黄ニキビが出来る理由と5つの正しい治し方

黄ニキビが出来る理由と5つの正しい治し方
肌の色とはあきらかに違う白いようなうす黄色いような粒になってしまった黄ニキビが出来てしまうと潰して膿を出してしまいたくなりますよね。ニキビは症状ごとに色が変わっていくことをご存知でしたか。その中でも黄ニキビはかなり症状が悪化したニキビなんです。

黄ニキビは安易に潰してしまうと茶色い色素が沈着してしまったり、クレーターのように陥没したニキビ跡が残ってしまいます。黄ニキビになる前に治してしまうのが一番なのですが、不幸にも黄ニキビまで進行してしまっても正しい治し方をすれば、あまり跡を残さずに治すことができますよ。

正しい治し方を理解するには黄ニキビが出来てしまう理由を知ることが大切です。そこで今回は黄ニキビが出来る理由と正しい治し方についてお伝えします。



 

黄ニキビが出来る理由と

5つの正しい治し方

 

黄ニキビが出来る理由


ニキビは特別な病気が原因の場合を除いて、毛穴が古い皮膚と皮脂が混ざってできた角栓で詰まってしまうことで出来てしまいます。できたての初期のニキビは肌の色と同じ色でプツっと膨らんだだけの状態の白ニキビです。

毛穴の入口付近には皮脂腺という皮脂を分泌する腺があるのですが、毛穴が詰まってしまうと分泌された皮脂は表皮に出ることができずに毛穴の中に溜まってしまい、表皮を隆起させてニキビの状態になります。

次の段階は毛穴に溜まった皮脂が酸化を始めて、少しだけ開いた毛穴から酸化した皮脂が顔を出した状態。酸化して黒く変色した皮脂がニキビの頂上に小さな黒い点が現れた黒ニキビです。黒ニキビの状態までは毛穴の中で炎症が起きておらず、比較的簡単に治すことができる軽度のニキビと言えます。

毛穴の中で酸化した皮脂にアクネ菌が感染してしまい、炎症が起きてニキビと周囲の皮膚が赤い炎症色になってしまったニキビが赤ニキビです。赤ニキビ以降は重度のニキビで、がひどくなってくると痛みを伴ってくることもあります。

赤ニキビの症状がさらに進行してしまった状態が黄ニキビで、炎症が真皮まで達してしまい、アクネ菌だけでなく黄色ブドウ球菌にも感染して膿を持った状態です。膿を伴った毛穴の中の内容物が毛穴に収まりきらずに表皮に顔を出して、ニキビが白い粒のような状態になります。

この後は真皮にまで色素が沈着した茶ニキビ、真皮の下の毛細血管まで侵食して内容物に血が混ざった紫ニキビへと症状が進んでしまうのです。黄ニキビは跡が残るか残らないかの最後の段階なので、正しい治し方でニキビの進行は黄ニキビまでで食い止めましょう。

 

まず炎症を止めよう


黄ニキビができた毛穴は膿がいっぱい溜まっているので早く膿を出したくなりますが、膿を出す前にやらなければならないことがあります。毛穴の中はひどい炎症状態になっているため、膿を出してもアクネ菌や黄色ブドウ球菌以外の雑菌にも感染してしまい、さらに症状がひどくなってしまう危険性があるからです。

まず最初にやることは感染した細菌の殺菌と炎症の治療。これは洗顔とかそういうことではできません。殺菌効果や炎症を抑える効果のある軟膏などを使って殺菌と炎症止めを行いますが、市販薬で黄ニキビに効くものは数少ないようです。

ステロイド系の軟膏は殺菌効果と炎症を止める効果が強いのですが、アクネ菌と黄色ブドウ球菌以外の肌の保護に必要な常在菌も殺菌してしまうため、使用には注意が必要です。市販薬が不安な人は皮膚科で薬を処方してもらった方が良いかもしれません。

 

ニキビを潰さない


ニキビは潰すと跡が残ると言われています。でも黄ニキビになってしまった状態で膿が残った状態は放置できません。軽度の黄ニキビの場合には潰しても跡が残らない場合があるという人もいますが成功率はかなり低いでしょう。

黄ニキビの中に溜まっている膿はアクネ菌や黄色ブドウ球菌と戦い死んでしまった白血球たちです。膿の除去は体の新陳代謝に任せるべきです。肌は28日周期のターンオーバーで古い皮膚を落とし、新しい皮膚に入れ替わります。この機能が正常に働けば、黄ニキビを潰さなくても自然に毛穴が開き、膿は体外に出ていきます。

でもニキビができてしまうのは肌のターンオーバーが正常に働いていないことが原因となることが多いため、肌のターンオーバーが正常にできるためにセルフケアをやることをお勧めします。

