褐色脂肪細胞を増やせば痩せる?脂肪燃焼に必要な9つの条件

褐色脂肪細胞を増やせば痩せる?脂肪燃焼に必要な9つの条件

褐色脂肪細胞はエネルギーを燃やす細胞の事です。肩甲骨間、腋窩、後頚部、心臓など限られ場所にある褐色脂肪組織で褐色脂肪細胞を構成しています。

寒い時に体を温めたり、体温を保って体の免疫力を高めたりするので、体にはなくてはならないものです。この細胞の事を知れば知るほど、痩せやすくなる仕組みがあります。では、その必要な条件を見てみましょう。



 

褐色脂肪細胞を増やせば痩せる?
脂肪燃焼に必要な9つの条件

 

白い脂肪と茶色い脂肪の関係を知ろう


体のあちらこちらに存在する白い脂肪を燃焼させるのはこの茶色い脂肪である事は間違いありません。筋肉よりも熱を作りやすく、大人の何倍も汗をかく赤ちゃんはこの細胞が体に多いのです。

どんどん脂肪を燃焼させ、体を大きくし、さらに、体温が上がる事で病気になりにくい体を作っているのです。褐色脂肪細胞は赤ちゃんの時が一番多く、年を取るにつれ減少の一途をたどります。

 

男性は褐色細胞の量が激減する?


男性は40代で褐色脂肪細胞が激減する事が近年の研究でわかりました。10代の四分の一の量になってしまうので、30代から40代の男性がいつの間にかに、ちょっとした変化で太ってしまうのはこのせいだとも言われています。

女性もやはり、30代の半ばから10代の二分の一ほどに減ってしまいます。代謝を上げるためには、この褐色脂肪細胞を増やす事は出来ないのでしょうか?

 

褐色脂肪細胞は増やす事ができる?


褐色脂肪細胞は体の肩甲骨付近に多く、肩甲骨ダイエットという考え方が世の中に蔓延しています。これは実は間違いなのです。運動によって褐色脂肪細胞が活性化した事を実験したものなどないそうです。

医学的な証明はされていないのです。脂肪細胞の割合が大人の場合はすくないので、その細胞を使うよりも筋肉を使ったほうが、脂肪燃焼には効果があります。

 

肩甲骨ダイエットの本当の話を知ろう


褐色脂肪細胞があると言われている肩甲骨を動かす運動は大きな意味があります。大きな筋肉を動かす事は体を温める一番良い方法です。肩こりの解消や、リンパの流れをよくする事につながり、体のラインを整えます。

デスクワークの人は特に、この部分が動いていないので、血流が悪くなっています。猫背のような背中がまるまった姿勢が楽だと感じるようになってしまったら、改善しなければいけない状態まできています。

 

肩甲骨をほぐす事で体が変わる訳を知ろう


褐色脂肪細胞が多いと言われている肩甲骨はストレッチによりほぐれます。猫背により外側に入ってしまっている肩甲骨を背骨を中心に寄せるだけです。この事を少し意識的に行ってください。腕を回したり、肩甲骨を動かす事を意識すると方が楽になっていく事を感じられます。

 

褐色脂肪細胞よりも姿勢に気を付けよう


スマホやパソコン作業により、現代人はとても姿勢が悪い状態で肩こりやひどい場合はヘルニアの症状に悩まされています。褐色脂肪細胞を活性化させるよりも、正しい姿勢がとてもダイエットに効果的なのです。

頭はとても重く、首が前に出がちです。この状態では背骨はまがり、内臓は圧迫され、体には負担がかかり疲れやすくなっています。モデルのように姿勢をまっすぐ保つ事はダイエットや健康につながるのです。

 

褐色脂肪細胞が元気になるヒートショックプロテインの効果を知ろう


熱いシャワーと水を交互に浴びる事で褐色脂肪細胞が元気になると言われています。この水のシャワーの健康効果は冷え症の改善や自然治癒力が高まると言われています。

水のシャワーで血管が収縮し、熱いシャワーで血管が開くので体に蓄積された疲労物質が流れ出やすくなるという事です。しかし、心臓に負担がかかるので、心臓に病気がある人は辞めて下さい。

 

褐色脂肪細胞より体を温める食事を取ろう


痩せにく体質の人は、冷え症の人が多いのが特徴です。女性は特に、脂肪が付きやすく、筋肉量も少ないので冷え症になりやすい傾向にあります。褐色脂肪細胞を意識するよりも、むくみを引き起こす余分な水分を外に出すカリウムを含む夏野菜がオススメです。痩せたいと思うのならば、まず食事に気を使う事が大切です。

 

血液の流れを良くするポリフェノールを取ろう


アンチェイジングに効果的なポリフェノールは血液の流れをよくします。体のなかにたまった老廃物を排出しやすくする事がダイエットや美肌に効果的です。褐色脂肪細胞を意識するよりまずは、食べ物に意識を向けましょう。

有名な赤ワイン、野菜では春菊やブロッコリー、果物ではバナナやマンゴー、ブドウにも含まれます。コーヒーやココアなど身近な飲み物でも摂取できます。

 

いかがでしたか?

ダイエットブームは様々な形で起こります。それだけダイエットについて多くの人が注目している事がわかります。褐色脂肪細胞は存在しますが、ダイエットの効果はまだ実証されていません。

多々しい知識は身を守ると言われます。脂肪燃焼に必要な物は運動であり、生活習慣の改善という事です。しかし、肩甲骨を動かす運動は体のバランスを正す為には有効です。

 

まとめ

褐色脂肪細胞を増やせば痩せる?脂肪燃焼に必要な9つの条件

・ 白い脂肪と茶色い脂肪の関係を知ろう
・ 男性は褐色細胞の量が激減する?
・ 褐色脂肪細胞は増やす事ができる?
・ 肩甲骨ダイエットの本当の話を知ろう
・ 肩甲骨をほぐす事で体が変わる訳を知ろう
・ 褐色脂肪細胞よりも姿勢に気を付けよう
・ 褐色脂肪細胞が元気になるヒートショックプロテインの効果を知ろう
・ 褐色脂肪細胞より体を温める食事を取ろう
・ 血液の流れを良くするポリフェノールを取ろう