手遅れになる前に!たった90日で脂肪肝を改善する7つのステップ

手遅れになる前に!たった90日で脂肪肝を改善する7つのステップ
脂肪肝は、肝臓は静かなる臓器で自覚症状はありません、健康診断で肝臓検査値に異常が見られた場合、忙しくても直ちに脂肪肝改善に取り組みましょう。そのままほっておくと慢性化や肝硬変の恐れがあり、病気全般に言える事ですが、初期の段階であれば回復もスムーズにいきます。

そこで今日は手遅れになる前に3カ月で感脂肪が改善できるステップについてお伝えします、気なる方は、是非、最後まで目を通し、実行へ取り組んでみましょう。ではご覧ください。



 

手遅れになる前に!
たった90日で
脂肪肝を改善する7つのステップ

 

油物の食事を抑制しよう

脂肪肝はその名の通り肝臓に脂肪が張り付いている事です。脂肪の取り過ぎに原因してる事は容易に理解でき、「じゃぁ、油ものを押さえればいいのや、明日からそうしょ」なんて思う方もおられかもしれません。

確かに油類の多食は控えるのはいい事です、ですが、脂質としての栄養は欠かしてはならないのです。また、日々の生活で気にしての脂肪肝改善食事は窮屈でしょうし、1ヵ月ぐらいではないでしょうか。

ここでは、あまり神経質にならず改善できる食事の取り方の方法です。しかも、90日で効果出る方法です。

 

脂肪肝改善は生活習慣の見直しが必要

油物の食事抑制のみで脂肪肝が正常に改善すればそれは幸せな事で喜ばしい事です。

実際は脂肪肝が想定外に改善しないのが現実です、特に、働き盛りのサラリーマンでは、奥さんが配慮していても検診結果は従来並みではないでしょうか。

よく耳にする言葉があります「肝臓は親父も悪かったんや、遺伝かも、」と原因を親の責になんてとんでもない親不孝でしょう。

ポッコリお腹の肥満体も遺伝25%程度といわれて、遺伝子を受け継いでいない限り遺伝はあり得ません。肥満体も脂肪肝もは生活習慣に原因しているのです。

改善の第一は生活習慣を改める決心ができるかどうかです。

 

炭水化物系の食事を抑制し脂肪肝を改善しよう

5大栄養素は脂質、糖質、たんぱく質、ミネラル、ビタミンです。

この内、ミネラルとビタミンはカロリーが無いに等しく脂肪肝や肥満に関係ありません。タンパク質は肝臓自体がたんぱく質でできています。

タンパク質には痛めた肝臓の細胞を再生させる働きもあり、タンパク質は肝臓にとってまさに万能な栄養素の一つです。

残りは糖質です、糖質は炭水化物に含まれ、炭水化物は繊維分以外が糖質です。

ですから、炭水化物を摂取しますとその中の糖質が中性脂肪になります、この中性脂肪の余りとなって肝臓に張り付きさらに過剰摂取になりますとフォアグラ状態を招き兼ねません。

 

脂肪肝は余分な糖質が中性脂肪で、痩せた体形でも潜在している

脂肪肝の原因は油物と炭水化物系の食物の多食なんです。多食がいけないのです。いわゆる、「腹八分」の心掛けです。

でも、時には家族で、接待で、お付き合いで、コンビニの弁当で、満腹になるでしょう。

それでいいのです。問題は油物は経験的に見た目でそこそこ油分の程度が分かります。

でも、炭水化物の糖質になると分かり難い面があります。炭水化物といえば米にうどんにパン、等主食です。5大栄養素の脂質も糖質も絶対欠かせてはなりません。特に糖質は食物の全般に含まれていると言って過言ではないでしょう。

ですから、肝臓で中性脂肪に成り易い食物と食べても軽微又はならない食物を知っておく必要があります。ここでは脂肪肝を抱えた方の改善の話です、そうでない方は関係ないのです。

何も気にせずに食して下さい。時々、健康な方が脂肪肝の予防や思って節食され体調に異変が出たなんてならないように思ってます。肥満体の方も糖質が原因です。逆に肥満体から脂肪肝に発展してるのです。

脂肪肝は自覚症状がないに等しいですから、「私、肥満体でないし、関係ないわ」これは間違いです。内臓脂肪の脂肪肝は、皮下脂肪のお腹の膨張とは違い、外観ではスラリとしたやせ形もおられます。

 

脂肪肝改善90日間避ける食品

糖質を多く含み避けた方がいい代表的な食物です。

白いパン、ソバ、うどん麺類、精米した白米。かまぼこ,ちくわ、きなこ、小豆、カボチャ、トウモロコシ、レンコン、ニンジン、イモ、はるさめ、やまいも、ウイスター・トンカツソース、焼き肉のたれ、ルウ、砂糖入りお菓子、落花生、白い砂糖、牛乳,ヨーグルト、果汁、イチゴ、モモ、パパイヤ、味付け缶詰め、清酒、ビール、梅酒、発泡酒・・・。

この他、まだまだ、たくさんあります。避ける食品には日頃毎日とか頻繁に食するものが多くあります、できるだけ、それを対象に列挙しました。

脂肪肝の改善までは避ける努力と、どうしてもの場合は半減とか30%位抑制をするのです。

 

避けないで食べていいもの

食べても避ける必要が無いもの:肉類、魚類、貝類、エビ、たこ、かに、いか、水煮・油付け缶詰め、チーズ,無糖の生クリーム、バター、ラード、大豆製品、鶏卵、野菜類、キノコ、藻類、調味料、塩、みそ,す、油脂類、焼酎、ウイスキー、コーヒー、紅茶、こんにゃく、アボガド・・・。

 

1日の食した内容と体重を脂肪肝90日間記録する

一番の問題は主食の真っ白く精米した白米、うどん、ソバ、精製した小麦粉背品の白い生地のパンです。次に使用頻度の高い糖分の多い野菜や惣菜の材料です。

全く使わないのではなく、意識的に脂肪肝改善の期間、90日を出来る限り避けるのです。簡単でいいのですが。

この期間、1日に食した記録を正直に付けるのです。付き合いも接待もあるでしょう、確り日記風に記録するのです。できれば、食べた量と体重も記録しましょう。

 

いかがでしょう、健康とは快食、快便、快眠が基本です。要は健康の3原則を心がけ、偏食をしない、確りと3食とるのです事です。脂肪肝改善の90日を目指して挫折しないように自覚と覚悟を決意しましょう。脂肪肝は静かに進行し、外観にも出難いです。

身体がダルイ、変に汗が出るなどあった場合は単に疲れたで済まさない事もありますので、よく注意してくださいね。

 

まとめ

脂肪肝を改善するには

・油物の食事を抑制しよう
・脂肪肝改善は生活習慣の見直しが必要
・炭水化物系の食事を抑制し脂肪肝を改善しよう
・脂肪肝は余分な糖質が中性脂肪で、痩せた体形でも潜在している
・脂肪肝改善90日間避ける食品
・避けないで食べていいもの
・1日の食した内容と体重を脂肪肝90日間記録する