パパ臭い!と言われる前に取り組みたい5つの加齢臭対策

パパ臭い!と言われる前に取り組みたい5つの加齢臭対策
今の中高年の男性にとって、加齢臭への対策は他人事ではありませんよね。自分は大丈夫だなんて思っているのなら、ぜひ、その考えを改めてください。加齢臭への対策を怠ると、自分では気が付かないうちに、周囲から嫌がられてしまいます。

加齢臭は、年齢を重ねる毎に分泌される皮脂成分が酸化されることで発生する嫌な臭いが原因です。そのため、身体や下着を清潔に保ち、デオドラントなどで対策すれば臭いの発生を抑えられます。

とはいえ、油断すると、自分では気が付かないうちに、臭ってしまうことも。特に若い女性は臭いに敏感ですし、思春期を迎えた自分の娘から「臭い!」なんて言われる前に、有効な加齢臭対策を知っておきたいものです。

そこで今回は、中高年男性なら覚えておきたい、加齢臭対策についてお伝えします。

基本は清潔に保つ

加齢臭は、主に胸や背中から分泌される皮脂成分が酸化されることで発生します。50代以降の男性なら誰でも発生し、ちょうど枯草のような嫌な臭いが特徴です。

このような加齢臭対策の基本は、からだを清潔に保つことです。加齢臭の原因になる皮脂成分は、主にお腹や背中から分泌されるので、それを毎日のお風呂で、きれいに洗い流しましょう。

洗いにくいかもしれませんが、後頭部から背中にかけてを、石鹸できれいに洗ってください。特に外気に触れやすい首筋は、加齢臭の嫌な臭いの元になりやすい位置です。特に丁寧に洗いましょう。

また、肌に直接触れる下着にも気を付けましょう。せっかくお風呂やシャワーできれいにしても、皮脂成分が付いた下着をそのまま着てしまうと、その下着が嫌な臭いを発します。洗濯済の下着に小まめに取り換えたいところです。

 

加齢臭対応の石鹸を使う

加齢臭対策として、加齢臭に対応した石鹸を使われる方もいます。こういった石鹸は、加齢臭の原因になる皮脂を洗い流し、嫌の臭いの元になる物質のノネナールが発生しにくくしてくれます。

さらに加齢臭に対応した石鹸の特徴は、殺菌成分と保湿成分とが入っている点がポイントです。加齢臭は皮脂成分が空気に触れることで発生する、嫌な臭いの成分が原因です。だからといって石鹸で皮脂を洗い流してしまうと、肌が乾燥して皮脂の分泌が増えてしまいます。

ところが、保湿成分が入っていると皮脂の分泌も抑えられるので、加齢臭も抑えられるという訳です。さらに、殺菌成分が含まれていることで、肌の雑菌による汗の嫌な臭いなども防止できます。

なお、普段からアルカリ性の石鹸を使っていると、中高年の肌には強すぎて、必要な皮脂まで洗い流してしまいます。そのため、加齢臭対策として毎日きれいに洗っているのに、効果が無い場合もあります。そのような方は、せめて保湿成分の入ったボディソープを使うようにしましょう。

 

加齢臭対策のデオドラントを使う

加齢臭対策として毎日お風呂できれいに洗ったとしても、日中過ごすうちに、徐々に加齢臭が臭ってきます。これは、肌のうるおいを保つために少しずつ皮脂が分泌されるためです。このように日中に加齢臭を抑えるためには、デオドラントを使いましょう

加齢臭対策用のデオドラントとして、スプレータイプやロールオンタイプなどいろいろな商品が販売されています。そういった中でもおすすめしたいものは、ジェルタイプのデオドラントです。このタイプの製品なら、加齢臭の発生源になりやすい首筋などにも塗りやすく、効果が長く持続します。

なお、加齢臭対策用のデオドラントなのに、保湿成分が入っていないタイプがあります。皮脂が分泌されるのは、肌の保湿を保つためです。保湿成分が入っていないと、肌が乾燥して臭いの元になる皮脂が余計に分泌されてしまいます。このようなタイプは加齢臭には効果が期待できないので避けるようにしましょう。

 

衣服についた臭い対策を

毎日お風呂に入って、さらにデオドラントなどで加齢臭対策をしたとしても、既に臭いが付いてしまった服を着てしまうと、せっかくの加齢臭対策が台無しです。

肌に直接触れる下着は、毎日取り換えて洗濯し、皮脂を洗い流すとともに、加齢臭の臭い物質もきれいに洗い流しましょう。そのためには、皮脂を洗い流す効果の高い、弱アルカリ性の酵素入り液体洗剤の使用をおすすめします。

また、ワイシャツの襟などは、洗濯機で洗っただけでは皮脂は落ちにくく、一度臭いが付いてしまうと落とすのが厄介です。

そのような時は、洗濯機に入れる前にスチームアイロンの蒸気を当ててから洗ってみてください。蒸気がこびりついた皮脂を溶かしてくれるので、落ちやすくなります。

さらに、簡単に洗えない背広などは、消臭除菌スプレーを使って付いてしまった臭いを消しておきましょう。

 

ミドル脂臭対策も

中高年の男性の嫌な臭いは加齢臭ばかりではありません。加齢臭対策は、同じように中高年の男性の嫌な臭いとされる「ミドル脂臭」にも効果があるので、ミドル脂臭に悩んでいる方も試してみると良いでしょう。

なお、ミドル脂臭とは、皮脂を細菌が分解してできた物質と、汗に含まれる乳酸菌を細菌が分解した物質が混ざりあうことで発生する、古い油のような嫌な臭いのことです。

この臭いを防ぐポイントも加齢臭と同じように、毎日、保湿成分を含む石鹸で肌の皮脂をきれいに洗い流し、デオドラントで新たな臭いの発生を防ぐことです。特に、除菌効果と保湿成分を含むデオドラントを使用すると効果的です。

また、加齢臭やミドル脂臭の嫌な臭いが無くなったとしても、ニンニクなどの食べ物の強烈な臭いが残っていると、近くの人を不快にさせてしまいます。加齢臭対策を本気でやるなら、そういった臭いを翌日に残さないように注意しましょう。

 

以上、中高年男性なら覚えておきたい、加齢臭対策についてお伝えしました。

自分が嫌な臭いを発していても、その臭いに慣れてしまっているので、自分では気がつきづらいもの。しかし、その臭いは、周囲に迷惑をかけています。可愛い娘から「パパ臭いから寄らないで!」なんて嫌がられる存在になる前に、加齢臭対策をしっかりしておきましょう。

最近は、中高年向けの消臭対策グッズがいろいろ販売されています。また、加齢臭対策の石鹸なども人気です。ぜひ、そういった消臭対策グッズをうまく活用しましょう。

さらに、臭いのキツイ食べ物や汗をかいた後も、そのままにしてしまうと嫌な臭いがします。加齢臭対策をやっているなら、ぜひ、そういった臭いにも対策して、嫌な臭いのしない、ステキなお父さんを目指しましょう。


連記事