産後半年で下半身痩せを成功させた人の5つのプロセス

産後半年で下半身痩せを成功させた人の5つのプロセス
出産後は骨盤が開いているので、なるべく早く下半身痩せを成功させたいですよね。どうしても産後は太ももやお尻・お腹が太りやすくなってしまいます。出産によって緩んでしまった骨盤が元の位置に戻れなくて太っているのです。

初産婦さんも、経産婦さんも、産後の下半身痩せを成功させるために意識をしている人は多いものです。そのために産後のガードルなどを用意していることでしょう。ガードルの活用はもちろんですが、普段の生活に運動をプラスして下半身痩せ成功の道を進んでいきたいものです。

では、どのようなことが下半身痩せを成功させることに効果が大きいのでしょうか。そこで今回は、産後半年で下半身痩せを成功させた人の5つのプロセスについてお伝えします。

 

産後半年で下半身痩せを成功させた人の
5つのプロセス

 

産後どうして下半身が太るのか、原因を知っておこう

産後はどうして太ももやお尻・お腹が太りやすくなってしまうのでしょうか。一番は骨盤が元の位置に戻らないことが大きな原因です。骨盤がゆがむのは、妊娠中に重たい子宮を支えることで少しずつ広がっていくことが関係しています。

妊娠をすると早い時期からリラキシンというホルモンが分泌されます。このリラキシンは体を柔らかくするホルモンが含まれており、赤ちゃんが産道を通りやすくするために靭帯を緩め広がりやすくする働きをしています。

それにより赤ちゃんは産道をスムーズに通ることができ、その際に骨盤が開ききってしまい歪みの原因となるのです。臨月になると赤ちゃんは下りてくるので、自然分娩に限らず帝王切開の人でも骨盤のゆがみはあります

開ききった骨盤に、むくみなども重なり、どっしりとした体形へと変化していきます。筋肉量も代謝も落ちていきますので、それに拍車をかけるのです。

 

下半身痩せの成功への道・効果的な期間を狙おう

産後の下半身痩せを成功させるためには、ふさわしい期間に行動をとることがとても大切です。まず、産後1か月は安静に過ごさなくてはいけないので、この期間に何かをすることはありません。産後の1か月健診が終わり、お母さんの体の回復も順調だということが分かって初めて行動に移せるのです。自分で調子が大丈夫だから、ということではなく産婦人科の産後健診で先生のOKをもらってから行動するように気を付けてくださいね。

実は産後1か月~6か月の間は特に体が元に戻りやすい時期とされているのです。下半身痩せを成功させた人の多くは、産後半年を勝負としています。昼夜問わず、赤ちゃんのお世話に追われる日々ですので、無理のない範囲で行っていきましょう。

 

下半身痩せ成功への道・骨盤の位置を正しいところへ持ってこよう

産後の下半身痩せを成功させる第一歩は、骨盤を正しい位置へ戻すことがとても大切です。骨盤にフィットするように太ももの骨はくっついています。出産で開いた骨盤に合わせて太ももの骨の位置も外側へとずれていますので、どうしても産後は太ももが太いシルエットになってしまうのです。

では、骨盤を正しい位置へ持ってくるにはどのようにすると良いのでしょうか。

まずは市販で売っている骨盤ベルトを毎日つけておくことです。骨盤ベルトで骨盤をしっかりサポートしておきましょう。また時間やお金に余裕があるのでしたら、産後の骨盤矯正を行っているところに定期的に通うのも効果は大きいです。

ご自宅でできる骨盤体操もありますので、簡単なものをお伝えしましょう。一日朝晩と2セット行てみてください。もちろん、体に無理のない範囲でOKです。

骨盤体操①

両手を腰にあてて足は肩幅くらいに開いて立ちます。腰を床と水平になるように意識しながらゆっくりと廻します。右回りと左回りと、それぞれ30回ずつやっていきましょう。

骨盤体操②

足をまっすぐに伸ばした状態で床に座ります。この時手は、胸の前でクロスさせて体に付けておきます。まっすぐに伸ばした足は両足を揃え、おしりで前へ10歩ほど進みます。そして後ろに同じく10歩ほど進みます。

 

