究極の「寝ながらダイエット」でラクに下半身痩せする方法

究極の「寝ながらダイエット」でラクに下半身痩せする方法
ダイエットして下半身をスッキリさせたい!そんな望みを持っている女性はとても多いですよね。女性と男性のカラダの大きな違いといえば、なんといっても下半身。

女性的なカラダの特徴は、一見してわかるバストと、キュッと絞れているウェスト、まるみを帯びてふくよかなヒップです。それは女性ならではの魅力ですから、全面的に否定するのもどうかですが、多くの女性は、とにかく痩せたい、スリムになりたいと思うモノです。

そんな下半身痩せに効くと言われる話題のダイエット法「寝ながらダイエット」が美しい健康美を実現してくれるなら、是非試してみたいと思いませんか。

そこで今回は、キツイ運動が苦手な人にとっては夢のような「寝ながらダイエット」でラクに下半身痩せする方法についてお伝えします。

 

究極の「寝ながらダイエット」で
ラクに下半身痩せする方法

 

8時間睡眠とスムージー、たんぱく質中心の食事

話題の「寝ながらダイエット」とは、アメリカのボストンメディカルセンター、キャロライン・アポヴィアン博士が考案したダイエット方法です。

毎日8時間の睡眠。1週間に1日または2日のスムージー、残り6日間または5日間のたんぱく質中心の食生活をします。

スムージーにはルールがあります。

基本的には2種類のフルーツと3種類の野菜を入れること、プロティンパウダー(30g)か無脂肪のギリシャヨーグルト(250g)を入れること。

スキムミルク(120ml)、ココナッツウォーター(120ml)、低カロリーで無糖のココナッツミルク(50ml)、低カロリーで無糖のフルーツジュース(50ml)のいずれかを入れること。

チョコレートシロップ、カカオパウダー、コーヒーシロップ、ラムシロップ、シナモンの5アイテムから2種類を各小さじ1杯入れること。

これさえ守れば、アレンジしてご自分好みにカスタマイズするのは問題ないということですから、寝ながらダイエットで下半身がスッキリするなら、こんなラクなことはありませんよね。

 

筋力の低下を防ぎ基礎代謝を高める

寝ながらダイエットは食生活に配慮したダイエットで、筋力の低下を防ぎ、基礎代謝を高める効果があります

基礎代謝が上がれば、寝ている間も脂肪が分解・燃焼されダイエットでき、下半身もスッキリします。

たんぱく質中心になり炭水化物の摂取量も減ると、肥満ホルモンと呼ばれるインスリンの分泌を減少します。これがダイエット、特に下半身痩せに効果的な理由です。

更に寝ながら出来るストレッチを組み合わせることで、さらにダイエット効果が上がり下半身痩せに繋がります

・ベッドや布団の上にうつ伏せに寝て、その姿勢で片足を上げ、少し辛いと感じるところまで上げて止めます。

・これを5秒キープし元の位置に戻します。

・左右交互に5回繰り返すのを1セットとし、一日3セット行います。

 

お腹をひっこめウェストのくびれをつくる

「寝ながらダイエット」は脂肪燃焼効果が期待できるダイエットで、下半身の中でも気になるお腹の脂肪やウエストのくびれにも効きます

・ベッドや布団の上に仰向けに寝て、両膝を抱え90度の角度になるように折り曲げます。

・次に両手を両膝の裏側にあて、息を吸いこみます。

・息を吐きながらお腹に力を入れて凹ませることを意識します。

・膝の角度はキープしたまま床から肩を上げて5秒キープ。これを5回繰り返します。

次にくびれを作るストレッチです。

・バスタオルを2枚用意して下さい。それを2枚重ねにし、くるくると巻き枕を作ります。

・巻いたタオル枕を腰部分、おへそのちょうど裏側にあたるように置いて、ベッドや布団に仰向けに寝ます。

・真っ直ぐ伸ばした左右の足の親指同士をつけ、両手は頭の上に伸ばし、手のひらは床につけながら小指同士をつけます。この姿勢で呼吸をしながらお腹を凹ませま5分キープです。

 

足痩せプラス太もも痩せ

・ベッドや布団の上で仰向けに寝ます。

・お尻は床に付けたまま両足を天井に向けて持ち上げます。

・その姿勢のまま爪先を下に引っ張るイメージで足首を曲げます。

・次に曲げた足首を元の姿勢に戻すように伸ばします。

・この足首の曲げ伸ばしを20回繰り返します。

・一旦元の足を床に降ろし最初の姿勢に戻したら、両手を真横に広げた姿勢を取ります。

・再び足を天井に向かって持ち上げ、今度はその姿勢で足を左右に開きます。5秒キープします。

・足を閉じて両足のかかとをつけて5秒キープします。この足の開閉を10回繰り返します。

特にダイエットの中でも下半身や太ももが気になる方は、寝ながら出来るこのストレッチを試して下さい。

・ベッドや布団の上に仰向けに寝て両膝を抱えます。

・息をフーッと吐きながら太ももをお腹に引きよせ、その姿勢を5秒間キープ。

・更に息を吐きながら上体を丸め10秒キープします。

 

気になるたるみを解消、小尻効果

・ベッドや布団に横向き寝て両膝を揃えたまま曲げます。

・その体勢で上になっている足を開閉します。貝が殻を開けるイメージでパカパカ開いたり閉じたりします。

・この時、意識はお尻。お尻にしっかり力が入っていることを確認しながら10回繰り返します。

・ポイントは足を広げた時、腰が反ったり、体が後ろに倒れないようにすることです。

因みにこの寝ながらダイエットでは、下半身だけではなく気になる二の腕痩せも可能とのこと、併せてお伝えします。

・ベッドや布団に両膝を曲げて仰向けに寝ます。

・両腕を肩幅で手の平を向き合わせたまま天井に向けて伸ばします。

・両手の平で耳をふさぐようなイメージで顔の横にもっていき、再び両腕を天井に向かって伸ばします。肘の曲げ伸ばしを繰り返します。

大事なのはゆっくりと息を吸いながら肘を曲げ、息を吐きながら肘を伸ばしていくこと。ポイントは肘を伸ばし切らないことと肘の位置は固定したままということです。

 

いかがですか。「寝ながらダイエット」でラクに下半身痩せする方法についてお伝えしました。

適度な運動やストレッチでサイズダウンするダイエットの良い点は、仕上がりがとてもきれいなことです。無理な食事制限や厳しいトレーニングでは、どうしても不健康な感じになってしまったり、ムキムキの筋肉質になってしまったりと、希望通りのスタイルになれないことも少なくありません。

今回の「寝ながらダイエット」なら、無理のない運動、適度な負荷をかけるダイエット法なので、下半身も適度にシェイプアップされて、女性らしい美しさを保ちながらもスッキリキレイになれると評判なのです。

多くの方から支持され、メディアでも取り上げられる話題のダイエット法を是非実践してみましょう。

まとめ

「寝ながらダイエット」で下半身痩せするには

・8時間睡眠とスムージー、たんぱく質中心の食事をしよう
・筋力の低下を防ぎ基礎代謝を高めよう
・お腹をひっこめウェストのくびれをつくろう
・足痩せプラス太もも痩せを目指そう
・気になるたるみを解消して小尻を手に入れよう


連記事