食材


ニキビ予防には、ミネラルも忘れてはならない存在です。ミネラルとは、カルシウムやマグネシウム、亜鉛、鉄などを指します。必要量は少ないものの体内でつくることができないため、食べ物から摂取する必要があります。

骨や歯などの体の組織を構成したり、免疫力の回復を強化する働きがあります。チーズや牛乳にはカルシウムが、穀物や昆布にはマグネシウムが多く含まれます。

また、亜鉛を摂るには牡蠣やカシューナッツを、鉄分補給にはレバーや牛乳などを食べると良いでしょう。ミネラルは単体よりも、ビタミンなど他の栄養素とバランスよく摂ることが効率よく摂取できるコツです。

 

食物繊維を多く含む食材


食物繊維といえば便秘解消のイメージがありますが、実はニキビ予防の強い味方でもあります。便には体内の老廃物を排出するという役割があります。便秘というのはこの老廃物が腸内に 留まり、有害物質を発生させている状態です。

腸内環境は皮膚の新陳代謝にも影響しますから、便通を促す効果のある食物繊維は従なのです。食物繊維はごぼう、きのこ類、豆類、果物などに多く含まれています。

体内で水分を含んで腸のぜん動運動を促進したり、便を柔らかい状態に保って排出をスムーズにしてくれる嬉しい存在です。

 

コラーゲンが多く含まれる食材


肌に限らず髪や人体を構成しているのはたんぱく質です。このうち約3分の1をコラーゲンが占めています。美肌にとってはもちろん、人間にとって欠かせない存在なのです。

コラーゲンがあることで肌の弾力を保ったり、真皮から表皮へ栄養を送り届ける働きを持っているため、不足するとたるみやシミ、肌荒れを引き起こします。

コラーゲンは、鶏皮や軟骨、手羽先、牛すじ肉などに多く含まれていますが取り方には注意が必要です。外部から摂取しても一度体内でアミノ酸に分解されてしまうため、不足分を補うにはアミノ酸も一緒に摂ると良いでしょう。また、排出しきれないアミノ酸は脂肪になってしまうので、過剰摂取は避けましょう。

 

いかがでしょうか。

ニキビ対策には食生活の改善が必要だと言われても、何を食べたら良いのか分からないという人がほとんどですが、ここでご紹介したように意外と身近な食材にニキビ予防に効果的な食べ物がたくさんあるものです。

例えば、やみくもに摂取するのではなく、ビタミンAは摂り過ぎない、ビタミンCはこまめに補給するなどといったポイントを押さえるだけでも違ってきます。

またこれらの食べ物を食べていても、暴飲暴食をしたり、甘いお菓子やカフェイン、アルコールなどを摂り過ぎてしまうと全く意味がありませんので注意しましょう。

全ての栄養素を食事だけで補うのが難しいという場合には、サプリメントを上手に利用して足りない栄養分を補うというのもひとつです。バランス良くこれらの食べ物を食べて、ニキビ知らずのつるつるお肌を目指しましょう!

 

まとめ

上手に摂取すればニキビが効果的に予防できる食べ物とは?

・ ビタミンAを含む食材
・ ビタミンB群を含む食材
・ ビタミンC群を含む食材
・ ビタミンEを多く含む食材
・ ミネラルが多く含まれる食材
・ 食物繊維を多く含む食材
・ コラーゲンが多く含まれる食材