下半身痩せの成功への道・基礎代謝を上げていこう

下半身痩せを成功させるためにも、体全体の基礎代謝を上げることもとても大切です。妊娠中あまり動かなくなってしまったことで筋肉量が落ち、それが基礎代謝の低下へと繋がってきています。基礎代謝が低いと脂肪の燃焼をうまく手助けすることができず太りやすくなってしまいます。産後ですのでハードな運動よりも、軽い運動で基礎代謝を上げていきましょう

赤ちゃんとのお散歩には、ベビーカーを使うのではなく抱っこで行ってみましょう。また、水を入れたペットボトルでの二の腕トレーニングや、赤ちゃんを抱っこしたままのスクワットも効果的です。赤ちゃんを抱っこしたままのスクワットは、生後6ヶ月以降の腰が据わってから行ってください。

 

下半身痩せの成功への道・食生活を見直そう

食事は体を作る基本となります。食事を見直すことで産後の下半身痩せへ貢献することでしょう。赤ちゃんへ母乳をあげているお母さんは、極端な炭水化物を抜くダイエットなどはオススメできません。母乳への栄養面を考えなくてはいけないからです。もちろん、極端なダイエットは赤ちゃんへの影響だけではなく、お母さんの体の回復へも悪影響を及ぼしますので気を付けましょう

食生活の見直しと言っても、普段食べている時に行っていることの意識を少し変えるだけでOKです。食事の時によく噛むこと、これは満腹感を感じやすくさせるためでもありますが、摂取した食べものの栄養の吸収をスムーズにしてくれる一面もあります。

食事を食べる順番もスープやサラダを先に食べて血糖値の上昇をゆるやかに持っていきましょう。そして塩分の摂りすぎは、むくみへと繋がってしまいます。なるべく塩分を控えた食事にしましょう。

 

下半身痩せの成功への道・リンパマッサージをしてみよう

リンパマッサージでむくみを解消するとともに、セルライトの原因を減らしていきましょうリンパマッサージはお風呂上がりの体温が上がっている時に行います行う前はコップ1杯程度の白湯を飲むように心がけましょう。

まず、足裏を両手で包むようにして親指でほぐしていきます。この時は痛くない程度の圧をかけていきましょう。次に、足の甲をマッサージします。足裏の時と同じように、両手で包むようにして親指で押していきます。骨と骨の間を、足指の付け根から足首に向かってさすっていきます。

ふくらはぎをするときは手の平全体を肌に付ける感じで、足首から膝裏に向かってさすります。左右のマッサージが終わったら、次はすねをしていきます。両手の親指の腹を使い、すねの骨に沿うように足首から膝に向かってさすりましょう。

最後に太ももです。手の平全体を使い、膝裏からヒップラインまでさすりあげます。その後、太ももの前面を左右の手を交互に使い、膝から足の付け根に向かってさすります。

マッサージをする時は、オイルやジェルを活用して、肌への負担を減らしながら行ってくださいリンパマッサージはゆっくりゆっくりやっていくのが効果的です。

 

いかがでしたか。産後の下半身痩せを成功させるためのプロセスは、想像していたより手軽なものでしたよね。継続は力なりという言葉のように、まずは産後、体の回復が確認出来たら6ヶ月頑張ってみましょう。6ヶ月続けるということは、とてつもなく長く感じることですが、終わってしまえばその後に大きく悩むことも少なくなるはずです。

女性の後ろ姿で、出産経験者かどうかシルエットで分かってしまうというのも切ないですよね。出産したから骨盤が広がって太った、という人がいる一方で、しっかり産後のケアをして、妊娠前に履いていたパンツがスルッと入ったり、また妊娠前より痩せたという人もいるのです。

赤ちゃんのお世話をしながら家の事もしながら、また上にお子さんがいる人は上のお子さんのお世話もしながらと目まぐるしいかもしれませんが、出来る範囲でやっていきましょう。

産後の下半身痩せを成功させて、着たいと思う服を楽しく着こなしていきましょう。

まとめ

産後の下半身痩せを成功させるには

・産後1か月~6か月の間に集中してやろう
・骨盤体操を毎日やっていこう
・自分自身の基礎代謝を上げていこう
・食生活を見直そう
・リンパマッサージもしてみよう


連記事