無理なく続ける5つの下腹部ダイエット

無理なく続ける5つの下腹部ダイエット
太ももやふくらはぎと並んでチャレンジする人が多いのが、下腹部のダイエットです。おへそから下が太りやすい女性なら、下腹の脂肪に悩んだ経験が一度はありますよね。

お腹の脂肪は下半身よりも落としやすいと言われていますが、女性の場合はそう簡単には行かないものです。なぜなら、女性のお腹周りの脂肪は食べ過ぎだけではなく、便秘や骨盤の歪みなども複雑に絡み合って蓄積されていることが多いからです。

また、地道な有酸素運動だけでは一度太くなってしまった下腹部をダイエットするのは難しく、筋トレなどを併用する必要も出てきます。普段運動をしない人なら、途中で音を上げてしまうなんてことも……。

そこで今回は、運動嫌いな人でも無理なく続けられるように、色々な視点から下腹部痩せにアプローチするダイエット方法をお伝えします。



 

無理なく続ける
5つの下腹部ダイエット

 

カロリー制限をしよう


下腹部をダイエットするためには、まずは食事から攻めて行く必要があります。お腹周りは食べ過ぎるとすぐに太くなりやすいので、まずはカロリーがオーバーしないようにするのが第一だからです。

一日に摂取すべきカロリーは人それぞれですが、例えば体重60kg、身長160cm、30歳で普段あまり動かない女性の場合は、基礎代謝量(一日に最低限必要なカロリー)が1303kcal、1955kcalまでが脂肪が付くリスクの少ないカロリーとされています。これはつまり、ダイエットのためには1303~1955kcalまでの間に摂取量を留める必要があるということ。

基礎代謝量などは健康系のWEBサイトで簡単に算出できますので、そちらで自分の適正なカロリーを知り、それに合わせて食事制限しましょう。

 

お通じが良くなる食生活を意識しよう


下腹部ダイエットのための食事は、カロリーだけを気にしていては足りません。カロリー制限に加え、便秘をしないために水分を十分に摂ることや食物繊維が不足しないようにすることも大切です。

便秘をするとお腹周りに脂肪が付きやすくなります。これは、大腸内に便が留まることによって代謝が落ちることが原因と言われています。それ以前に、便そのものがお腹に溜まった状態では、下腹部がポッコリと出てしまうのは当然のことですよね。

食事制限をしていると、かなり意識しなければ食物繊維が不足しがちになります。野菜中心の食生活を送り、それに加えてヨーグルトなどの乳酸菌食品も積極的に食べると良いでしょう。

 

腹筋のトレーニングをしよう


下腹部が出ている人は、腹筋が不足して内臓やお肉がだらしなく垂れ下がっている状態であることが多いです。腹筋を付ければお腹の引き締めだけではなく、脂肪も効率よく燃焼されるようになるため、下腹部ダイエットとしては一石二鳥になります。

腹筋を付ける運動はたくさんありますが、その中でも道具を使わずにできるものをご紹介します。まず、ベッドなどに膝を立てた状態で仰向けに寝て両手を胸の上に置き、お腹だけを突き出すように浮かせます。横から見ると肩と足でブリッジをしているような状態になります。

このまま10秒キープしてお腹を下ろして3秒という動作を10回繰り返して一休み。これを一日に2~3セット行いましょう。

 

有酸素運動をしよう


筋トレと同時進行で行いたいのが、やはり有酸素運動。今回は「無理のない下腹部ダイエット」がテーマですから、いきなりジョギングなどのハードな運動ではなく、ウォーキングや水泳など、緩やかにできるものを取り入れていきましょう。もちろん、ハードな運動も大好きという人ならできる範囲できつくして構いませんが、つらくなって三日坊主になるのは避けましょう

ダイエットを目的とした有酸素運動は、最低でも1時間以上は行うべきです。また、空腹時に行うと脂肪の燃焼効率が良くなるので、できれば食事前に済ませることをおすすめします。

 

姿勢を正しくしよう


食事や運動以外にも、姿勢を正すことが下腹部のダイエットを促進することをご存知でしょうか。骨盤が歪んでいたり向きがおかしくなっていると便秘をしやすくなりますし、腹筋が衰えてお腹がポッコリと出っ張りやすくなります。普段から座り仕事ばかりしていて、背もたれに深くもたれかかる癖がある人はこの傾向がより強くなります。

これを正すためには、座っている時は常に背筋を伸ばして、胸を開く癖を付けること、両脚を大きく開いたり組んだりせず、膝を揃えるように真っ直ぐ座ることです。意識するのが難しい人は、フェイスタオルを細長く巻いたものをお尻の割れ目と椅子の間に挟むようにすると、骨盤の傾きが矯正されて姿勢が正しくなります。

 

いかがでしたか。項目は多いですが、どれも無理なく続けられる効果的な下腹部ダイエットです。

合わせて5つご紹介した中で、全てを一気に実行する必要はありませんが、最低でも有酸素運動とカロリー制限は行うことをおすすめします。便秘は運動習慣を付けると解消されるケースもありますし、お腹周りに筋肉が付けば、姿勢が整ってくる場合もよく見られます。

ただ、やはり少しでも早く下腹部ダイエットの成果を出したいという人は、5つの方法全てを一度に取り入れてみて下さい。カロリー計算をするついでに食物繊維量が多い野菜を調べるのは難しくありませんし、腹筋トレーニングをしてから有酸素運動をすれば脂肪が燃焼しやすくなります。

無理のないダイエットでも地道に続ければ、いつの間にか細身の洋服も着こなせるようになります。ぜひ続けていきましょう。

まとめ

無理なく続けられる下腹部ダイエット法は

・カロリー制限をしよう
・お通じが良くなる食生活を意識しよう
・お腹の引き締めのための腹筋のトレーニングをしよう
・脂肪燃焼のために有酸素運動をしよう
・骨盤の歪みを解消するため姿勢を正しくしよう