以下のポイントは肌のターンオーバーのサイクルを乱す原因です。これらに気をつけることで正常な肌のターンオーバーを取り戻してください。

・ニキビを手で触ったり髪の毛がかかっているなどの余計な刺激
・睡眠不足
・偏った食生活による栄養不足
・胃腸の機能低下
・ストレスなどによるホルモンバランスの乱れ

 

皮膚科での治療


黄ニキビがひとつだけできているのであれば、市販薬やセルフケアで治ることもありますが、黄ニキビを含めたニキビが広範囲にたくさんできてしまっているのであれば、皮膚科で治療してもらいましょう。

皮膚科での治療には抗生物質やステロイド剤による治療以外にも肌の状態とニキビの進行具合によって様々な治療方法があります。たくさんのニキビができてしまう場合、ニキビの発生原因が単純なものではないことも多いため、専門医の治療を受ける方が確実に黄ニキビを治せるはずです。

 

ニキビにならないための洗顔


ニキビは古い皮膚と皮脂が混ざってできた角栓が毛穴を詰まらせることから始まります。ニキビを治す根本的な方法はニキビにならないこと。またできてしまったニキビを黄ニキビにしてしまうアクネ菌や黄色ブドウ球菌を毛穴に入り込ませないためにも正しい洗顔方法を身につけましょう。

正しい洗顔のポイントは低刺激と保湿です。以下の7点に気をつけて毎日の洗顔を行ってください。

・洗顔前に手もよく洗い、髪の毛を上げて顔に雑菌が付かないように注意する
・洗顔は洗髪の後にして、肌に残ったシャンプーも洗い流す
・ぬるま湯を使った素洗いで毛穴を十分に開く
・低刺激の洗顔フォームで泡洗い(ゴシゴシ洗いは禁物)
・すすぎもぬるま湯で十分に
・こめかみ、顔のUゾーンも忘れず洗顔する
・洗顔後の保湿ケアは肌にあった低刺激のものを使う

 

生活習慣の見直しも重要


肌のターンオーバーのサイクルが乱れればニキビができ、正しいサイクルであればニキビを治してくれます。肌のターンオーバーは日常生活の乱れでもサイクルが乱れてしまうため、生活習慣の見直しが重要です。

食生活や運動などの習慣も大切ですが、肌のターンオーバーと睡眠は密接に関係しています。肌のターンオーバーは女性ホルモンによって行われているのですが、女性ホルモンは睡眠中にその大部分が分泌され、起きている間はほとんど分泌されないのです。

また女性ホルモンの分泌は時間帯にも大きく左右されています。分泌は午後10時から午前2時に最大化し、この時間帯以外の分泌はほとんどありません。午後10時から午前2時の時間帯に夜更かしして、眠っていないと肌のターンオーバーのスイッチはオフになったままなのです。

この時間帯には女性ホルモン以外の各種ホルモンの分泌がとても盛んで、骨や筋肉の増強や胃腸などの内臓の機能修復なども睡眠中に行われるため、ニキビ予防だけでなく健康維持や肥満防止のためにも夜更かしせずに早寝早起きの習慣をつけることをお勧めします。

 

いかがでしたか。黄ニキビはニキビが取り返しのつかない状態になるかならないかの分岐点のニキビです。黄ニキビはアクネ菌と黄色ブドウ球菌に感染して炎症を起こした毛穴に膿が溢れるほど詰まってしまった状態で、放置すれば茶色ニキビや紫ニキビといったニキビの終末状態になってしまいます。

黄ニキビになる前に治してしまうことが最善ですが、不幸にも黄ニキビまで進行してしまったら、殺菌と炎症止めをして、洗顔で肌を清潔な状態にしておきましょう。黄ニキビで溜まってしまった膿を自分で潰して出してしまうことは絶対にやめてください。さらに雑菌に感染してニキビの症状はひどくなってしまってニキビ跡が残ってしまうからです。

黄ニキビが単独でできていて周囲に他のニキビが無い場合はセルフケアでも治る可能性はありますが、まわりにも他のニキビが出来てしまっているようなら、皮膚科での治療をお勧めします。ニキビができてしまう原因が単純なものではない場合もあるためです。

毎日の正しい洗顔と生活習慣の見直しによる肌のターンオーバーの正常化は黄ニキビを治し、予防してくれるますので心がけて損はありません。

 

まとめ

黃ニキビを治すためには

・アクネ菌と黄色ブドウ球菌を殺菌して炎症を止めよう
・ニキビを潰さないで肌のターンオーバーに任せよう
・皮膚科で治療してもらおう
・正しい洗顔でニキビの進行を防ごう
・生活習慣を見直して肌のターンオーバーサイクルを正常化しよう