中高年のための加齢臭講座☆男女別に原因と対策を伝授

中高年のための加齢臭講座☆男女別に原因と対策を伝授
中高年になったら加齢臭対策が必要になってきますよね。年齢を重ねれば出てしまう臭いなのだからと放置していると、若い人に何を言われるかわかりません

実際、同じくらいの年代の人でも、全く加齢臭を感じない人と、逆に加齢臭プンプンの人がいます。この違いが何かというと、それは個人の体質というよりもちゃんと加齢臭対策をしているかどうかなのです。

また、加齢臭は男女ともに発生する臭いですが、その対策は性別に関係なく全く同じで良いというわけではありません。男性には男性向けの加齢臭対策、女性には女性向けの対策を取った方が良いとされています。

今まさに中高年期を迎えている人は、この機会にしっかり加齢臭対策をしておきませんか。そこで今回は、中高年向け、そして男女別の加齢臭対策についてお伝えします。



 

中高年のための加齢臭講座☆
男女別に原因と対策を伝授!

 

加齢臭が出るメカニズムを知ろう


加齢臭は皮脂が酸化して発生する「ノネナール」という成分の臭いです。皮脂は若い人でも分泌されますが、なぜ中高年になってからノネナールが発生するのかというと、それが加齢によって活性酸素を抑える働きが弱まり、皮脂が酸化しやすくなるからです。

男女共通の加齢臭対策としては、活性酸素の原因となる喫煙や飲酒を控えること、加齢臭以外の体臭の原因にもなる脂っこいものや甘いものを控えること、そして活性酸素を除去するポリフェノールを含む食品をたくさん摂ることが挙げられます。

加齢臭が気になりだしたら、まずは上記のような対策を取ることから始めましょう。

 

【男性向け】皮脂をしっかり取り去る石鹸、シャンプーで身体を洗おう


では、性別ごとの加齢臭対策についてです。まず、女性よりも加齢臭が出やすいと言われている男性ですが、これは単純に皮脂の分泌量が多いことが原因です。

つまり、男性における加齢臭対策は、過剰に分泌される皮脂をしっかり洗浄して落としきることが一番の方法と言えます。今は臭いエチケットに敏感な世の中なので毎日お風呂に入るのは当然とされていますが、それでも夜の入浴だと朝までに出た皮脂が酸化して加齢臭を発しやすくなります。それを防ぐため、男性は毎朝入浴する習慣を付けましょう

また、ボディソープよりも洗浄力の高い固形石鹸、シャンプーも皮脂を取り去る機能が高いものを使うようにして下さい。酸化した皮脂は簡単には落ちない性質を持つので、香りやスキンケア成分よりも洗浄力第一で選ぶ必要があるのです。

 

【男性向け】シャツやスーツはニオイ対策に優れたクリーニングをしよう


酸化した皮脂が落ちにくいのは、毛穴の中や皮膚の上だけではありません。衣類に付いた皮脂だって同じです。

男性はスーツとワイシャツ、もしくは制服で仕事をする人が多いことでしょう。シャツを除いて、これらの衣類は丸洗いしにくく、一度付いた皮脂もそのままにして翌日もまた着るという状況が多いはずです。

でも、これが加齢臭として周囲に認識させる臭いを発することは目に見えていますよね。よって、スーツ、制服はこまめに消臭の腕が良いクリーニング店に出し、ワイシャツやインナーは消臭効果の高い洗剤で着用後すぐに洗う必要があります。時間を置くとどんどん臭いが強くなるので、まだ皮脂汚れが新しいうちに落とす習慣を付けましょう。

 

【女性向け】メイクや整髪料を落としきるようにしよう


女性は男性よりも加齢臭が出にくいと言われていますが、それでもやはり皮脂の酸化によるノネナールは発生します。女性の加齢臭で厄介なのは、皮脂とメイクや整髪料の洗い残しが混ざって、男性とはまた違った「おばさん臭」と呼ばれる臭いを発生させてしまうことです。

この対策としては、メイクはメイク落としと洗顔料でしっかり落とし、整髪料も頭皮の隅々まで洗髪して洗い流すようにします。また、加齢臭が気になりだしたら香水や香りの強い化粧品は避けるようにした方が無難でしょう。加齢臭対策をしっかり行っていれば香水でマスキングする必要は無くなります。

 

【女性向け】大豆製品を摂ろう


そもそも、なぜ女性の方が加齢臭が少ないかというと、それは女性ホルモンの働きにより皮脂の分泌が抑制されているためです。でも、更年期を迎える頃になると女性ホルモンの分泌量は減り、今まで抑制されていた皮脂量が多くなります。そしてその皮脂が酸化して加齢臭を醸し出すという仕組みですね。

年齢によって女性ホルモンの分泌が少なくなるのは避けられないことですが、それに代わる物質「イソフラボン」を積極的に摂取することで引き続き皮脂の分泌を抑えることは可能です。イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをする物質だということはよく知られていますよね。イソフラボンは大豆製品に多く含まれるので、これらをたくさん食べるように心がけましょう

 

いかがでしたでしょうか。男女別に是非実践して頂きたい加齢臭対策についてお伝えしました。

ここではわかりやすく男女別に分けましたが、女性でもスーツを着用する人はクリーニングをしっかり行う必要がありますし、男性でも整髪料を毎日付ける人は洗髪を丁寧にするべきです。ただ、イソフラボンに関しては、男性が大豆製品をたくさん食べてもそれほど効果が期待できないので注意してください。

男女ともに言えることは、加齢臭が気になる年頃になったら、喫煙、皮脂の分泌が多くなる食生活、そしてストレスを避けることが大切だということ。これらは皮脂を多くし、しかも活性酸素を発生しやすくするので、どれだけ男女別の加齢臭対策をしても無意味になってしまうからです。

加齢臭を当たり前のものと思わず、なるべく出さないように対処するのが大人のエチケットです。面倒な配慮が多いですが、すぐにでも実践するようにしましょう。

まとめ

男女別にするべき加齢臭対策は

・男女ともに喫煙や飲酒、皮脂を増やす食生活を避けよう
・男性は皮脂を取る石鹸、シャンプーで身体を洗い、衣類を清潔に保とう
・女性はメイクや整髪料をしっかり落とし、大豆製品からイソフラボンを摂ろう